大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平グリーンモンスター越え特大弾リーグトップタイ11号ソロ 

投稿日:


14日(日本時間15日)、敵地ボストンにて行われたレッドソックス対エンゼ

ルス戦で、エンゼルスの大谷翔平投手が7試合ぶりの一発となる11号ソロを放っ

た。

 

大谷は「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で初対戦となったレッドソ

ックスの右腕ニック・ピベッタ投手から左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、6

回表の第3打席ではおなじみのグリーンモンスター越えの特大のアーチをかけ

た。なお、試合はエンゼルスが3対4の逆転負けでこれで3連敗となった。


試合の詳細は

7試合ぶりの一発が飛び出した。初回の第1打席でピベッタが投じたカーブを捉

えて左翼フェンス直撃の二塁打とした。3回表の第2打席は空振り三振に倒れた

が、続いての6回表の第3打席で今度はカーブを左翼スタンドへと運んだ。左翼

にそびえ立つ約11メートルのグリーンモンスターを越えていく驚愕の一発。そ

れもタイミングを外され泳がされ気味での一発だ。この一発に関してはアメリカ

でも「どちらがモンスターなのかわからない」などど驚愕をもって受け止められ

ている。なお、二刀流の元祖ベーブ・ルースがプロデビューを果たしたボストン

のフェンウェイパークではこれが初めての本塁打となった。

 

大谷はこれまで二刀流での投打同時出場も含めて、この日で全37試合に出場し

ている。この試合前にエンゼルスのジョー・マドン監督は、18日(日本時間1

9日)のインディアンス戦で見込まれていた次回先発登板予定を、疲労のため先

送りすると明かした。しかし今日は欠場することなく打席に立ち、そして結果を

残してみせた。今季11本塁打目となり、インディアンスのホセ・ラミレスに並

び、本塁打数はア・リーグトップタイに再浮上となった。6日(日本時間7日)

の対レイズ戦以来本塁打が出ておらず、これが7試合ぶりの本塁打となった。ま

た、この日は2安打として、7日(日本時間8日)の対レイズ戦以来6試合ぶり

のマルチ安打となった。試合はエンゼルスが大谷の本塁打で1点差に迫ると、7

回表にイグレシアスの2点適時二塁打で一度は逆転に成功した。だが、今のエン

ゼルスは後ろで投げる投手が心もとないのが実情だ。その裏にワトソンがダルベ

ックに逆転2ランを打たれて3対4の逆転負けを喫した。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平神走塁!本盗重盗含む2盗塁、対するヤンキースの状態は?

8月31日(日本時間9月1日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対ヤンキ ースの一戦はエンゼルスが6対4でヤンキースを下した。この試合で、エンゼル スの大谷翔平投手が「2番・DH」でスタメン出場し、2 …

大谷翔平リアル二刀流で今季2勝目火消し「イギー・ショー」に感謝

4日(日本時間5日)、アナハイムで行われたエンゼルス対マリナーズの一戦 は、エンゼルスが3対2で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平選手は 「2番・投手」で先発登板した。指名打者を解除して打線にも …

巨人原辰徳監督対ヤクルト2連戦合計25失点の投手陣に怒り心頭

14日、東京ドームにて行われた巨人対ヤクルトの試合はヤクルトが11対7で 勝利した。前半戦最終戦となったこの試合、前日の試合と合わせてヤクルトにい いようにされた巨人の原辰徳監督は試合後、「今日はフォ …

阪神西勇輝投手通算100勝お預け歴代5位タイ224戦連続先発

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。阪神先発の西勇輝投手は8回7安打3失点自責点1と好投を見せたもの の今季4敗目を喫した。   通算100勝に王手をかけ …

阪神タイガース佐藤輝明2打席連続適時打横浜スタジアムの新名物とは

8日、横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で阪神タイガースのドラフト1位 佐藤輝明が2打席連続適時打。4番の役割を十分に果たした。   両チーム無得点で迎えた4回表、2死三塁の場面では先制適時打。0ボ …