大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平への報復死球で投手と監督が退場、本塁打争いの行方はどう?

投稿日:


16日(日本時間17日)、シカゴで行われたホワイトソックス対エンゼルスの

一戦は9対3でエンゼルスが勝利した。この試合で、大谷翔平投手が「3番・D

H」で先発出場した。初回と5回表に内野安打を放つなど4打数2安打2三振1

死球で打率は.256に上昇となった。しかし、これで5戦連続で本塁打無しで

44本塁打のまま、打点94も変わらなかった。本塁打王争いのライバルでは、

ロイヤルズのペレスがアスレチックス戦で3試合連続の45号を放ち、この日試

合のなかったブルージェイズのゲレロに並んだため大谷は3位へと後退した。な

お、この試合では大谷への死球を巡って退場者が出るなど、なんとも後味の悪い

試合結果となってしまった。


退場者は

9回表、エンゼルスの攻撃で大谷はホワイトソックス6番手右腕・ライトの9

0.4マイル(約145.5キロ)のフォーシームを右ふくらはぎ付近に死球を

受けた。直前の3球目も内角球で2球の危険な球が続いたこともあり、これまで

も内角への厳しい球が続いていたこともあってか、審判団が協議に入った。そし

てライトが退場、その処分に抗議したホワイトソックス・ラルーサ監督も退場処

分を受けた。この試合後、エンゼルス・マドン監督は「あれは報復だ。私たちは

知っている。」と語気を強めて語った。

マドン監督の主張

マドン監督が主張するにも理由がある。14日(日本時間15日)の対ホワイト

ソックス3連戦のカード初戦の出来事だった。この試合中、エンゼルスの4番手

投手オルテガが5回裏にホワイトソックスの若き大砲ロベルトに、続いては5番

手投手タイラーが8回裏にホワイトソックスの主砲アブレイユにぶつけていた。

16日(日本時間17日)の試合後に報道陣から「大谷への死球はわざとだと思

うか?」と問われたマドン監督は間髪入れずにこう答えた。 「間違いないね。

私たちも2人に死球を与えていた。タイラーがアブレイユに当て、オルテガのす

っぽ抜けた球が死球になった。だから、あれは報復だ。私たちは知っている。」

とした。一方、通算91度目にもなる退場処分を受けたラルーサ監督は、「(審

判団に)あれは故意じゃないと言ったんだ」と主張した。大谷は死球を受けた後

に何事もなかったかのように一塁へ歩き、いざこざの最中に一塁手シーツと塁上

で談笑する場面もあった。この日は内野安打2本で9試合ぶりのマルチ安打をマ

ークした。復調の兆しを見せただけに、大きな故障につながらなかったことは何

よりもの幸いだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

澤村拓一1イニング三者凡退に抑える好リリーフでレッドソックス快勝 

19日(日本時間20日)、カウフマン・スタジアムで行われたレッドソックス 対ロイヤルズの一戦は、7対1でレッドソックスが快勝した。レッドソックスは 1対1の同点で迎えた5回表に、J・D・マルティネスの …

阪神タイガース矢野燿大監督6連勝貯金20交流戦総括コメント内容は

13日、楽天生命パークで行われたセ・パ交流戦楽天対阪神の一戦は6対5で阪 神が勝利した。   阪神が土壇場の9回2死から梅野の二盗と敵失でチャンスを作り、近本の勝ち越 し三塁打で6連勝を飾った。この勝 …

大谷翔平37号逆転3ランは今季7度目の2戦連発2位ゲレロに5本差

28日(日本時間29日)、エンゼルスは本拠地アナハイムでロッキーズと対 戦、8対7で辛勝した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」 でスタメン出場、第3打席に2試合連続の本塁打となる37 …

レッドソックス澤村拓一日米通算50勝メディアもモンスターと驚嘆

7日(日本時間8日)、レッドソックスの澤村拓一投手が本拠地ボストンで行わ れた対マーリンズ戦で6回表からリリーフ登板。1回1/3を無安打1四球無失 点に抑えてメジャー2勝目をマークし、日米通算50勝に …

阪神対巨人戦コールドゲームに苦言と困惑、プロ野球2021年

4月6日、甲子園球場で行われた阪神対巨人戦は6対2の結果に終わった。 試合は序盤から雨中での戦いとなり、幾度かのグランド整備を挟みながらとな り、最終的には7回裏の阪神の攻撃が終了した時点でコールドゲ …