大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

巨人4連勝642日ぶり山口俊日本球界復帰勝利DeNA戦7連勝

投稿日:


23日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた巨人対DeNAの一戦は4

対2で巨人が逆転勝利した。これで巨人は4連勝で引き分けを挟んで今季DeN

A戦7連勝を飾った。巨人先発の山口俊が5回2/3を5安打1失点でまとめ

て、日本球界復帰登板で642日ぶりの白星となった。さらに丸佳浩が2打席連

続アーチで復帰勝利を後押しした。

 

背番号99となった山口が約2年ぶりの日本のマウンドで力投した。初回1死か

ら柴田に右越えソロを被弾して先制点を献上した。続く佐野には左前安打を許し

たがここは最少失点で切り抜けた。そして2回以降は尻上がりに調子を上げて、

スコアボードに0を並べた。5回表には2死二塁のピンチを背負ったが桑原を三

直に打ち取り無失点で切り抜けた。続く2点リードの6回表1死から連続四球な

どで満塁のピンチを招く。ここで牧を三ゴロに打ち取り、2死としたところでD

eNAが代打に楠本を送り、山口は降板となった。そして2番手の大江が代打の

代打となったソトを空振り三振に打ち取り、山口が勝利投手の権利を手にした。     

 

打線も山口の復帰登板を後押しした。1点ビハインドの2回裏には岡本和真

本勇人の連続二塁打で同点に追いついた。3回裏には1死一塁から丸が7号2ラ

ンで追加点を挙げた。6回裏にも丸が2打席連続の8号ソロアーチを右翼席に放

り込んだ。巨人は7回表に1点を失って2点差にされたものの、リリーフ陣が踏

ん張ってリードを守り切った。山口は2019年9月20日の横浜スタジアムで

の対DeNA戦以来となる642日ぶりの日本球界での勝利を挙げた。これで巨

人は4連勝で貯金を今季最多タイの9とした。今季のDeNA戦は引き分けを挟

んで7連勝となった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

エンゼルス大谷翔平ナンバーナインティーンショウヘイオオタニ、ワォ!

16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル スの一戦は、8対4でアスレチックスが勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手は 「2番・DH」で先発出場し、2回表の第2打席で今季3 …

日本ハムノンテンダー自由契約西川遥輝が楽天入り、先行巨人ナゼ撤退

日本ハムを自由契約となった西川遥輝外野手が楽天入りすることとなった。西川 は海外フリーエージェント(FA)権を保有している身でありながら日本ハムを 自由契約、いわゆるノンテンダーとなっていたものだ。つ …

大谷翔平休養明けで二塁打2本復調を印象づける、マドン監督絶賛

24日(日本時間25日)、ミネソタにて行われたツインズ対エンゼルスの一戦 はエンゼルスが2対1で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は「2 番・指名打者」で2試合ぶりの先発出場となった。そして …

巨人四番岡本和真が神宮球場で大活躍首位阪神に2.5ゲーム差大接近

セ・パ交流戦を負け越し、首位を行く阪神に7ゲームもの差をつけられてのレギ ュラーシーズン再開となった。早くも球団OBのみならず巷間からも逆転優勝へ の黄色信号が灯った、いやもう赤信号だとも言われていた …

大谷翔平が8号ソロホームランすくい上げた勝ち越し弾昨季との比較は

4月30日(日本時間1日)、エンゼルスの大谷翔平選手は敵地シアトルマリナ ーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回こそ無死一塁では左飛に倒れ た大谷であったが、3回に回ってきた第2打席で4試合ぶ …