大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

ニュース

東日本大震災10年、震度6強の地震、被害は?余震の可能性は?

投稿日:2021年2月14日 更新日:


 

 

2021年2月13日の深夜、再び東北地方を大きな地震が襲った。

 

この地震では宮城県と福島県で震度6強を観測、14日の時点で全国で100人以上の

人がけがを負っている。

 

気象庁は会見を行い、今後1週間は震度6強程度の地震が起きる可能性があるとし

て、注意を呼び掛けている。

 

あの大地震からちょうど10年、別の地震かとも思ってしまいがちであるが、

発表では10年前の地震の余震とみられるということでまだまだ予断は許されない

状況だ。

 

「いつ余震は収まるのか?」、「もうそろそろ終わりでは?」といった声もよく

聞かれるのだが、その解答としては、「まだまだ」としか言いようがない。

 

少なくとも数年や数十年のレベルではなかろう。

 

そもそも地球の歴史が四十数億年もある中で、人間一人分の一生涯の時間などは

無いに等しいぐらいわずかなものだ。

 

それを踏まえれば、悲しいかな今この記事を読んでいるあなたが生きている間は

完全に余震が収まる時はやってこないということになってしまうのだ。

 

 

ただ、こんな深夜にマグニチュード7程度の地震に襲われても現時点で亡くなら

れた方がいないということはほんとうに不幸中の幸いであったと言える。

 

あれから10年の時を経てさまざまな苦労を経験したことがだんだんと活かされて

きており、このような大地震に対してのいろいろな対策が強化されている結果で

あり、まったく被害が無かったとは言えないまでもだんだんとその被害の規模が

縮小されてきているといえる。

 

ただし、油断は禁物である。

 

もう26年も前となる阪神淡路大震災の人的被害、そして10年前の東日本大震災の

人的被害(とりあえず津波のそれを除く)、そして今回の大地震を見てみると

確かに人的被害そのものは小さくなってきているようにも思えるが、

東日本大震災は昼間、今回は深夜とはいえまだまだ活動している人も多数いるで

あろう時間帯であったことに対して、阪神淡路大震災は明け方であり就寝してい

る人がほとんどであったであろう時間帯である。

つまり、まったくの無防備な状態であったということだ。

 

当たり前のことだが地震はいつ襲ってくるのかはわからない。

これからこのような大きな地震がわれわれの活動時間帯に襲ってくるとは限らな

いわけだ。

 

もし就寝中であったら、と考えてみれば被害は縮小傾向にあるからもう安心だ、

とは決して言えまい。

 

さらなる地震に対する備えの推進が必要であると考えられるのだ。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ニュース

執筆者:

関連記事

橋本聖子会長が定例会見で東京オリンピックの開催可否判断、内容は?

    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が5日、東京都内 で初めての定例会見を行った。   今後は週1回のペースで会見を開くということだ。   この会見の中で、日本国内において …

オリンピッグ開会式?渡辺直美ブタ演出、東京オリンピックで開催か?

    今年の夏に開催される東京オリンピックの開会式で、その開会式の責任者が開会 式の出演予定者であった渡辺直美をブタとして演じさせるといったプランを提案 して、それに関して周囲の関係者から批判を受け …

日米首脳会談での最大の焦点とは、日米双方に不満の残る結果のナゼ

  今回の日米首脳会談の最大の焦点と言えば、対中国戦略、その中でも共同声明に 台湾問題を明記するかどうかだった。そもそも日米首脳の共同文書に「台湾」の 文言が明記されりこととなれば、1969年の佐藤栄 …

選抜高校野球準優勝明豊高校で同じ大分県の津久見高校を思い出す

第93回選抜高校野球は東海大相模高校(神奈川)の優勝で幕を閉じた。 明豊高校(大分)はわずかにおよばず準優勝に終わった。   新型コロナウイルス感染拡大の影響で選抜大会史上初めての中止となった昨年の …

全豪オープンテニスの大坂なおみの結果は?初戦は勝利か敗退か

  初戦の結果はめでたく勝利で飾った。   現在、オーストラリアのメルボルンにて行われているテニスの4大大会のひとつ 全豪オープンにて女子シングルス1回戦が行われ 第3シードの大坂なおみは世界39位の …