大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平2戦連続安打も6試合本塁打なし、次回登板が決定いつになる?

投稿日:


17日(日本時間18日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対アスレチック

スの一戦は5対4でアスレチックスが勝利した。 この試合でエンゼルスの大谷翔

平投手が「3番・指名打者」で先発出場した。そして、いきなり初回の第1打席

で右前打を放ったもののこの日はこの1本に終わり、4打数1安打で打率.25

6となった。これで6試合連続アーチなしとなって、両リーグ最多の46本のブ

ルージェイズ・ゲレーロJr.とは2本差となった。


大谷の打席

強烈な一打がライト方向へ炸裂した。初回1死一塁の場面、アスレチックスの先

発左腕アービンの低めスライダーに食らいつき右前へ打ち返し、一、三塁にチャ

ンスを広げた。しかし、ここでは後続が倒れ得点にはつながらなかった。そし

て、その後はそのバットから快音が響くことはなかった。続く2回裏1死一塁で

は三飛に倒れ、5回裏先頭では左飛、7回裏2死では左腕ディークマンに見逃し

三振を喫した。10日(日本時間11日)のヒューストンでの対アストロズ戦で

44号を放ってから6試合足踏み状態となっており、この日両リーグ最多の46

号を放ったゲレーロJr.との差は2本に開いた。実は予定ではこの日が先発登板の

はずだった。しかし、15日(日本時間16日)の試合前練習で行ったキャッチ

ボールで右腕に張りを感じたため、この日の先発登板を回避していた。ただ、こ

の日の試合前にブルペン入り。スライダー、スプリットを交えて計32球を投

げ、順調な回復ぶりを見せていた。  

次回登板が決定

次回登板は19日(日本時間20日)の本拠地アナハイムでの対アスレチックス

戦に決まった。今シーズンはこれまで21試合に登板し、9勝2敗で防御率は

3.36の成績となっている。勝てば両リーグでは1918年のベーブ・ルース

以来103年ぶりとなる「2桁勝利&2桁本塁打」の偉業を達成することとな

る。ファンとしてはこの日が待ち遠しい限りである。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

オリックス逆転負け1カ月ぶり連敗でオリ姫デー悲鳴ヒギンス、平野は

25日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対西武の一戦は、3対1で西武 が逆転勝ちを収めた。   この日は「オリ姫デー」と銘打たれた試合だった。しかし、この「オリ姫デー」 に集まった女性ファンの悲鳴 …

阪神矢野監督ルール違反承知リクエスト判定後猛抗議その内容とは

29日、メットライフで行われたプロ野球セ・パ交流戦、西武対阪神の一戦は1 -0で西武が勝利してこれで3連戦の通算成績を1勝1敗のタイとした。   阪神矢野燿大監督は、ルール違反となるのは承知の上で、そ …

大谷翔平2戦連続無安打9戦ノーアーチ本塁打争いのライバルは?

20日(日本時間21日)、アナハイムで行われたエンゼルス対アストロズの一 戦はアストロズが10対0で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は 「3番・指名打者」で先発出場し、4打数無安打で2試合 …

阪神矢野監督12球団ワースト49失策に苦言アウトにしないとダメ 

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。   甲子園球場はいきなり飛び出したミスで、ため息に包まれた。一回表DeNA先 頭の桑原の打球を二塁手の糸原が後逸した …

オリックス山本由伸交流戦MVP3戦3勝33奪三振防御率1.23

今年のプロ野球セ・パ交流戦の最優秀選手賞(MVP)にオリックス山本由伸投 手が選出された。山本投手には賞金200万円が日本生命保険相互会社から贈られ る。   山本は交流戦期間中の3試合に先発しそのす …