大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平豪快に第18号左腕から今季7本目4年目の打撃進化で苦手なし

投稿日:


15日(日本時間16日)、オークランドで行われたアスレチックスエンゼル

の一戦は、6対4でアスレチックスが勝利した。

 

この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が豪快な左腕撃ちで、早くもメジャー2年

目にマークした18号に到達した。この日は「2番・DH」で先発出場した。3

点を追う8回表2死、アスレチックスの2番手投手の左腕ルサルドからソロ本塁

打を放った。ルサルドの98.4マイル(約158キロ)の真ん中直球を完璧に

捉え、右中間スタンドへ運んだ。飛距離429フィート(約131メートル)、

打球速度の115.8マイル(約186キロ)は左腕から放った打球では自身最

速の当たりだった。今季、左腕から放った本塁打はこれで7本目となった。過去

3年間では47本塁打中わずか6本だった。昨年は相手が左投手の先発時にはス

タメンを外されることが多く、悔しさも味わってきた。4年目の打撃進化ととも

に、相手投手の左右で特に苦手意識を持たない本来の打撃が結果に表れていると

いえるのだ。チームはア・リーグ西地区の首位相手にこれで2連敗となった。5

回表2死一、三塁の場面では大谷は空振り三振を喫し、チャンスを逸してしまっ

た。それでも試合後のエンゼルスのマドン監督は、「我々は懸命にプレーしてい

るし、良い面も多くあった。」と前を向いて語った。明日からの試合に期待した

い。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

ダルビッシュ7回3安打無失点9奪三振の快投ポストシーズン進出は?

18日(日本時間19日)、セントルイスで行われたカージナルス対パドレスの 一戦は、3対2でカージナルスが逆転勝ちした。この試合で、パドレスのダルビ ッシュ有投手が先発登板した。パドレスにとってはカージ …

ヤンキースチャップマン人類最速左腕166km驚愕手も足も出ない

世界最速左腕として知られるメジャーリーグ、ヤンキースのアロルディス・チャ ップマン投手が投じた1球が驚愕を呼んでいる。   18日(日本時間19日)の敵地での対レンジャーズ戦の9回裏にマウンドに上 が …

プロ野球2021年セリーグ優勝巨人の可能性は原監督の采配は

2021年のプロ野球が3月26日に開幕した。 昨季は6月にまで開幕がずれ込んだ上に、予定されていたスケジールをすべてこ なすことができなかったシーズンとなってしまったが、それだけに今季はいやが うえに …

2022年プロ野球開幕セ・リーグ阪神タイガースのスタメンはコレ

2022年、阪神タイガースは開幕戦で昨シーズン日本一のヤクルトスワローズ を京セラドームに迎え撃つ。昨シーズンは優勝当確か、とまで言われながら終盤 にヤクルトに逆転を許して優勝をさらわれた悔しさをまず …

ツインズ前田健太日米通算2000奪三振達成、23日ぶり登板の内容

14日(日本時間15日)、シアトルでマリナーズ対ツインズの一戦が行われ4 対3でマリナーズが勝利した。この試合でツインズの前田健太投手が23日ぶり となる復帰登板した。右内転筋の張りで5月23日に負傷 …