大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

プロ野球2021年セリーグ優勝巨人の可能性は原監督の采配は

投稿日:2021年4月3日 更新日:


2021年のプロ野球が3月26日に開幕した。

昨季は6月にまで開幕がずれ込んだ上に、予定されていたスケジールをすべてこ

なすことができなかったシーズンとなってしまったが、それだけに今季はいやが

うえにもその期待が高まる一方の開幕となった。

 

さて、では優勝の栄冠を勝ち取るチームはどこになるのか。

今回はセ・リーグを見てみよう。


やっぱり巨人

やはりそうなのかと言わざるを得ない。

巨人の3連覇は濃厚だ。

 

これは昨年も、また一昨年も言われてきたことなのだが、やはり「原監督の采

配」は他の5球団の監督とくらべてみてもその力が一枚も二枚も上手なのであ

る。

もはや、セ・リーグにおいてはペナント争いの構図は巨人対他5球団ではないの

である。

そこにあるのは原監督対他5球団。

原監督対他5球団の監督、と言えないところがつらいところである。

それほどの「采配力」と言わざるを得ないのが現実だ。

 

巨人のチーム力を見てみても、攻撃力、守備力(投手力)がセ・リーグの中では

抜きんでているようには思えない。

と言うよりも、他のチームの方が上だと思える部分も多い。

攻撃力をとってみても、毎年のようにFAで選手を獲ってきている割にはその強

さを感じない。

投手力を見れば、その投手スタッフにおいては先発、中継ぎ、そして9回をまか

せられる面々は阪神タイガースの方が上ではないかとすら言えるのだ。

 

しかし、結果はどうか。

昨季など、優勝した巨人と2位の阪神のゲーム差がどれだけ開いたものであった

か。

さらに、その直接対決で阪神が巨人にどれほどの屈辱の結果を見せつけられたこ

とか。

これはもう、「原監督の采配力」としかいうことができない。

(このことに関しては矢野監督がどうこうといった意見も散見されるのではある

が、それをいいだすと3位以下のチームはどうなのか、といった議論になってく

るのでここでは控えたい。)

 

今季もまた同じような結果が待っているのかと思うと少し気が沈むような感じに

もなってきそうなのであるが、あくまでもこれは予測。とにかく今季のプロ野球

から目が離せない。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース藤浪晋太郎7四死球の大乱調で今季初黒星2軍降格か?

24日、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手の出場選手登録を抹消した。これは、 前日23日の甲子園球場での対DeNA戦での大乱調によるもの。この試合で先発 した藤浪は、4回0/3を2安打4失点(自責点3)。 …

大谷翔平2戦連続安打も6試合本塁打なし、次回登板が決定いつになる?

17日(日本時間18日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対アスレチック スの一戦は5対4でアスレチックスが勝利した。 この試合でエンゼルスの大谷翔 平投手が「3番・指名打者」で先発出場した。そして、 …

阪神タイガース矢野監督開幕投手候補に青柳・秋山・西そして意外な名

先日、テレビ出演した阪神の矢野燿大監督は今シーズンの開幕投手について問わ れると意外な投手の名前を挙げた。同じく出演した井上ヘッドコーチが候補とし て秋山拓巳1人の名前を挙げたのに対して、矢野監督は、 …

オリックス能見最年長41歳11カ月1500奪三振達成コメントは 

8日、ZOZOマリンスタジアムにて行われたロッテ対オリックス戦で、オリック スの能見投手がプロ通算1500奪三振を達成した。9回裏に登板し、無失点で 今季2セーブ目。先頭レアードをフォークで空振り三振 …

セリーグがパリーグとDH制度も含めて何が違うのかその実態とは

  先の記事で 「なぜセ・リーグはパ・リーグに勝つことができないのか」 と考えてみたのだが そもそも 「セ・リーグとパ・リーグは何が違うのか」 そう、その実態について という方向からも考えてみることに …