大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神対巨人戦コールドゲームに苦言と困惑、プロ野球2021年

投稿日:2021年4月7日 更新日:


4月6日、甲子園球場で行われた阪神対巨人戦は6対2の結果に終わった。

試合は序盤から雨中での戦いとなり、幾度かのグランド整備を挟みながらとな

り、最終的には7回裏の阪神の攻撃が終了した時点でコールドゲームが宣告さ

れ、阪神の勝利となった。

 

ただ、何の前触れもなく試合が突然打ち切られた印象だ。

7回裏、結果的には最終打者となった阪神の佐藤がライトフライに打ち取られて

スリーアウトとなった後、審判員がグランド上に集まり協議を始めた。

そして、話し合いを終えた直後に球審が突然コールドゲームを宣告となった。こ

の日は試合前から雨が降り続けており、試合の途中で雨脚が強まる場面もあっ

た。グランド状態が悪くなるたびに土が入れられたが、それでも途中で試合が中

断されることはなかった。

 

それだけに突然の試合終了宣告に巨人の原辰徳監督は3塁側ベンチから飛び出し

て両手を挙げ、「WHY(なぜ)」のポーズ。そして審判のもとへ歩み寄り説明

を求めた。

 

なお、野球規則では「球審はプレイを中断した後、少なくとも30分を経過する

までは、打ち切りを命じてはならない」と規定している。また、その一方でセ・

リーグアグリーメントでは「降雨が激しく、試合続行が不可能と思われたときに

は、30分を待つことなく、試合を中止することができると」と定められてい

る。

 

この時点では、雨脚が強くなったこともなかったがいきなり試合終了になったこ

とで困惑する関係者も多かったであろう。たいがいは中断をはさんでから、試合

続行か終了かを判断するもの。

 

つまり、審判団はグランド状態を見極めたうえでセ・リーグアグリーメントに沿

った形で30分を待つことなく試合終了の判断を下したとみられる。

ではあるものの、阪神、巨人両チーム、さらには観客への説明はすべきであった

ものと考えられるのだ。

 

この後、原監督は試合後困惑しながらも審判団の判断を受け入れる姿勢を見せた

というが、いずれにしてもなんとも後味の悪い結末となってしまった感は否めな

い。

 

しかし、今回の原監督の行動は当然といえよう。逆に阪神が負けていたら矢野監

督が同じ事をしたはずだ。

 
また、雨は降り続いていたのであるからせめて試合成立の5回で終了しておけば

周囲も納得の形になったであろうと思われる。

 

ではあるが、審判団の説明は必要だ。原監督が抗議に行かなければ、巨人ベンチ

への説明もせずに終わろうとしたのではないかと考えられる。

説明が無いままでいきなり終了させるような感じがこの後味の悪さを生んでしま

ったものとなった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

オリックス新外国人投手スパークマン獲得発表福良GM先発での考え

オリックスは新外国人投手としてメジャーリーグ、前ツインズ傘下3Aのグレ ン・スパークマン投手を獲得したと発表した。スパークマンは29歳、188セ ンチ、98キロの右腕。平均150キロを超えるストレート …

巨人7連勝で首位阪神に2.5差岡本3ラン高橋リーグタイ8勝

27日、神宮球場で行われたヤクルト対巨人の一戦は巨人が5対2でヤクルトを 下し、昨年9月以来となる今季初の7連勝、貯金を今季初の12とした。逆に3 連敗となったヤクルトは貯金を7に減らした。   この …

阪神タイガース佐藤輝明エキシビジョンマッチ4戦4発自画自賛アーチ

30日、甲子園球場にて行われたプロ野球エキシビジョンマッチ阪神対西武の一 戦は3対2で阪神が辛くも逃げ勝った。 佐藤輝明の一撃 この試合の8回裏阪神タイガースの攻撃で、目の覚めるような一撃が蒸し暑い甲 …

広島鈴木誠也にメジャーリーグ10球団以上が争奪戦、特に有力なのは

16日、広島・鈴木誠也外野手が今オフにポスティングシステムを利用してメジ ャーリーグ移籍を目指すことが正式に決定した。球団が本人の意思を確認した上 で、挑戦を容認した格好だ。来週中にもNPBに申請する …

ヤクルト奥川2勝目同期のロッテ佐々木オリックス宮城については?

27日、神宮球場で行われたプロ野球交流戦のヤクルト対日本ハム戦で、ヤクル トの奥川恭伸投手が、2勝目を挙げた。試合は5対2でヤクルトが勝利した。   奥川の初めての交流戦は自己最多の96球を投げて6回 …