大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人原監督交代直後2球目で満塁弾浴びた田中について何を語った

投稿日:


18日、巨人は甲子園球場での首位阪神との直接対決に1対7と大敗を喫して2

連敗となった。最大9あった貯金は5に減り、阪神とのゲーム差が今季初の8に

開くとともに2位で並んでいたヤクルトが勝ったため3位に転落した。

 

7勝8敗3分けで3年ぶりに負け越しとなった交流戦が終わり、この日からリー

グ戦が再開となった。だが、先発マウンドに上がった左腕メルセデスが期待に応

えられなかった。2回裏の阪神に二塁打4本を集中されて3点を失うと、続く3

回裏には無死満塁のピンチを招いてここで降板となった。続いてリリーフした2

番手右腕・田中はサンズに2球目を右中間スタンドに叩き込まれる13号満塁ア

ーチとされて序盤で7点のビハインドを負った。試合後、巨人の原辰徳監督は、

「ゲームをつくるというスターターの役割を(果たせなかった)というところで

しょうね。」と3回途中6失点KOされたメルセデスに言及した。打線も初回に

2死満塁の先制機を築いたが中島が凡退し、2回表には先頭・大城の中前打で無

死一塁とするも香月が右飛に倒れた後でメルセデスが3バント失敗に終わり、松

原が左飛と走者を得点圏に進めることができなかった。阪神先発右腕・西は約2

カ月間に渡って白星がなく、立ち上がりも決していいわけではなかったが、好機

を逃した直後の2回裏に3失点、3回裏に4失点はダメージが大きすぎた。原監

督は、「チャンスで(1本出なかった)というところがありますね」と振り返

り、3回裏の守りで無死満塁としたメルセデスに代わって左翼に亀井、左翼のウ

ィーラーを一塁に回し、一塁を守っていた中島に代えて2番手右腕・田中を入れ

た選手交代については、「(中島は)まあ、2打席だからね。試合の流れの中

で、あそこでピッチャーを入れるということをしないとね、ひずむというところ

があるんでね。仕方のないところですね。」と説明した。それでも登録即先発と

なった丸が第1打席で四球、第4打席では9打席ぶり安打となる右前打を放っ

た。原監督は丸については、「1本出たので、本人も明日またいい精神状態で臨

めるんじゃないでしょうかね」と語った。ウィーラーについては、「彼はファー

ストも外野も守ってくれるというのが強みではありますね」と評価した上で、2

番手として登板し、2球目の外角高めスライダーをサンズに満塁弾とされた田中

については「糧とするでしょう」と話すにとどめた。そして最後に、「明日頑張

ります」と気持ちを切り替えるように語った。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガースの「4番・三塁」は大山か佐藤か、それとも別か?

3日、甲子園球場で行われたプロ野球セ・パ交流戦の阪神対オリックス戦は、7 対3でオリックスが勝利した。   雨の中でのこの試合、阪神の主砲とも言える2人が雨を切り裂くようなアーチの 競演を見せた。まず …

エンゼルス守護神イグレシアス投手流出の危機、FAでどの球団へ 

ア・リーグ西地区で4位に沈み、7年連続でプレーオフ進出を逃した今シーズン のエンゼルスに今注目が集まっている。投げては今シーズン9勝を挙げ、打って は46本塁打と活躍した大谷翔平投手が「勝ちたい」と発 …

広島鈴木誠也にメジャーリーグ10球団以上が争奪戦、特に有力なのは

16日、広島・鈴木誠也外野手が今オフにポスティングシステムを利用してメジ ャーリーグ移籍を目指すことが正式に決定した。球団が本人の意思を確認した上 で、挑戦を容認した格好だ。来週中にもNPBに申請する …

大谷翔平リアル二刀流6回1失点今季3勝目エンゼルス連敗ストップ

17日(日本時間18日)、アナハイムで行われたエンゼルス対タイガースの一 戦は7対4でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は 「2番・投手」で投打二刀流の先発で出場した。そして6回 …

プロ野球2021年セリーグ優勝巨人の可能性は原監督の采配は

2021年のプロ野球が3月26日に開幕した。 昨季は6月にまで開幕がずれ込んだ上に、予定されていたスケジールをすべてこ なすことができなかったシーズンとなってしまったが、それだけに今季はいやが うえに …