大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人丸佳浩復活後の活躍で7連 復帰後の打率・打点・本塁打はどう

投稿日:


セ・リーグ2位の巨人は6月28日時点で72試合を消化したことになり、いよ

いよシーズンも折り返しに入った。今シーズン序盤は、新型コロナウィルスの感

染による大幅な選手の入れ替えがあり、5月には主将の坂本や梶谷らが相次いで

故障離脱した。苦しいチーム事情の中、何とかやりくりして戦ってきたが、 前

半戦も終盤を迎えて離脱していた主力も戻り、27日の神宮球場でのヤクルト戦

を勝利して今季初の7連勝となった。今月18日の時点で首位・阪神と8ゲーム

差あったが、2・5ゲーム差に縮めるなど波に乗ってきた。上昇カーブを描きは

じめた背景には投打がかみ合ってきたことが大きな要因ではあるが、その中でも

打撃不振から抜け出した丸佳浩外野手の活躍が大きい。丸は18日の甲子園球場

での対阪神戦から1軍に復帰となった。そしてそこから8試合に「3番・中堅」

で先発出場し、打率.392(28打数11安打)、4本塁打、10打点の好成

績を収めている。復帰後初本塁打を放った19日には、「しっかりと結果を残さ

ないといけない立場ですし、そういう場所を与えられている。今日に関しては結

果を出せましたけど、また明日、いい意味で切り替えていきたい。」と話してい

た通り、復帰してから8試合連続安打をマークし、チームの躍進を支えている。

2軍での調整中、丸の復調には手を差し伸べてくれたレジェンドの存在があっ

た。6日、ジャイアンツ球場にサプライズで訪問した長嶋茂雄終身名誉監督から

熱血指導を受けた。FA入団時に直筆の手紙を送ってくれた恩人から直接指導を

受けた丸は、「光栄というか恐縮。期待していただいているのはすごく感じまし

たし、実際にいろいろと教えていただいた。なんとかその思いを1軍の舞台で返

したいなと改めて強く思った。」と感謝を表した。そしてその期待と教えを胸に

秘めて復活の力に変え、1軍の舞台へと戻ってきた。 首位・阪神との直接対決

は球宴前ではあと1カード残っている。決戦の舞台は7月9日から11日の敵

地・甲子園での戦いとなる。前半戦での首位奪取へ、本来の姿を取り戻した丸佳

浩がバットで結果を見せてくれる。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平メジャートップ先制26号自己最速189キロ弾で勝利に貢献

28日(日本時間29日)、ヤンキー・スタジアムで行われたヤンキース対エン ゼルスの一戦は、5対3でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷 翔平選手が「2番・指名打者」でスタメン出場した。初回 …

田中将大の帰国を許してしまった低迷ヤンキースの不振の最大の原因は

今シーズンのMLBでは名門ヤンキースが苦戦を強いられている。13日(日本時 間14日)のフィリーズ戦に0対7で完敗し、今季成績は33勝32敗になっ た。14日(日本時間15日)時点でア・リーグ東地区4 …

阪神タイガース佐藤輝明3人目の新人本塁打王はあるか?過去は誰が

       悠然とダイヤモンドを一周する佐藤 28日、メットライフで行われたプロ野球交流戦西武対阪神戦は10対7で阪神 が逆転勝ちを収めた。   この試合で、阪神のドラフト1位ルーキー佐藤が衝撃的な …

大谷翔平6回1失点力投も4勝目はお預け打撃不発に悔しさあらわ 

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの 一戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・投手」で今シーズン8度目となる投打同時出場 …

ダルビッシュMLB史上最速1500奪三振ランディ・ジョンソンを抜く

21日(日本時間22日)、サンディエゴで行われたパドレス対ドジャースの一 戦は6対2でパドレスが勝利した。この試合でパドレスのダルビッシュ有投手が 先発登板して6回を投げて2安打1失点11奪三振の好投 …