大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

メッツデグロムの故障原因は二刀流?エンゼルス大谷翔平は大丈夫か

投稿日:


今シーズンのメジャーリーグにおいて、エンゼルスの大谷翔平の存在感は現地ア

メリカでもすさまじいものだと言える。実際、投打二刀流において十分すぎるほ

どの活躍を見せている。しかし、ことピッチングに限定すれば、その大谷以上に

圧倒的とも言える選手がいる。ニューヨーク・メッツが誇る大エース、ジェイコ

ブ・デグロムだ。2018年から2019年にサイ・ヤング賞を獲得したデグロ

ムは、今季の4シームの平均球速が99.2マイル(約159.6キロ)という

異常なレベルに達し、開幕からの11回の先発(投球回数67.0回)を終えて

防御率0.54、奪三振率14.91、WHIP0.51の成績を誇る。いずれも

メジャー新記録を狙える衝撃的な数字を残しているのだ。さらに今季はバッティ

ングも良く、打率.423、6打点。自責点4が打点を下回るという、これまた

異常事態が起きている。だが今、この快投に水を差すように、最強投手の肉体に

異変が生じているのだ。5月上旬に右わきの張りで離脱すると、復帰後の6月1

1日の対サンディエゴ・パドレス戦では、80球で6回2安打無失点10奪三振

と好投しながら右肩の不調を訴えて降板となった。そして、6月16日の試合

も、3回を完全に抑え8奪三振という形容しがたい投球を見せていたが、またも

右肩に違和感を覚えてマウンドを後にしたのだ。現在デグロムは検査結果待ちで

MRIの結果が問題なければ、すぐに復帰する意向とのことだ。そして、デグロム

は自ら故障の原因を考察したところ、打席でのスイングが一因なのではないかと

いう。確かに今季は、いつも以上に「投手らしくない」全力スイングで自らを助

けている。しかし、打撃でもエンジン全開なのは、過去の「悲劇」がもたらした

影響とも言えなくもない。デグロムはサイ・ヤング賞を獲得した時も圧倒的な成

績を残しながら、10勝9敗、11勝8敗と全然勝てなかった。やたら援護が少

ない上に、後続の救援陣がリードを守り切れないことが多発していたからであ

る。「野手が助けてくれない。なら自分がやるしかない。」という思考になった

結果、必要以上に力を使いすぎてしまい、自らの肉体に悪影響が出てしまったの

だしたら、それは非常に残念なことだ。それはファンだけではない。同じ地区で

しのぎを削る他球団の選手すらからも、同じようなコメントが出ている。昨年、

MVPを受賞したフレディ・フリーマン(アトランタ・ブレーブス)は友人である

デグロムにこうメッセージを送ったという。 「毎試合、ヒットを打って打点を上

げているよね(本当にすごい)。でも、球界が必要としているのは、5日ごとに

投げるキミなんだよ。」と。フリーマンだって、おそらくデグロムと対戦したい

とは思っていないだろう。この最強投手を打ち崩すのは至難の業だ。しかし、そ

うしたものを抜きにしても、デグロムのピッチングはファンも、選手も魅了して

やまないのである。ただ、もしデグロムの故障の原因が打撃にあるのだとした

ら、投打両面で魅了していた姿がなくなると思うと残念な気持ちだ。そして同時

に、本当の意味で二刀流をこなしている大谷の肉体は、一体どうなっているのか

と、驚きと不安の意味で気になるところでもある。今季の大谷も過去のデグロム

同様に援護が少ない上に、後続の救援陣がリードを守り切れないことで勝ち星を

伸ばせていない感は否めない。デグロムの二の舞だけは避けて通って欲しいとこ

ろである。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平45本塁打23盗塁ペースもはやMVPは投票さえ必要ない?

16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル スの一戦は8―4でアスレチックスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔 平選手は「2番・指名打者」でスタメン出場し、2回表に …

田中将大投手が楽天捕手へ要望のフレーミングの意味とは?効果は?

    田中将大投手の一挙手一投足が連日報道されている。   12球団のキャンプ地の中で、東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプが今一 番注目を集めていることは誰もが認めることであろう。   その田中 …

巨人岡本和真3ラン4年連続20号で貯金10、5連勝で2位に浮上

25日、神宮球場で行われたヤクルト対巨人の一戦は7対1で巨人が勝利した。 この試合、巨人は主砲の一発でヤクルトを抜いて2位に浮上した。巨人・岡本和 真内野手が4年連続20本塁打となる20号3ランを放っ …

ジャイアンツのガウスマン投手大谷翔平は異次元で違う生き物と称賛 

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの 一戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・投手」で投打同時出場した。6回を投げて9奪 …

1週間500球制限の第93回選抜高校野球大会、影響と理由とは?

    第93回選抜高校野球大会が3月19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕す る。   今回の大会は、「1週間500球制限」のもとで行われる初めての甲子園球場で の大会となる。   本来であれば …