大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平34号2ランで2位ゲレロに3本差後半戦ホームラン量産へ

投稿日:2021年7月19日 更新日:


18日(日本時間19日)、エンゼルスが本拠地アナハイムにマリナーズを迎え

ての一戦はマリナーズが7対4で勝利となりエンゼルスは勝率5割に逆戻りし

た。この試合で大谷翔平投手は「2番・指名打者」で先発出場した。そして9回

裏の第5打席で5試合ぶり、オールスター明けでは1発目となる34号2ランを

放った。試合後、エンゼルスのマドン監督は、「ほぼセンターへホームランが出

たのは良かった。それは彼がずっとやってきたことだ。」と大谷を高く評価し

た。


大谷の成績

エンゼルスの5点ビハインドでの9回裏2死三塁の場面だった。2ボール2スト

ライクからマリナーズのリリーフ右腕シーウォルドの内角低めのスライダーをす

くい上げ、右中間に34号2ランを放った。打球速度は107マイル(約172

キロ)、飛距離は419フィート(約127メートル)で打球角度は25度。こ

れでリーグの本塁打王争いでは、この日に31号を放っていた2位につけている

ブルージェイズのゲレーロJr.に再び3本差を付けた。後半戦第3戦15打席目で

生まれた待望のアーチとなった。マドン監督は大谷のホームランダービーに出場

したことへの影響を問われて、「いつもよりも引っ張り気味の打撃フォームが気

になっていた。(ホームランダービーの)影響はあったかもしれないが、それは

疲れの問題というより技術面の問題だった。」と話した。この打席までの大谷

は、マリナーズの先発右腕ジルベルトと対戦した初回1死の場面では空振り三振

に終わり、前夜からの5打席連続三振はメジャー自己ワーストだった。続く3回

裏2死一、三塁、5回裏2死一塁と2打席連続で四球を選んだ。7回裏1死では

マリナーズの左腕ミシェビッチから一塁ゴロかと思われた打球を俊足を生かして

内野安打を放った。この場面についてマドン監督は、「あの内野ゴロをセーフに

できるのが多くを物語っている」と話した。この後の本塁打で後半戦初となる、

今季26度目のマルチ安打となり打率は.277となった。前日の17日(日本

時間18日)の対マリナーズ戦では「2番・DH」で出場し、メジャー初となる

4打席連続三振を喫するなど5打数無安打だった。この日の本塁打を復調のきっ

かけとしたいところだ。この後、19日(日本時間20日)の敵地での対アスレ

チックス戦ではメジャー自己最多となる5勝目をかけて先発マウンドに上がるこ

ととなっている。投打同時出場についてマドン監督は、「まだだ。このあと話す

予定だ。」とした。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

巨人ウィーラー規定打席到達セリーグ打率トップ首位追撃のカギを握る

22日、金沢で行われた巨人対DeNAの一戦は6対1で巨人が勝利した。この試 合で巨人のゼラス・ウィーラー選手が4打席に立ち、チームの規定打席に到達と なった。そしていきなり3割3分7厘でセ・リーグの打 …

日本ハムノンテンダー自由契約西川遥輝が楽天入り、先行巨人ナゼ撤退

日本ハムを自由契約となった西川遥輝外野手が楽天入りすることとなった。西川 は海外フリーエージェント(FA)権を保有している身でありながら日本ハムを 自由契約、いわゆるノンテンダーとなっていたものだ。つ …

パイレーツ筒香嘉智4番で適時打2本、レッズ秋山翔吾はどうだった? 

14日(日本時間15日)、ピッツバーグにて行われたパイレーツ対レッズの一戦は 6対5で パイレーツが勝利した。この試合でパイレーツの筒香嘉智外野手が「4 番・一塁」で先発出場し、初回に先制の右前適時打 …

阪神タイガース3連勝佐藤4番で逆転満塁弾ガンケル開幕5連勝

2日、本拠地甲子園球場で広島と対戦した阪神タイガースは、7対3で勝利し た。阪神先発のガンケル投手は5回7安打3失点の成績。毎回ランナーを背負う 苦しい投球が続き、決して調子がいいとはいえない内容では …

阪神藤浪が巨人エース菅野に泣きつく自主トレ参加で恥をかくのは誰だ  

巨人の菅野智之が20日、自主トレのためチームの後輩の中川と沖縄の伊良部島 へと旅立った。ただし、今回の自主トレはいわゆる「異例」の自主トレとなりそ うだ。と言うのも、先日契約更改を終えた記者会見の席で …