大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

プロ野球FA宣言に異状あり、宣言せずに残留を選手が選ぶ理由はコレ

投稿日:2021年12月13日 更新日:


プロ野球のFA(フリーエージェント)市場でちょっとした異変が起きている。

今年2021年度の国内および海外FA権のを持つ選手は合計97人となってい

る。その中で、12月8日の公示によれば、FA宣言を行ったのは中日ドラゴン

ズ・又吉克樹投手、横浜DeNAベイスターズ・大和内野手、埼玉西武ライオン

ズ・岡田雅利捕手のわずか3人のみだ。まったくもって、FA市場が停滞してい

ると言っても過言ではあるまい。

 

さらに言えば、その3人の中でも大和内野手、岡田捕手はすでにFA権を行使し

た上での残留を表明している。現状、移籍までを視野に入れている、ある意味で

は「純粋な」FA宣言を行ったのは、又吉投手のみだ。


今オフの目玉は残留

今オフの動向が注目されていた国内FA権取得選手としては、DeNA・宮﨑敏

郎内野手、阪神タイガース・梅野隆太郎捕手、広島東洋カープ・大瀬良大地投手

らが挙げられていた。読売ジャイアンツの菅野智之投手は、海外FA権を取得し

た。この宮﨑内野手、梅野捕手、大瀬良投手らは以前から今オフのFA市場の超

目玉と言われており、FA宣言を行えば数球団による争奪戦必至と前々から報じ

られてきていたものの、宮﨑内野手と大瀬良投手はFA宣言せずにそれこそあっ

さりと各々の所属球団と契約を交わし、最後まで熟考していると言われていた梅

野捕手も結局はFA宣言せず阪神と契約を交わすに至った。また、菅野投手もメ

ジャーリーグへの挑戦を封印して巨人に残留した。

 

上述のとおり、日本のプロ野球の2021年度のFA公示では、FA権利行使者

は3人のみ。移籍の可能性があるのは又吉投手だけだ。ちなみに、過去3年間を

見るとFA権を行使したのは2018年度が5人、2019年度は6人、202

0年度は7人。うち移籍した人数は4人、4人、2人だった。お世辞にもFA市

場が活況を呈しているとは言えない。

メジャーリーグとの違い

メジャーリーグはどうか。実はメジャーリーグではリーグに所属する選手は6年

間、一定期間ロースター(名簿)に名前が載るとFA権を取得する。そして、そ

の選手は日本のプロ野球のように宣言をせずとも自動的にFA状態となるのだ。

その数例年200人以上がFAになるという。もちろん、FA市場も「日本より

は」にぎやかなものとなっている。

 

さて、日本のプロ野球に目を戻すと日本ではFA権を取得できるまでの期間がメ

ジャーリーグよりも長くなっている。高卒入団では最低でも8年、大学・社会人

からでは7年を要し、FA権取得時点で30歳を超えることも多い。すでに選手

としての全盛期を過ぎている場合も多く、「FA権権を行使してもどこも契約し

てくれなかったら」といった不安を選手の側が感じてしまうことがFA宣言をす

る選手が少ないことの一因に挙げられよう。

  

また、メジャーリーグのように「自動的にFA状態」になるのではなく、日本の

プロ野球では「FA状態」になろうとすれば自分自身で「宣言をしなければなら

ない」。必然的にそこには「球団を出ていく」といったニュアンスが含まれる。

選手側からすれば、まず「FA宣言する」といった高いハードルが待ち受けてお

り、さらに宣言後は周囲からのさまざまな声にさらされ(そこには批判的なもの

もあるはずだ)、そのプレッシャーたるや半端なものではない。

その他の高いハードル

また、 各球団との事前交渉が禁止されていることも高いハードルのひとつだ。ど

のチームが獲得してくれるのかわからない状態でFA宣言をしなければならず、

選手からすればとんでもなく不安なはず。新たな受け入れ先が不透明なまま出て

いくことについては相当な覚悟が必要だ。これはどう考えても選手側より球団側

に有利なシステムだといえる。

 

さらに言えば、FA選手を取得した球団がその対価として移籍元球団に支払う人

的補償や金銭的補償の存在も大きくものをいう。必然的に金銭面などで余裕があ

る球団しかFA市場に手を出すことができなくなり、選手側からするともうその

時点で移籍先の選択肢が減ってしまうことになる。

 

特に、昨年来からの新型コロナウィルスの影響で無観客試合や入場者数の制限が

続き、どの球団も経営状況が悪化している。球団側がFA市場に手を出しづらい

状況下にあるということだ。この状況を選手側も十分に理解しているはずで、F

A宣言を躊躇させる一因に挙げられるだろう。

 

少なくともFAについては現在の制度、システムが続く限り今後もFA市場の停

滞は続いていくことになるだろう。せっかく存在する制度であるので大いに活用

されるべきと筆者は考える。これを活発化させるには、上記にあるさまざまな問

題点をひとつひとつ解決していくほかはない。メジャーリーグのシステムのよう

にするべきだとは言わないまでも、ある程度はそれに近いものに変えていくこと

が必要ではあるまいか。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガースロハス15打席連続ノーヒット今後のスタメンはアリ?

31日、阪神タイガース矢野燿大監督不調の続くロハスをスタメンから外す明言 した。1日からは本拠地甲子園球場にて対オリックス3連戦が始まる。指名打者 制は採用されない。矢野監督は、「スタメンというのは現 …

大谷翔平2戦連続3四球は球団28年ぶりマドン監督のコメントは

7日(日本時間8日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ロイヤルズの一戦は 8対3でエンゼルスが勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手はこの試合に「2 番・指名打者」で先発出場し、2試合連続となる3四球を記 …

阪神矢野監督ルール違反承知リクエスト判定後猛抗議その内容とは

29日、メットライフで行われたプロ野球セ・パ交流戦、西武対阪神の一戦は1 -0で西武が勝利してこれで3連戦の通算成績を1勝1敗のタイとした。   阪神矢野燿大監督は、ルール違反となるのは承知の上で、そ …

オリックス11年ぶり2度目交流戦優勝、日替わり打順日替わり継投で

12日、京セラドーム大阪で行われたセ・パ交流戦オリックス対広島戦はオリッ クスが3対2で広島を下し、今年の交流戦の優勝を決めた。これでオリックス は、2010年以来11年ぶりとなる2度目の交流戦優勝と …

巨人丸佳浩ミスター長嶋茂雄氏から熱血指導受けるその内容とは?

6日、2軍で再調整中の巨人丸佳浩外野手がジャイアンツ球場で長嶋茂雄終身名 誉監督に熱血指導を受けた。   小雨が降る中、グラウンドで西武とのイースタンリーグ試合前練習のフリー打撃 の合間、ベルト付近を …