大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人原辰徳監督対ヤクルト2連戦合計25失点の投手陣に怒り心頭

投稿日:


14日、東京ドームにて行われた巨人対ヤクルトの試合はヤクルトが11対7で

勝利した。前半戦最終戦となったこの試合、前日の試合と合わせてヤクルトにい

いようにされた巨人の原辰徳監督は試合後、「今日はフォアボールもいくつ出し

た? 昨日も。そのへんは大いに、二度とあってはいけないゲームだろうね。」

とこの対ヤクルト2連戦で合計25失点となった投手陣に猛省を促した。この試

合では今季2度目、球団最多タイの1試合9投手起用となった総力戦だった。1

試合14与四死球(うち13四球1死球)は1985年7月30日の広島球場で

の対広島戦以来で、球団36年ぶりだった。先発した山口は初回から制球に苦し

みいきなり4失点を喫した。山口自身は危険球退場を除けば自己最短の1回2/

3での降板となった。前日13日に2回で4失点のサンチェスに続き、先発投手

の役割を果たせなかった。前半戦最終カードでスクランブル継投が可能な状況だ

ったとはいえ、先発投手の2試合連続の早期降板は痛い。原監督は、「かばいよ

うがないな」と突き放した。7回表には2死二塁から高梨が山田、村上に四球を

与えて満塁となり戸根に交代も、オスナと中村に連続押し出し四球を与えた。こ

こで痛恨の4者連続四球で4対11と突き放された。今季の巨人投手陣は開幕か

らアクシデントや故障者が続出した。そんな中でも原監督の柔軟な起用法で一丸

となって戦ってきた。支配下登録の投手は現状33人いるが、そのうち26人が

1軍での登板を経験したことになる。チームの支配下投手の1軍登板率79%は

セ・リーグ6球団でトップだった。それほど多くの投手を起用してきたというこ

とだ。こんな中で横川や直江、戸田ら若手が経験を積んだのは、後半戦に向けて

の好材料だと言える。結局前半戦は43勝32敗10分けの貯金「11」で2位

に終わった。最後は2連敗で終わる形となったが、首位を行く阪神とは2ゲーム

差と好位置につける。常々原監督は、「3ゲーム差以内ならゲーム差はあってな

いようなもの」と語る。東京オリンピックによる1か月の中断期間については、

「調整、矯正、休養というこの3つをうまく使い分けながらやりたいですね」と

話していた。逆転でのリーグ3連覇へ、この中断期間を有効に使って立て直しと

いきたいところだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース新守護神候補カイル・ケラー契約合意どんな投手か?

10日、阪神が新守護神候補として今シーズンパイレーツでプレーしたカイル・ ケラー投手と契約合意したことが判明した。嶌村聡球団本部長が、「スアレス選 手の代替。そういう期待感を持って獲得した。」と明かし …

ドジャース筒香が初の4番起用でタイムリー、ロバーツ監督のコメント

19日(日本時間20日)、ドジャースタジアムで行われたドジャース対ダイヤ モンドバックスの一戦は、4対2でドジャースが勝利した。   この試合で、ドジャースの筒香嘉智外野手が初となる「4番左翼」で2試 …

メッツデグロムの故障原因は二刀流?エンゼルス大谷翔平は大丈夫か

今シーズンのメジャーリーグにおいて、エンゼルスの大谷翔平の存在感は現地ア メリカでもすさまじいものだと言える。実際、投打二刀流において十分すぎるほ どの活躍を見せている。しかし、ことピッチングに限定す …

オリックス37年ぶり11連勝京セラドーム8連勝25年ぶりVへ補強発表

23日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対日本ハムの一戦は、3対1で オリックスが勝利した。   オリックスの連勝が止まらない。ロースコアの接戦を制し、阪急時代の1984 年以来となる11連勝とな …

阪神タイガース矢野監督スアレスに代わる守護神候補に意外な投手指名

先日、テレビ出演した阪神の矢野燿大監督はスアレスに代わる今シーズンのクロ ーザー候補について問われると意外な投手の名前を挙げた。「サプライズ的に出 てきてくれるのが、俺としてはありがたいんやけどね。え …