大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人8連勝主砲岡本和真が2発6打点の大活躍広島戦通算1000勝

投稿日:


29日、東京ドームにて行われた巨人対広島の一戦は巨人が11対8で勝利し

た。

 

逆転でのリーグ3連覇を狙う巨人は広島との激しい点の取り合いを主砲・岡本の

2発6打点の活躍で制し、昨年9月の9連勝以来となる8連勝とした。これで貯

金は今季初の13となった。連勝を逃した広島は今季最多タイの借金16。な

お、巨人はこの白星で広島戦通算1000勝目となっている。

 

初回から激しい点の取り合いとなり、広島が初回に主砲・鈴木誠の10号2ラン

で先制すれば、その裏に巨人も負けじと主砲・岡本の22号2ランで同点とす

る。巨人は先発右腕・サンチェスが3回途中4失点で降板し、2対4の2点ビハ

インドで迎えた3回裏には丸、岡本和、坂本とクリーンアップの3連続適時打で

5対4と逆転に成功する。さらに2番手左腕・戸根にもプロ7年目で初安打初打

点となる中前適時打も出て6対4と2リードを奪った。だが、5回表に戸根が無

死満塁のピンチを招き、代打・長野のカウントが1ボール2ストライクとなった

ところで原監督は3番手右腕・畠にスイッチした。その畠は1球で長野を空振り

三振に仕留めたが、続く野間と代打・松山に連続適時打されて6対8と逆転を許

した。しかし、その裏代打・中島の右前適時打で1点を返し7対8と1点差に詰

め寄る。すると、8回裏には2死から松原、ウィーラーの連続四死球で一、二塁

とし、丸の中前適時打で8対8の同点に追いつく。さらに続く岡本がこの試合2

発目となる23号3ランを左中間スタンドに放り込んで勝ち切った。岡本は23

本塁打、72打点と2部門でセ・リーグトップに立っている。広島は初回に主

砲・鈴木の6年連続2桁本塁打となる左越え10号2ランで先制したが、4月9

日のマツダスタジアムでの対巨人戦以来81日ぶりの今季3勝目を目指したエー

大瀬良がその裏に岡本から同点2ランを浴びるなど3回6失点でKO。8対7

と1点リードで迎えた8回には6番手左腕・森浦が4点を失って敗れた。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

筒香嘉智ドジャースへレイズより金銭トレードで獲得のその理由は

ドジャースはレイズを戦力外になった筒香嘉智選手を獲得したことを発表した。 レイズは11日に筒香を40人枠から外してウェーバー手続きに入っているとこ ろだったが、ドジャースからの働きかけで金銭トレードが …

巨人3位転落満塁本塁打被弾阪神の返り討ちに原監督は何を語った

18日、甲子園球場での首位阪神との直接対決に巨人が1対7の大敗を喫して3 位に転落した。ゲーム差は今季最大の8に広げられた。   先発したメルセデスは2回に3点を先制され、原辰徳監督は3回に無死満塁の …

大谷翔平6回2失点好投で7勝目2か月半負けなし6連勝、打つ方は?

12日(日本時間13日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ブルージェイズ の一戦は6対3でエンゼルスが勝利した。この試合ではエンゼルスの大谷翔平投 手が「1番・投手」で先発登板し、今季7勝目を挙げた。 …

巨人・原辰徳監督続投へ正式要請なら受諾か、ポスト原政権はどうなる

9日、巨人の原辰徳監督が来シーズンも続投する方向で調整していることが分か った。原監督は今シーズンが3年契約の3年目だった。昨年までセ・リーグ2連 覇を達成中で、今シーズンは残り10試合となった現在優 …

大谷翔平17号は自己最長飛距離本拠地の後押しでメジャー記録更新へ

8日(日本時間9日)、エンゼルスの大谷翔平がロイヤルズ戦で放った当たりは 本拠地アナハイムの右中間スタンド中段に突き刺さる17号2ラン。これは打球 の軌道などを計測するMLBのスタッツキャストによれば …