大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平本日先発登板103年ぶり大記録に王手、打つ方の課題とは

投稿日:2021年9月4日 更新日:


3日(日本時間4日午前10時38分)、エンゼルス・大谷翔平投手が本拠地ア

ナハイムでの対レンジャース戦に今シーズンの9勝目をかけて先発登板する。当

初の予定では8月31日(日本時間9月1日)にアナハイムで行われるヤンキー

ス戦に登板する予定だったが、28日のパドレス戦で右手首付近に投球を受けた

影響で後にずれ込んでいたものだ。大谷は1日に行った投球練習は問題なくこな

しており、中8日で今シーズン20度目の登板に臨むこととなった。これまで

は、今シーズンは中6日での登板が主でありこれまで通りの間隔をあけての登板

ならば、今シーズンの残りの登板数は今日のレンジャーズ戦を含めて全部で5試

合となる。ただし、現状ではエンゼルスはプレーオフ争いからほぼ脱落している

も同然で、9月からベンチ枠が増えたこともあって大谷も含めた投手の起用法が

変わる可能性もある。エンゼルス・マドン監督は「間隔は少し空くかもしれない

が、登板数が変わることはない」としており、「(来季に向け)登板を休ませる

考えはない。今まで通り出場する。」と、今シーズン終了まで大谷に二刀流を続

けさせていく考えを改めて示している。今シーズンここまでの大谷の成績は、投

手では8勝1敗、防御率3.00、打者ではメジャー単独トップの42本塁打を

放っている。7月以降は本塁打のペースが落ちた一方で、投げる方では好調を維

持しており8月は3勝0敗、防御率2.88を記録して月間MVPの得票も得た

(惜しくも受賞は逃している)。1918年のベーブ・ルース以来、103年ぶ

りとなる「2桁勝利、2桁本塁打」達成に向けて、まずは今シーズン2勝0敗と

得意としているレンジャーズ戦に勝利してこの記録に王手をかけたいところだ。


打つ方では

打つ方はどうか。1日(日本時間2日)のアナハイムでの対ヤンキース戦では、

「直球に強い」大谷がその直球に屈した。4打数無安打3三振。ヤンキースのエ

ース右腕コールに3打席連続三振を喫した。決め球は3打席とも直球。160キ

ロ前後の速球にバットが繰り返し空を切った。最終の4打席目にはクローザー左

腕チャプマンと対戦。1ボールからこれもまた160キロ近い内角直球をスイン

グし、打ち上げて二飛で凡退した。この日は無安打に終わった大谷についてマド

ン監督は、「少し引っ張っているかもしれない。レフト、センター方向へ(意識

を)戻す必要がある。それが最大の修正点だろう。」とその打撃内容について指

摘した。今シーズン中盤までの好調だった打撃内容が崩れつつあるが、「逆方向

(中堅から左方向)へと戻れば、彼は大丈夫」と信頼を置いていることも付け加

えた。大谷は7月までは直球系のボールに対しては打率.318、変化球に対し

ては打率.247の成績となっている。8月以降は直球系が.149、変化球

は.220となり、5本塁打は全て変化球を打ってのものだった。シーズン終盤

に向けて速球への修正が求められている状態となっている。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平弾丸ライナー15号3ラン本塁打王争いトップに1本差

25日(日本時間26日)、エンゼルスの大谷翔平投手が本拠地アナハイムでの 対レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場した。そして、第3打席にリーグ トップに1本差に迫る右翼スタンドへの15号3ランを放 …

阪神サンズ13号満塁本塁打西快投阪神タイガース7連勝巨人3位転落

18日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は7対1で阪神が勝利し、これ で7連勝として両リーグ一番乗りで40勝に達した。   阪神は再開したリーグ戦で巨人を本拠地甲子園で迎撃した。阪神の6番ジェリ …

大谷翔平9勝目で2桁勝利&2桁本塁打王手、MVP当確だけではない?

3日(日本時間4日)アナハイムにて行われたエンゼルス対レンジャーズの一戦 はエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投 手」で先発出場し、投手として7回を投げ被安打7、2失点 …

DeNA今季初の4連勝雨で4度の中断も絶好調桑原が逆転タイムリー

29日、神宮球場でDeNA対中日の一戦が行われ、DeNAが3対2で中日に 勝利し今季初めての4連勝を飾った。   DeNAは先発・坂本裕哉投手が中日・ビシエド、福田永将にタイムリーを許し 初回に2点を …

大谷翔平が8号ソロホームランすくい上げた勝ち越し弾昨季との比較は

4月30日(日本時間1日)、エンゼルスの大谷翔平選手は敵地シアトルマリナ ーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回こそ無死一塁では左飛に倒れ た大谷であったが、3回に回ってきた第2打席で4試合ぶ …