大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

エンゼルスGM来シーズンのローテ再編明言、FAで狙う大物投手とは誰?

投稿日:


4日(日本時間5日)、エンゼルスのペリー・ミナシアンGMは今シーズンの総

括について会見を行い、今オフの補強について「常に投手優先であることに変わ

りはない。質だけでなく層の厚さも必要だ。」と、ピッチングスタッフを再編す

る考えであると明かした。今シーズンのエンゼルスは先発、リリーフとも故障者

が続出したこともあり、いわば崩壊状態も同然だった。チーム防御率4.69は

リーグワースト4位と低迷し、先発陣で勝ち星が計算できるのはチームトップの

9勝(2敗)を挙げた大谷翔平だけだった。来シーズン、8年ぶりのポストシー

ズン進出を目指すには投手力の整備が急務で、レギュラーシーズン終盤にはマド

ン監督が「先発は最低でも(大谷以外に)2人は欲しい」とフロントに要望した

ぐらいの状態だ。大谷は4日のマリナーズとの今季最終戦後にオフの補強につい

て問われると、「来年一年、どういう選手と(一緒にプレー)できるのかな、と

いうのも楽しみにしています」と期待を口にした。前述のミナシアンGMの言葉

からは、エンゼルスに大物投手が加わる可能性もあり来シーズンも投打の二刀流

を継続する大谷がメジャーを代表する投手とローテーションを形成することにな

るかもしれないのだ。


今オフの投手のFA市場は?

実は、今オフのFA市場は先発投手が豊富となっている。ドジャースからは、左腕

カーショー(33歳、通算185勝84敗、防御率2.49)、右腕シャーザー

(37歳、通算190勝97敗、防御率3.16)、アストロズからは右腕グリ

ンキー(37歳、通算219勝132敗、防御率3.41)ら、サイ・ヤング賞

の受賞経験のある投手が名を連ねている。ただし、実績は十分でも年齢がネック

になりそうだが、エンゼルスにとっては高齢の投手の方がかえって好都合だとい

う声もある。これは、エンゼルスが大谷中心のローテーションを組んでくる可能

性が高いからだ。どういうことかというと、二刀流の大谷はフィジカル面の負担

を考慮して最低でも中5日以上の登板間隔が必要となり、そうなると6人の先発

を用意しなければならなくなる。ここで、若手や中堅クラスの先発投手は中4日

のローテーションに慣れており、逆に必要以上に登板間隔があけばリズムが狂う

ため先発6人制を敬遠することが多いのであるが、肩や肘の回復が遅くなるベテ

ランにはむしろこちらの方が好都合だと言えるのだ。故障さえなければ勝ち星が

計算できるカーショー、グリンキーらにとっても今のエンゼルスは最適とも言え

る環境にあると言える。サイ・ヤング賞投手の加入は、もちろんチームにとって

は最高のメリットをもたらすものだが、大谷にも少なからずメリットを与えるこ

とになりそうだ。

エンゼルス投手陣のほんとうの問題点

ただし、今シーズンのエンゼルスは先発投手陣の不調でゲームを落としたと言う

よりも、中継ぎや抑えで逃げ切ることができなかったことの方がはるかに多い。

大物投手(先発投手)も大切だが、その後をまかせる投手をどうするか。今のと

ころではそのあたりがもう一つ不透明な状況であるのがやや気がかりではある。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

選抜高校野球大会の組み合わせ抽選、オンライン形式での結果は?

      第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンライン形式で行われ た。   従来は大阪市内に各学校の主将が集まって実施していたものであるが、新型コロ ナウイルスの感染拡大の影響を …

阪神対巨人戦コールドゲームに苦言と困惑、プロ野球2021年

4月6日、甲子園球場で行われた阪神対巨人戦は6対2の結果に終わった。 試合は序盤から雨中での戦いとなり、幾度かのグランド整備を挟みながらとな り、最終的には7回裏の阪神の攻撃が終了した時点でコールドゲ …

阪神矢野監督ルール違反承知リクエスト判定後猛抗議その内容とは

29日、メットライフで行われたプロ野球セ・パ交流戦、西武対阪神の一戦は1 -0で西武が勝利してこれで3連戦の通算成績を1勝1敗のタイとした。   阪神矢野燿大監督は、ルール違反となるのは承知の上で、そ …

阪神矢野監督12球団ワースト49失策に苦言アウトにしないとダメ 

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。   甲子園球場はいきなり飛び出したミスで、ため息に包まれた。一回表DeNA先 頭の桑原の打球を二塁手の糸原が後逸した …

巨人・原辰徳監督続投へ正式要請なら受諾か、ポスト原政権はどうなる

9日、巨人の原辰徳監督が来シーズンも続投する方向で調整していることが分か った。原監督は今シーズンが3年契約の3年目だった。昨年までセ・リーグ2連 覇を達成中で、今シーズンは残り10試合となった現在優 …