大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

甲子園球場に怒号と悲鳴プロ野球2021阪神タイガース失策数は

投稿日:


23日、阪神タイガースの本拠地甲子園球場に怒号と悲鳴が響き渡った。この日

は対DeNA戦。2点ビハインドの5回表1死満塁。DeNA神里の一、二塁間を破

った右前打を処理しようとした阪神のゴールデンルーキー佐藤がまさかの後逸。

塁上の3人のランナーのみならず、打者走者の神里まで生還を許す痛恨の自身プ

ロ入り初のエラーで相手に大量失点を与えてしまった。

 

試合後、矢野監督は佐藤のこのプレーについて「もちろん若い選手はミスがあっ

て、俺もミスしてきた。その中からどう成長したり、練習したり、どういう心構

えで試合に臨むのかを学んでいって成長してくれないと。そういうためのミスで

あれば、次につながっていく。やり返せるチャンスはある」と語った。

 

この佐藤のエラーの前にも先発投手藤浪を引き継いだ2番手の馬場にも痛恨のエ

ラーが。1死一塁でDeNAソトをピッチャーゴロに打ち取ったところまでは良か

ったのだがその後がいけない。二塁へまさかの悪送球。チェンジのはずが一転し

てピンチが拡大し、それがその後の佐藤のミスへとつながってしまった。

 

昨季まで3年連続セ・パ12球団ワーストの失策数を記録した拙守の改善へとい

うことで、今季の春季キャンプに川相昌弘臨時コーチを招へいしてまで臨んだ今

季のシーズン。しかしこの日の2つの失策で、今季もすでにリーグワーストの1

6失策を記録している。3回裏無死一塁での藤浪のスリーバント失敗、近本の中

飛で飛び出した坂本が戻れずに併殺になるなど、記録にあらわれない細かなミス

もいくつか見られた。  

 

先発藤浪の乱調で初めからチームのリズムが崩れがちであったことは認めるが、

大型連敗中のDeNA相手でこの試合内容は今後の阪神の課題が一気に噴出した格

好となってしまった。

 

また、後逸した後の佐藤の打球の追い方も緩慢プレーといわれても仕方のないよ

うなものであった。このような細かい箇所を首脳陣がどのように見ているのかも

気になるところとして残ってしまった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平登板翌日にマルチ安打と二盗でマドン監督のコメントとは

29日(日本時間30日)、エンゼルスの大谷翔平投手は敵地のアスレチックス 戦で「2番・DH」で先発出場した。5回表に左前2点打を放つと、7回表には 中前打で今季14度目のマルチ安打をマークした。この日 …

プロ野球2021延長なし9回打ち切り勝利の方程式が絶対か?

今季のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大予防に基づく営業時間短縮要 請に対応するため、異例ともいえる延長戦無しの9回打ち切りの特別ルールで行 われることになった。 「プロ野球2021延長なし9回 …

阪神タイガース今季初の引き分け佐藤のけん制死から暗転矢野監督は 

5日、敵地神宮球場にて行われた対ヤクルトスワローズ戦で、阪神タイガースは 2対2で今シーズン初の引き分けに終わった。   この試合、阪神が2点を先制するもヤクルトに土壇場で追いつかれ今季初めて引 き分 …

選抜高校野球、優勝は大阪桐蔭、智弁学園、しかし本当の候補とは?

    3月19日に選抜高校野球が開幕する。 昨年は、春の選抜大会、そして夏の地方大会、続く全国選手権大会も新型コロナ ウイルスの感染拡大によって中止が余儀なくされており、それだけに球春を待ち わびる …

広島大瀬良FA権行使せず残留、投手では異例の3年契約過去には誰が?

17日、広島・大瀬良大地投手が今シーズンに取得した国内フリーエージェント (FA)権を行使せずに来シーズン以降もチームに残ることがわかった。大瀬良 は球団には既に意向を伝えており、18日に残留を正式に …