大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平、ヤンキース戦登板回避&本塁打王へ向けて懸念事項発生

投稿日:


8月31日(日本時間9月1日)、エンゼルスの大谷翔平投手が本拠地アナハイ

ムで次回登板を予定していた対ヤンキース戦を回避することが決まった。エンゼ

ルス・マドン監督が30日(日本時間31日)のヤンキース戦の前に取材に応じ

た際、大谷の登板について問われると「彼は問題ない。ただ痛みがあるだけだ。

再び登板できる準備が整うまでは打者としてプレーしてもらう。彼は登板はしな

い。」と語った。大谷は28日(日本時間29日)の本拠地でのパドレス戦で、

初回の第1打席で相手投手の150キロの直球が右手首付近に直撃した。その後

のレントゲン検査で異常はなかったものの、この試合後のマドン監督は、「私の

知る限りでは彼は大丈夫だ。登板できると予想しているが、まだ答えは分からな

い。」と話していた。しかし、大谷の患部の痛みは引くことがなかった模様。こ

れにより、8月31日(日本時間9月1日)はハイメ・バリアが先発、9月1日

(日本時間2日)はパッキー・ノートンがメジャー初先発することとなった。な

お、打者としては30日(日本時間31日)の本拠地でのヤンキース戦では「2

番・指名打者」で先発出場することになっている。この試合では、2度のサイ・

ヤング賞を受賞しているヤンキースのコーリー・クルーバー投手との対戦とな

る。また、次回の大谷の登板については、現時点ではマドン監督からは何も語ら

れてはいない。


本塁打王へ向けての懸念事項が発生

投手としては2桁勝利に向けてちょっとしたトラブルに見舞われた大谷であった

が、打者としても現在トップを快走中の本塁打王へ向けて気になるニュースが入

ってきた。右ふくらはぎの負傷で戦列を離れているエンゼルスのマイク・トラウ

ト外野手の今季中の復帰が厳しくなった模様だ。30日(日本時間31日)、マ

ドン監督が取材に応じ「(今季残り試合を欠場する)可能性はある。おそらく、

その判断をせざるを得ない時が、さらに近づいている。」と明らかにした。 ト

ラウトは5月18日(日本時間19日)に右ふくらはぎを痛めて負傷者リスト入

りとなった。当初はオールスター戦前後の復帰が予定されていたものの、大幅に

ずれ込んでいたもの。マドン監督は「まだ痛みがある。先日良い調整をしていた

ので、我々は非常に安心していたが、痛みが出た。」と明らかにした。これまで

3度のMVPを受賞しているトラウトは、今シーズンは36試合に出場して打

率.333、8本塁打、18打点、2盗塁という数字を残している。「彼はま

だ、引き続き(今季中に復帰できるように)頑張りたいと思っている」とマドン

監督は明かしたが、このまま出場がなければメジャーデビューした2011年以

降でキャリア最少の出場試合数となる。両リーグ最多の41本塁打を放っている

大谷はトラウト離脱後から四球で勝負を避けられるケースが増えていた。本塁打

王争いを繰り広げている大谷への影響が懸念される事態となっている。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

プロ野球2021年延長なし9回打ち切り開始時間前倒し、日程は

2021年度のプロ野球の実施概要が徐々に見えてきている。   日本野球機構(NPB)は、昨季に引き続き新型コロナウイルス感染拡大を受けた 営業時間短縮要請に対応したうえで、今季のプロ野球をどのようにお …

筒香嘉智逆転サヨナラ3ラン、ツ・ツ・ツギョー!打球はどこへ消えた 

29日(日本時間30日)、ピッツバーグで行われたパイレーツ対カージナルス  の一戦は、パイレーツが4対3でサヨナラ勝ちをおさめた。この試合で、パイレ ーツの筒香嘉智が「6番・右翼」でスタメン出場し、9 …

田中将大投手が楽天捕手へ要望のフレーミングの意味とは?効果は?

    田中将大投手の一挙手一投足が連日報道されている。   12球団のキャンプ地の中で、東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプが今一 番注目を集めていることは誰もが認めることであろう。   その田中 …

阪神13年ぶり両リーグ40勝一番乗りサンズ満塁弾西は巨人戦3戦3勝

18日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は7対1で阪神が大勝し、7連 勝で2008年以来13年ぶりの両リーグ40勝一番乗りとなった。61試合目 での到達は2リーグ分立後、3番目の速さだ。   二回 …

大谷翔平2試合連発第19号連日左投手攻略、苦手と思わない?

16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル スの一戦は、8対4でアスレチックスが勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手は 「2番・DH」で先発出場し、2回表の第2打席で今季3 …