大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神タイガース開幕スタメン発表-2021年プロ野球

投稿日:2021年3月24日 更新日:


3月26日(金)、いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。

昨年の開幕日は大きく後にずれこんでのものだったので、今年の球春は大いに盛

り上がりを見せている。

 

さて、今季の阪神タイガースはどのような戦いぶりをみせてくれることだろう

か。

開幕日のスターティングメンバーを見てみることにしよう。

 

1番 センター 近本 光司

2番 セカンド 糸原 健斗

3番 ファースト ジェフリー・マルテ

4番 サード 大山 悠輔

5番 レフト ジェリー・サンズ

6番 ライト 佐藤 輝明

7番 ショート 木浪 聖也

8番 キャッチャー 梅野 隆太郎

9番 ピッチャー 藤浪 晋太郎


打順のバランスがどうか

オープン戦とあまり変わりのないものとなっている。

今年はオープン戦ではかなり調子が良かったので、大幅に変更する必要もないと

の判断となった。

 

また、言い換えれば昨季ともあまり変更のないものとなっている。

強いて言えば、ボーアが佐藤に代わった(打者としての)ぐらいのものだ。

 

ただ、打順のバランスとしてはいかがなものか。

右打者、左打者が続きすぎるように感じる。

言うまでもなく、理想的なオーダーとしては右、左、また右と続いていくジグ

ザク打線である。

 

その点で言えば、まずクリーンナップがすべて右。

ここで、クリーンナップから1人はずして新人の佐藤に5番を任せるといった手

も考えられる。

実際のところ、佐藤に関しては新人選手での開幕スタメンクリーンナップの実現

か?、と騒がれた時期もある。

しかし、そうなるとサンズを6番と言うことになる。

どうみてもサンズの6番はもったいない。

マルテも同様だ。

大山に至っては言語道断。

昨季の実績からしてももちろんである上に、阪神タイガースの主砲として育てて

いくといった首脳陣の考えもある(もう育てていくといった段階はとっくに過ぎ

てはいるが)。

 

ここは悩ましいところではあるが、今のところこのクリーンナップでいくしかな

いのが実情だ。

1番、2番はどうか

さらに、1、2番をみてもやはり同じ左打者が続く。

 

ここは2番の糸原と7番の木浪を入れ替えて、いわゆる「キナ・チカコンビ」と

してもいいところではあるがやっぱり左。

 

では7番の梅野ではどうか。

確かに昨季の実績はあるとはいえ、少し奇策に過ぎるきらいがあると言えよう。

シーズン途中ならまだしも、わざわざこの開幕スタートの時期に矢野監督がこの

ような奇策に打って出てくるとは思いづらい。

ハマれば大喝采を浴び、外れればボロかすに叩かれるのが阪神タイガースの監督

の性。

いや、この件に関して言えばハマってもあまりに奇策過ぎてやっぱりボロかすに

叩かれるのかもしれない。

ここもやっぱりこの並びでいくしかあるまい。

 

ただ、7番の木浪と8番の梅野を入れ替えるのはアリだ。

その可能性は否定できない。

藤浪とヤクルトスワローズ

3月26日、阪神タイガースの開幕日の相手となるのはヤクルトスワローズ。

 

もしも、昨季の最下位チームであるから阪神としては開幕から楽な日程を組んで

もらった、と考えているとしたらそれは大変甘い。

 

確かにこれが甲子園であったらもしかするとそう言えたのかもしれないが、今回

は神宮での開幕だ。 

ホームゲームの利を甘く見てはいけない。

 

さらに言えば、今季の開幕投手が藤浪投手であることだ。 

確かに、矢野監督が「これで良し」と送り込んだ開幕投手ではあるのだが、いか

んせん藤浪にはコントロールの難がつきまとう。

 

例えば、開幕戦の相手ヤクルトスワローズの青木宣親選手。

青木選手と言えば、バッターボックスでの立ち位置がどうしてもホームベース寄

りでベースにかぶりがちの構えとなる。

実際、青木選手がよく相手投手からデッドボールをくらうシーンを見た人も多い

だろう。

そこへ藤浪投手である。

もしこの大ベテランにぶつけるようなことになってしまったら?

あまり想像したくないシーンである。

青木選手も心配であるが、その後の藤浪投手のピッチングも心配だ。

今はただただ、藤浪の見事なピッチングを祈るばかりだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平記録的四球攻め申告敬遠含む3戦11四球、大リーグ記録は?

24日(日本時間25日)、アナハイムで行われたエンゼルス対マリナーズの一 戦はマリナーズが6対5で勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷翔平投手が 「2番・DH」で先発出場し、2度の申告敬遠を含む4打 …

DeNAが巨人に10戦勝ちなし7連敗32年ぶりの屈辱に三浦監督は

23日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた巨人対DeNAの一戦は4 対2で巨人が逆転勝利した。これでDeNAは開幕から巨人に10戦勝ちなし、 3引き分けを挟み7連敗となった。開幕から巨人に10戦 …

巨人戸郷翔征両リーグ単独トップ8勝目巨人6連勝で阪神に3.5差

26日、神宮球場で行われたヤクルト対巨人の一戦は10対3で巨人が勝利し た。巨人は今季2度目の6連勝で貯金を今季最多の11に伸ばし、首位・阪神に 3・5ゲーム差まで迫った。この試合で巨人の先発・戸郷翔 …

阪神タイガースデーゲーム14連勝糸井決勝2ラン馬場今季初勝利

9日、横浜スタジアムにて行われたDeNA対阪神の一戦は、デーゲームで無類 の強さを誇る阪神が3対2で勝利し、これでデーゲームは1分けをはさんで14 連勝となり、3カード連続の勝ち越しを決めた。   こ …

大谷翔平3戦連続安打も本塁打ならず、ゲレロ&ペレスはどうだった?

11日(日本時間12日)、ミニッツメイド・パークにて行われたアストロズ対 エンゼルスの一戦はエンゼルスが4対2で勝利した。エンゼルスは連敗を2でス トップさせた。この試合、エンゼルスの大谷翔平投手が「 …