大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

ニュース

70歳就業法と中小企業同一賃金成立内容と課題は年金はいつから

投稿日:2021年3月27日 更新日:


労働者の企業での働き方に関して、大きな転換点になるであろうと考えられる雇

用関連に関する制度が今年の4月1日から施行されることとなっている。


改正高齢者雇用安定法

まず、「改正高齢者雇用安定法」、いわゆる「70歳就業法」と呼ばれるもの。

これは、企業に雇用される労働者に様々な働き方を認めることによって、その働

き方を自由に選択できる環境を整えることを目的としているものだ。

現在の制度では、企業は従業員が希望すればそのすべてを65歳まで雇用する制

度を整備することが求められている。

さらに、この制度に加えてこの4月以降はさらに70歳まで就業させる制度の導

入に努めることが義務化されることとなる。

これには、定年の年齢引き上げ、定年制そのものの廃止、また継続雇用制度の導

入などの選択肢がある。

現状では、厚生労働省の調査によれば66歳以上でも継続して働くことのできる

企業は昨年6月1日の時点では3社に1社にとどまっている。

60代後半の就労の希望がすべて実現すれば、就業者数を押し上げる効果がある

ことへの期待があっての制度である。

ただし、準備が進まない企業が多いのが実情だ。

各企業への調査によれば、「考えていない」、または「今の時点ではわからな

い」だけでも半数に達するものとなっている。

 

また、前述の「就業者数を押し上げる効果があることへの期待」もその謳い文句

のとおりに運ぶとも考えられない。

企業としては、やはり若い労働者、賃金を抑えることができる上にその労働力に

期待ができるいわゆるコストパフォーマンスのいい人たちを雇用したいはずだ。

60歳を越えてくるようになれば、その労働に対する能力が確実に低下している

年齢層になっており、働かないのではなくて働きたくても頭と体がついていけな

くて働くことができない。

このような雇用者層にコストがかかり過ぎ続ければ、先ほどの若年層の雇用拡大

に歯止めがかかることも予想され、いくら大企業と言えどもその企業体質が弱く

なっていくことが考えられ、ひいてはこの国の景気浮揚の足かせともなりかねな

い。

雇用者側にとっても、もらえる年金がさらに遠のくといったことも考慮に入れる

こととなってくる。

4月以降の雇用情勢がどのように動いていくのか注視していく必要がある。

同一労働同一賃金

上記の「70歳就業法」とは別に、中小企業においては「同一労働同一賃金」が4

月から適用される。

同一企業内の正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間で、合理的ではない賃金な

どの待遇の格差を禁止するものである。

すでに昨年4月には大企業では導入されており、パート雇用者の賞与が急増する

などの効果があらわれている。

しかし、大企業と違って企業体質の脆弱な中小企業においては新型コロナウイル

ス感染拡大の影響による景気後退に直撃されている企業も多く、「70歳就業法」

同様対応できているのは中小企業の半数程度にとどまるとみられている。

 

  

大阪は全国でも有数の中小企業の集積地として知られているが、これらのような

雇用に関する制度改革などについては各企業とも非常に敏感だ。

ではあるのに、すでに対応ができている、対応には問題がない、また、今後の対

応に前向きであるといった声は周囲からはほとんど聞こえてこないのが現実だ。

ほとんどの企業においては、その制度改革に頭を悩ませているものと考えられる

のだ。

 

行政によるさらなるバックアップが引き続き肝要である。 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ニュース

執筆者:

関連記事

大谷翔平がエンゼルスと年俸契約合意、複数年か?その金額とは

    ロサンゼルス・エンゼルスは8日(日本時間9日)、大谷翔平選手と 2年総額850万ドル(約8億9300万円)で複数年での契約に合意したと 発表した。   実は大谷選手は年俸330万ドル(約3億4 …

選抜高校野球大会の組み合わせ抽選、オンライン形式での結果は?

      第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンライン形式で行われ た。   従来は大阪市内に各学校の主将が集まって実施していたものであるが、新型コロ ナウイルスの感染拡大の影響を …

プロ野球ワクチン接種者優先観戦、ただそれだけでは終わらない理由

日本のプロ野球、およびサッカーのJリーグによる新型コロナウイルス感染対策 連絡会議がオンラインにて行われ、ワクチンの接種を2回受けた人や検査で陰性 が証明された人の観戦を優先的に認める制度の導入を目指 …

日本維新の会馬場伸幸幹事長立憲民主党不要論に蓮舫氏の反応は?

6日、日本維新の会の馬場伸幸幹事長は記者会見で、立憲民主党について発言し 「日本には必要ない政党だ」と批判した。   これは、6日の衆院憲法審査会で立憲民主党が国民投票法改正案に賛成したこと に関連し …

菅首相、日米首脳会談の真の問題は中国・北朝鮮問題ではなくコレだ!

菅義偉首相は16日午後(日本時間17日午前)、バイデン大統領とワシントン のホワイトハウスで会談した。 菅首相は会談後、バイデン大統領とともに共同記者会見に臨み、「台湾海峡の平 和と安定の重要性につい …