大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平2試合連発第19号連日左投手攻略、苦手と思わない?

投稿日:


16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル

スの一戦は、8対4でアスレチックスが勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手は

「2番・DH」で先発出場し、2回表の第2打席で今季3度目となる2試合連発

の第19号本塁打を放った。この本塁打で左投手から2試合連続で本塁打を放っ

たこととなり、試合後の大谷は「そんなに苦手と思っていないが、独特の球で慣

れが必要だったのかなと思います。数をこなしていくうちに。右もそうですけ

ど、慣れの部分が大きいのかなと思います。」と振り返った。

 

豪快弾は3点リードの2回表2死の場面だった。アスレチックスの先発左腕アー

ビンの初球のスライダーに泳がされながらもバットにとらえた。右翼席へ飛び込

む一発は飛距離435フィート(約132.6メートル)、打球速度110.9

マイル(約178.5キロ)のホームランとなった。2試合連発は、3戦連発し

た5月16日から18日にかけて以来で自身8度目となった。この本塁打でア・

リーグの本塁打王争いでは、アスレチックス・オルソンを抜いてリーグ単独2位

に浮上した。両リーグトップを走るブルージェイズ・ゲレーロJr.には3本差に迫

った。さらに続く5回表、大谷は先頭打者で一塁側を固めるシフトを突いて三塁

側へセーフティバントを敢行した。大谷は、「確実に出られると思った。有効か

なと思った。」と投手アービンが処理する間に一塁へ駆け抜けた。これで5試合

ぶり今季18度目のマルチ安打をマークした。2死後には二盗を決め、2年ぶり

にシーズン10盗塁に到達した。この盗塁でメジャー通算39盗塁とし、日本人

歴代5位の田口壮に並んだ。

  

この後エンゼルスは救援陣の乱調で最大4点差をつけてリードしていたものの逆

転負けを喫した。6連勝と好調だったものの首位アスレチックスの勢いに押され

3連敗となってしまった。17日(日本時間18日)の本拠地アナハイムでの対タ

イガース戦では登板予定の大谷には連敗ストッパーの期待がかかる。大谷は、

「(リアル二刀流は)チーム状況が分からないが、常にいける準備をしていきた

い。このカード以前はいい流れで来ていた。もう1度、いい流れでできるよう

に。」と言葉に力を込めて語った。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神快勝佐藤輝明憧れソフトバンク柳田に衝撃藤浪晋太郎9回締め

4日、甲子園球場で行われたセ・パ交流戦の阪神対ソフトバンクは6対1で阪神 が勝利した。   この試合、近畿大学在籍時に“柳田2世”と称された阪神のドラフト1位ルーキー 佐藤輝明が本家にも引けを取らない …

阪神タイガースにやっと現れた待望の高卒生え抜き大砲スター候補は誰 

昨シーズンの阪神タイガースは開幕当初から首位を快走し、「今年こそは優勝間 違いなし」と言われたのも束の間、結果的には紙一重の差でヤクルトに逆転を許 して優勝をさらわれた。今年就任4年目を迎える矢野燿大 …

大谷翔平会見で語った球宴の本塁打競争に出場する単純な理由とは

18日(日本時間19日)、エンゼルスの大谷翔平投手がオールスターのホーム ランダービーに日本人として初めて出場することを表明した。本拠地アナハイム での対タイガース戦を前にオンライン会見に臨み、「単純 …

楽天は9回痛恨の守備のミス響き今季初の同一カード3連敗その内容は

13日、楽天生命パークにて行われたプロ野球交流戦の楽天対阪神の一戦は、6 対5で阪神が勝利した。楽天は終盤に3点のビハインドを一度は追い付いたが、 競り負けて今季初の同一カード3連敗を喫した。   9 …

阪神タイガースはなぜ2005年から優勝することができないのかその理由

    なぜ我らが阪神タイガースはなかなか優勝できないのか。   これより先の記事で、 なぜ阪神タイガースは優勝できたのか。 優勝できたときはどんな感じだったのかということを まずは考えてえてみたのだ …