大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

DeNAオースティン2安打3打点打率.332セ・リーグトップ浮上

投稿日:


25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝

利した。この試合で、DeNAのオースティンは初回先制の16号2ランを含む

2安打3打点の活躍を見せチームを勝利に導くと同時に、打率.332でセ・リ

ーグ打率トップに浮上した。

 

オースティンは初回、二死三塁の先制機で2球目に投じられた阪神先発・西勇輝のシュートを振り抜くと、打球は右翼席へ飛び込む先制の2ランとなった。貴重な先取点をチームにもたらすと、2対0のまま迎えた6回表一死一、二塁の場面では、再び西のシュートをライト前に落とし、追加点で阪神を突き放した。結局、試合はオースティンが挙げた3点をDeNAが5人の投手の継投で守り切って逃げ切りに成功した。25日に放送されたCSフジテレビONE「プロ野球ニュース」で解説を務めた笘篠賢治さんは、「昨年の来日してからの活躍も凄かったけど、今年もコロナで来日が遅れた中、ハイペースで打ちまくっている。本塁打王も今は村上選手がトップ(22本)ですが、大本命がきた。」と語り、本塁打、打率ともにさらにペースを上げるのではないかとの考えだ。また、同じく解説を務めた大久保博元さんも、「右方向に打てる人っていうのは顔がぶれない。(右打者の場合)強い打球をレフト方向に打とうとすると、ブレてボールが見えづらくなるが、そうならないでホームランをライトに打てる。やっぱ右打ちって率が残るんだなということを、より感じた試合だった。」と振り返り、この日の試合でも右方向に2安打を放つ対応力の高さを見せた規格外の助っ人を評価した。今季は新型コロナウィルスの影響で合流が遅れ、ここまで54試合の出場ながら、16本塁打、40打点、打率.332を誇る右の長距離砲はどこまで数字を伸ばすのか。打席あたりの総合的な打撃貢献度を表す指標の「OPS(出塁率+長打率)」では、村上を上回るリーグトップの「1.084」を記録するオースティンのさらなる活躍に期待がかかる。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

楽天田中将大投手NPB通算100勝国内いつ以来の勝利?何を語った?

24日、東北楽天ゴールデンイーグルス田中将大投手が本拠地楽天生命パーク宮 城での対西武戦に先発し、6回を投げて3安打1失点。チームは西武を2対1で 下して、田中投手はNPB通算100勝目をマークした。 …

選抜高校野球2021の出場選考で連合チーム他の基準の元とは何か

    いよいよ球春。 選抜高校野球が3月19日から13日間、阪神甲子園球場にて開催される。 去年は無念の中止となって球児たちは悔しい思いをし、 われわれもさびしい思いをした。 それだけに、今度こそは …

大谷翔平が勝ちたいと補強を要望、エンゼルスが狙う日本球界の大物は

今シーズン、メジャーリーグのエンゼルスは投打の二刀流をこなした大谷以外は 先発陣、リリーフ陣とも崩壊状態に陥った。故障者が続出したこともあり、規定 投球回数に達したローテーション投手は皆無で、チーム防 …

プロ野球ワクチン接種者優先観戦、ただそれだけでは終わらない理由

日本のプロ野球、およびサッカーのJリーグによる新型コロナウイルス感染対策 連絡会議がオンラインにて行われ、ワクチンの接種を2回受けた人や検査で陰性 が証明された人の観戦を優先的に認める制度の導入を目指 …

大谷翔平46号本塁打、この打点でア・リーグ史上初の記録達成!?

3日(日本時間4日)、シアトルにて行われたマリナーズ対エンゼルスの一戦は 7対3でエンゼルスが勝利した。この試合ではエンゼルスの大谷翔平投手が「1 番・DH」で先発出場、初回の第1打席でマリナーズの先 …