大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

ドジャースカーショウメジャーリーグのノーヒッター急増に憂慮の理由

投稿日:


アメリカ大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles

Dodgers)のエース、クレイトン・カーショウClayton Kershaw)投手が、今

シーズンのMLBでノーヒットノーランの達成者が激増しているのは喜べないとの

思いを語った。

 

今シーズンのMLBでは開幕からわずか49日間で合計6人のノーヒットノーラン

達成の投手が誕生している。これは、歴代1位となるシーズン最多の8人を記録

した1884年を上回るペースとなっている。また、ここ最近では最多となって

いる1990年、1991年、2012年、2015年の合計7人に並ぶまでし

でにあと1人と迫っている。カーショウ投手自身も、2014年のコロラド・ロ

ッキーズ(Colorado Rockies)戦でノーヒットノーランを達成している。

 

19日、ニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)のコーリー・クルー

バーCorey Kluber)投手が今シーズン6人目、そしてア・リーグで2日連続

となるノーヒットノーランを成し遂げた後、カーショウ投手は「これは良くない

と言えるだろう」と語った。そして、「ノーヒッターは素晴らしいことだし、そ

の快挙を達成したクルーバーたち全員をリスペクトしている」としながらも、

「だけど、毎晩それが起こっているのは、この競技にとって良くないことかもし

れない」と話した。このカーショウの見解に対しては、好投以上の要素がノーヒ

ットノーラン達成投手の量産につながっていることを認めるものとなっており、

実際に要因を突き止める動きが始まっている。


実際の要因とは

最近は投手陣のパワーピッチングが重視されていることに加えて、打撃陣は三振

を恐れず打ちに行く姿勢を見せている。今シーズンのMLBでは実際に三振率が非

常に高く、攻撃力が全体的に落ち込む中で、打者の平均打率は歴代ワーストとな

る.236となっている。また、本塁打数は過去最高となった2019年の1試

合平均1.39本から今シーズンは平均1.14本に減少している。その要因の

一部としては、MLBが今季から球の重さを約3グラム軽くして打球の飛距離が

これまでよりわずかに伸びなくなっていることにある。しかしカーショウは、球

のマイナーチェンジによるパワーの均衡は「的外れ」であると指摘している。そ

して、「本塁打数が減少しているようだし、それがリーグの目的だと推測する

が、4月の打撃は史上最低レベルの成績になっている」と語った。

 

ただ、ノーヒットノーラン達成投手は6人なのであるが、それをされたチームは

3チームしかない。マリナーズ、レンジャーズ、インディアンズが各2回となっ

ている。この3チームからすれば、ノーヒットノーラン達成投手の急増の理由に

ついて言及するよりも、当面の問題としてはチーム自身の打撃陣の低調さの方を

なんとかせねばなるまい。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平40本塁打20盗塁投手の達成は史上初、次の目標はこれだ

28日、(日本時間29日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対パドレスの 一戦は、10対2でエンゼルスが大勝した。この試合で、エンゼルスの大谷翔平 投手は「2番・指名打者」で先発出場した。「2番」に入 …

阪神タイガース矢野燿大監督6連勝貯金20交流戦総括コメント内容は

13日、楽天生命パークで行われたセ・パ交流戦楽天対阪神の一戦は6対5で阪 神が勝利した。   阪神が土壇場の9回2死から梅野の二盗と敵失でチャンスを作り、近本の勝ち越 し三塁打で6連勝を飾った。この勝 …

阪神タイガースはなぜ2005年から優勝することができないのかその理由

    なぜ我らが阪神タイガースはなかなか優勝できないのか。   これより先の記事で、 なぜ阪神タイガースは優勝できたのか。 優勝できたときはどんな感じだったのかということを まずは考えてえてみたのだ …

選抜高校野球、優勝は大阪桐蔭、智弁学園、しかし本当の候補とは?

    3月19日に選抜高校野球が開幕する。 昨年は、春の選抜大会、そして夏の地方大会、続く全国選手権大会も新型コロナ ウイルスの感染拡大によって中止が余儀なくされており、それだけに球春を待ち わびる …

ツインズ前田健太日米通算2000奪三振達成、23日ぶり登板の内容

14日(日本時間15日)、シアトルでマリナーズ対ツインズの一戦が行われ4 対3でマリナーズが勝利した。この試合でツインズの前田健太投手が23日ぶり となる復帰登板した。右内転筋の張りで5月23日に負傷 …