大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

プロ野球2021延長なし9回打ち切りで野球の何がどう変わる?

投稿日:2021年4月3日 更新日:


今季のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大予防に基づく営業時間短縮要

請に対応するため、異例ともいえる延長戦無しの9回打ち切りの特別ルールで行

われることになった。昨年も延長10回打ち切りのルールであったのだが、さら

に1回短くなることで今季のプロ野球はどう変わるのか。考えてみたい。

 

かつて、ルール変更によって延長が12回までに短縮された際、また昨年のよう

に10回までで試合打ち切りとなった際にも同じような議論がなされて来てはい

るのだが、今回のように延長戦無し9回打ち切りのインパクトは今までのものよ

りもさらにインパクトのあるルール変更であると言える。

もちろん、今季限りの特別ルールではあるのだが新型コロナウイルスの感染拡大

の様子次第では来季以降も続く可能性は否定できまい。

 

昨年に比べるとたった1イニングではないか、といった声も聞こえてくるのでは

あるが、守る側はそのたった1イニングの3アウトを取ることがいかに難しいも

のであるか。反対に攻める側にとってみれば、もし負けているのであればそのた

った1イニングにどれだけの希望が持てるか。

この「1イニング」というのはとても重たいものであると言えるのだ。


引き分け試合の増加の影響は?

さて、この異例ともいえる9回打ち切りで野球が大きく変わる可能性は大きい。

これだけは確実に言えるが間違いなく引き分けが増える。

昨年、延長が10回に短縮された中でのシーズンで、セ・リーグで24試合、

パ・リーグで16試合の引き分けがあった。その前年の2019年はセ・リーグ

で7試合、パ・リーグで11試合、交流戦で4試合であった。

延長12回が延長10回に短縮された、つまり2イニングが短縮された昨季、そ

の前年に比べるといかに引き分けが大幅に増えたのかがよくわかる。

 

これを踏まえて考えるに、今季も引き分けが大きく増加すると予測される。

よく誤解されるのであるが、ペナントレースの優勝争いというものは勝利数では

なく勝率で決定される。

 

ここで、引き分けの多さが有利に働くといったケースもある。

かつて、1982年の中日ドラゴンズは過去最多の19試合の引き分けを記録し

て、勝利数はセ・リーグ3位に終わったものの、勝率で優勝を飾った。

今季は、この引き分けを巡って各球団のさまざまな駆け引きの応酬がみられるシ

ーズンになると考えられるのだ。

プロ野球2021延長なし9回打ち切り勝利の方程式が絶対か? 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

広島大瀬良FA権行使せず残留、投手では異例の3年契約過去には誰が?

17日、広島・大瀬良大地投手が今シーズンに取得した国内フリーエージェント (FA)権を行使せずに来シーズン以降もチームに残ることがわかった。大瀬良 は球団には既に意向を伝えており、18日に残留を正式に …

レッドソックス・ベルドゥーゴ外野手二刀流挑戦表明、来季から?

8日(日本時間9日)、レッドソックスのアレックス・ベルドゥーゴ外野手が敵 地で行われたレイズとの地区シリーズ第2戦の前に報道陣の取材に対して、20 23年の二刀流挑戦への意欲を語った。ベルドゥーゴは、 …

大谷翔平二刀流デビュー成績全記録は?2021年メジャーリーグ

アメリカ・メジャーリーグで現地時間4月4日(日本時間5日)、エンゼルスの 本拠地アナハイムにて行われたエンゼルス対ホワイトソックス戦でエンゼルスの 大谷翔平選手が「2番・投手」で先発出場。  投手とし …

大谷翔平6回1失点力投も4勝目はお預け打撃不発に悔しさあらわ 

23日(日本時間24日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ジャイアンツの 一戦は9対3でジャイアンツが勝利した。この試合にエンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・投手」で今シーズン8度目となる投打同時出場 …

レッドソックス澤村拓一近年の傾向によるポストシーズン登録外のナゼ

レッドソックスがヤンキースを下したワイルドカードに続き、レイズと対戦する 地区シリーズでも澤村拓一投手を出場選手登録から外すと発表した。澤村は、今 シーズンは全55試合に登板し5勝1敗、防御率3.06 …