大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

田中将大が抜けたヤンキース先発陣崩壊状態に地元紙酷評どんな報道?

投稿日:


6月も半ばとなった現在、メジャーリーグの名門球団ヤンキースが苦しんでい

る。13日(日本時間14日)の敵地フィリーズ戦では0対7で完敗を喫した。

9回制の試合で今季2度目の零封負けを喫してこれで3連敗となった。直近9試

合では2勝7敗となり、今季成績は13日の時点で33勝32敗。首位レイズ

のゲーム差は8.5に広がっている。

 

地元紙「ニューヨーク・ポスト」によると、ヤンキースのブーン監督は「もっと

いいチームになる方法を見つけないといけない。チームの特徴を理解しないとい

けない。明らかにドツボにはまっている。」と嘆き、さらに続けて「選手たちの

ことはこれでもかというくらい理解している。敗戦に慣れている者などいない。

そんなことあるはずがないんだ。」と語っている。さらに同記事は、7回表無死

二塁で遊ゴロの際に二塁走者のオドアが判断ミスでアウトになったことに言及し

た。これに関しては「(ヤンキースの)基本的な走塁スキルが改善される気配は

ない」と断じている。今月2日(日本時間3日)のレイズ戦では7回に二塁走者

のウルシェラが暴投で三塁に進塁を試みるも簡単にアウトになり、その後一塁走

者のトーレスが牽制死したことなどもあり、今季のヤンキースは走塁ミスが「か

なり目立つ」と現地メディアは指摘している。

 

先発陣にもほころびが目立つ。過去14試合の先発投手の防御率は6.16にま

で落ち込んでいるのだ。周囲では「最近の先発ローテーションは全くスペシャル

ではない」と投手陣への批判の声もあがっている。昨季まで7年間在籍した田中

将大投手(現楽天)が離脱したヤンキース。田中が抜けた後、先発陣崩壊の事態

に陥ってしまっているのが現実なのだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

ヤクルトスワローズ2021プロ野球その強さの秘密は世代交代か?

特例2021プロ野球ヤクルトスワローズ6選手出場登録抹消どの選手 上にもあるように、ヤクルトスワローズはこの4月初めに時点においてはそのチ ーム内は大変なことになっている。   再構になるが、ヤクルト …

阪神タイガース佐藤輝明2打席連続適時打横浜スタジアムの新名物とは

8日、横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で阪神タイガースのドラフト1位 佐藤輝明が2打席連続適時打。4番の役割を十分に果たした。   両チーム無得点で迎えた4回表、2死三塁の場面では先制適時打。0ボ …

大谷翔平二刀流デビュー成績全記録は?2021年メジャーリーグ

アメリカ・メジャーリーグで現地時間4月4日(日本時間5日)、エンゼルスの 本拠地アナハイムにて行われたエンゼルス対ホワイトソックス戦でエンゼルスの 大谷翔平選手が「2番・投手」で先発出場。  投手とし …

DeNAが巨人に10戦勝ちなし7連敗32年ぶりの屈辱に三浦監督は

23日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた巨人対DeNAの一戦は4 対2で巨人が逆転勝利した。これでDeNAは開幕から巨人に10戦勝ちなし、 3引き分けを挟み7連敗となった。開幕から巨人に10戦 …

大谷翔平休養明けで二塁打2本復調を印象づける、マドン監督絶賛

24日(日本時間25日)、ミネソタにて行われたツインズ対エンゼルスの一戦 はエンゼルスが2対1で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は「2 番・指名打者」で2試合ぶりの先発出場となった。そして …