大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平に退団意志は無い、マドン監督「勝ちたい」だけを強調するな!

投稿日:


事の発端のすべてはここにあった。26日(日本時間27日)、アナハイムにて

行われたエンゼルス対マリナーズの一戦は、5対1でマリナーズが勝利した。こ

の試合後の記者会見の席上で、この日先発登板を果たしたものの打線の援護なく

10勝目を逃した大谷翔平投手は、記者から球団に残留したいかどうかその気持

ちを問われると、「もちろん、ファンの人も好きですし、球団自体の雰囲気も好

き。ただそれ以上に勝ちたいという気持ちの方が強いですし、プレーヤーとして

はそれの方が正しい。」と答えた。そして、後になってこの「勝ちたい」という

部分”だけ”が誇張されてしまった感がある。この大谷の会見の後には、「202

3年オフにFA(フリーエージェント)権を取得した際に移籍するのでは」という

憶測がひとり歩きをする事態にまで発展してしまう。これを見かねたエンゼル

ス・マドン監督は、28日(日本時間29日)の敵地での対レンジャーズ戦の試

合前に「勝ちたいと言った事実だけを強調しないでくれ」と訴えかけた。「私た

ちは皆、同じように感じていて、勝ちたいと思ってる。誰かが彼がチームを去り

たがっていると誤解したなら、それは彼が言ったこととが捻じ曲げられていると

思う。」と大谷の発言を巡る噂を否定した。「彼はエンジェルス愛についても語

っていた」と大谷の意を汲みつつ、さらにマドン監督は「私たちは皆が次のレベ

ルに行きたいと考えていて、近い将来それを実現することは可能だと思ってい

る。彼が退団を望んでいるという結論にもっていこうとするが、私にはそうい

うふうに聞こえなかった。」とこう続けた。


大谷の今後

いまやエンゼルスだけでなくメジャーリーグ、いや世界の野球界で最高の存在と

なった大谷は口をつぐんでいることに耐えられなかったのかもしれない。そう、

もう負けることに関してうんざりしている、と。また、今のエンゼルスのチーム

成績を鑑みるに当然の帰結ではあるのだが、本拠地アナハイムのスタンドはガラ

ガラの状況が続く。これは新型コロナウィルス感染の影響を差し引いても異常な

状態だ。現地の記者は、「オオタニは今のアナハイムに留まりたいと思うだろう

か?」とこのように疑問を投げかけている。そして、さらにこう続けた。「おそ

らくオオタニは今シーズンのアメリカン・リーグのMVPに輝くだろう。そしてマ

イク・トラウトは過去8年間で3度のMVPを受賞している。しかし、エンゼル

スはプレーオフで勝利することができないでいる。オオタニが投打で出場し、ホ

ーム最終戦だったこの日もエンジェル・スタジアムの半分は空席だった。この況

でモチベーションを保つのが難しいのは言うまでもない。」と。二刀流での旋風

を巻き起こし、今シーズンは並みいるメジャーリーガーのなかでも投打で異を放

っている存在であることに異論はなかろう。もちろん大谷本人が移籍の意思を示

したわけではないが、もしFAの意思を示すことになれば手を上げる球団は幾多

にも存在するはずだ。エンゼルスとの延長交渉の行方が注目される一方で、アメ

リカン・リーグのMVPが有力視される大谷の言動はレギュラーシーズンが終幕

に向かうなかでより一層注目度が増していくことは必至の状況だ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神矢野監督ルール違反承知リクエスト判定後猛抗議その内容とは

29日、メットライフで行われたプロ野球セ・パ交流戦、西武対阪神の一戦は1 -0で西武が勝利してこれで3連戦の通算成績を1勝1敗のタイとした。   阪神矢野燿大監督は、ルール違反となるのは承知の上で、そ …

巨人丸佳浩ミスター長嶋茂雄氏から熱血指導受けるその内容とは?

6日、2軍で再調整中の巨人丸佳浩外野手がジャイアンツ球場で長嶋茂雄終身名 誉監督に熱血指導を受けた。   小雨が降る中、グラウンドで西武とのイースタンリーグ試合前練習のフリー打撃 の合間、ベルト付近を …

阪神佐藤輝明プロ初の二軍降格へワースト151三振、藤浪晋太郎も?

9日、甲子園球場で行われた阪神対ヤクルトの一戦は13対3の大差でヤクルト が勝利した。この試合、阪神は目に見えるミス(エラー)に目に見えないミスを 連発、首位のチームとは思えない体たらくで序盤からヤク …

阪神13年ぶり両リーグ40勝一番乗りサンズ満塁弾西は巨人戦3戦3勝

18日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は7対1で阪神が大勝し、7連 勝で2008年以来13年ぶりの両リーグ40勝一番乗りとなった。61試合目 での到達は2リーグ分立後、3番目の速さだ。   二回 …

大谷翔平3試合ぶり両リーグトップタイの9号2ランその豪快弾とは

3日(日本時間4日)、エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場 した。そして、6回裏の第3打席で3試合ぶり、今シーズン第9号となる中越え の2ランを放った。2日(日本時間3日)の対マリナーズ …