大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人四番岡本和真が神宮球場で大活躍首位阪神に2.5ゲーム差大接近

投稿日:


セ・パ交流戦を負け越し、首位を行く阪神に7ゲームもの差をつけられてのレギ

ュラーシーズン再開となった。早くも球団OBのみならず巷間からも逆転優勝へ

の黄色信号が灯った、いやもう赤信号だとも言われていたのだが原辰徳監督はど

こ吹く風。シーズン再開直後のカード、敵地・甲子園での阪神との直接対決を2

勝1敗で切り抜けると、ここから連勝街道が待っていた。気が付けばあれほど遠

かった虎の尻尾が、手を伸ばせば届くところまで来ている。6月22日からの

DeNAとの北陸シリーズ2連戦を2連勝とすると、続いての2位を争うヤクルト

との神宮での3連戦を3連勝で今季初めての7連勝だ。神宮で仕事を果たしたの

が四番の岡本和真だ。25日のまず初戦は、2点リードの3回表一死一、二塁で

打席に入ると、ヤクルト先発・石川雅規の初球シンカーをセンターバックスクリ

ーンへ運ぶ3ランを放った。この日は7回表にもダメ押しの7点目となる適時打

を放ち、2安打4打点の成績だった。翌26日には1安打2四死球と勝負を避け

られたが、27日は1対1のタイスコアで迎えた6回表、それまで2打席連続三

振を喫するも、二死一、三塁の好機にヤクルト先発スアレスのこれまた初球のカ

ットボールを右翼席に叩き込む勝ち越しの21号3ランを放った。神宮での3試

合で4安打2本塁打7打点の大活躍を見せた。最近は走者を置いた場面で打席が

回ってくることが多く、得点圏打率も.293と上昇中だ。何よりこの日時点で

の打点66は、2位のヤクルト・村上宗隆の51に15打点差をつけるセ・リー

グトップの好成績だ。この主砲の働きに原監督は、「チームの中でも信頼という

ものがあるしね。みんなで託すというのかな。そういうところもすごく出てきて

いるっていうのは、やはり四番バッターの証ではないかなと思いますね。」と目

を細めた。岡本は実は自他ともに認める夏男だ。骨折離脱していた坂本勇人、不

調だった丸佳浩、左太もも裏の違和感で二軍調整だった梶谷隆幸が6月後半に相

次いで復帰となった。岡本の周りを固める選手たちが状態を上げているのも、岡

本にとってはプラスだろう。四番がより働きやすい環境が整備された。

 

6月27日がレギュラーシーズン折り返しとなる72試合目となった。投打とも

に故障者が出た中で、チームは粘り強く戦ってきた。それでも原監督は、「で

も、そんなこと(故障者が出たという言い訳)一言も言ったことなかったでしょ。 

すべて今日のベストだというつもりでいます。これは強がりではなくてね、それ

がペナントレースですから。これからも変わらないと思います。」と語った。さ

らに首位・阪神に迫るチームには追い風が吹く。「久しぶりに東京ドームに戻れ

るっていうのは良いことですね」と原監督は続けて話した。29日からの3連戦

は6月6日以来、久しぶりに東京ドームへ戻っての戦いとなる。阪神の勝敗次第

では、一気に首位交代もあり得る状況になった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

菅野智之投手が巨人からメジャーリーグへの移籍ができない3大要因

    菅野智之投手がメジャーリーグへの移籍を断念した。 まあ、ジャイアンツファンにとってはこの上ない朗報であろう。 その他のチーム(この場合特にセリーグのチームということになろうかとは思う が)のフ …

大谷翔平への報復死球で投手と監督が退場、本塁打争いの行方はどう?

16日(日本時間17日)、シカゴで行われたホワイトソックス対エンゼルスの 一戦は9対3でエンゼルスが勝利した。この試合で、大谷翔平投手が「3番・D H」で先発出場した。初回と5回表に内野安打を放つなど …

ジャイアンツのガウスマン投手大谷翔平は異次元で違う生き物と称賛 

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの 一戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・投手」で投打同時出場した。6回を投げて9奪 …

阪神の絶対守護神スアレスが自由契約へ、流出阻止へ球団の対応とは

阪神タイガースの絶対的守護神ロベルト・スアレス投手が11月30日が提出期 限となる保留者名簿から外れることが濃厚となった。名簿に記載されなかった選 手は言ってみれば市場に出てしまうことを意味する。すな …

大谷翔平神走塁!本盗重盗含む2盗塁、対するヤンキースの状態は?

8月31日(日本時間9月1日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対ヤンキ ースの一戦はエンゼルスが6対4でヤンキースを下した。この試合で、エンゼル スの大谷翔平投手が「2番・DH」でスタメン出場し、2 …