大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平適時三塁打2本3打点も本塁打争いに新たなライバル出現か

投稿日:


25日(日本時間26日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対マリナーズの

一戦は、14対1でエンゼルスが勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷翔平

投手が「2番・指名打者」で先発出場し、2打席連続で適時三塁打を放つなど3

打席連続打点をマークして4打席連続の四球攻めに遭った前日の同カードから自

己新記録となる8打席連続出塁を記録した。この日のエンゼルスは打線が爆発し

大勝となった。


8打席連続出塁

大谷は初回、無死一塁でマリナーズの先発左腕・アンダーソンと対戦。2ストラ

イク後の内角球を弾き返した打球は右翼線を破る適時三塁打となった。これで一

塁走者・マーシュが先制となる長駆ホームイン。大谷は続くゴスリンの二ゴロの

間に2点目の生還を果たした。続く3回裏の第2打席は再びマーシュを一塁に置

き、フルカウント後のカットボールをとらえて痛烈に弾き返した打球が再び右翼

線を突破すると、一塁走者・マーシュは初回の再現を見るかのように4点目とな

るホームを駆け抜けた。大谷も悠々と三塁を陥れ、これもまるで第1打席のリプ

レーのような2打席連続の適時三塁打となった。さらに、続くゴスリンの中前適

時打で5点目のホームを踏み再び得点を記録した。打者一巡し二死満塁で迎えた

第3打席は2番手右腕のラミレスとの対戦。フルカウント後に押し出し四球を選

び3打席連続打点をマークした。エンゼルスは3回裏の攻撃だけで一挙8得点と

なった。序盤で早くも11対1の大量リードを奪った。続いて5回裏の第4打席

は、制球の定まらない3番手左腕・シェフィールドと対戦しストレートの四球を

選んだ。これで前日の同カードの第2打席から敬遠、四球、四球、敬遠、適時三

塁打、適時三塁打、押し出し四球、四球となり、自己最長となる8打席連続出塁

をマークした。6回裏の第5打席は5番手左腕・ドゥーリトルの前に空振り三振

を喫した。この日は4試合ぶりのマルチ安打、それも三塁打を記録するなど3打

数2安打3打点、2四球3得点1三振の成績で今季の打率は.257となった。

しかし、ここ4戦は13四球の四球攻めを受けたことも重なって本塁打数は45

本のままとなっている。トップの2人と1本差につけている状況は変わらない

が、4位のブルージェイズのセミエンが43号ソロを放ち2本差に迫られた。

投打ともにチームトップ

またこの日、今季のチーム最優秀選手(MVP)と最優秀投手に選ばれ、試合前

に表彰式が行われた。大谷は前日までに打者として打率.255、いずれもチー

ムトップの45本塁打、95打点を記録している。投手でもチームトップの9勝

(2敗)を挙げ、防御率3.28の好成績を残していた。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

ロッテ2軍初回に1イニング最多得点の世界記録樹立、何点取った?

22日・ロッテ浦和球場で行われたプロ野球イースタン・リーグのロッテ対De NAの一戦で、ロッテ2軍が初回に1イニングで17得点を奪い、「世界記録」 を樹立した。この回、ロッテ2軍は打者2巡(計23人) …

2022年プロ野球開幕セ・リーグ阪神タイガースのスタメンはコレ

2022年、阪神タイガースは開幕戦で昨シーズン日本一のヤクルトスワローズ を京セラドームに迎え撃つ。昨シーズンは優勝当確か、とまで言われながら終盤 にヤクルトに逆転を許して優勝をさらわれた悔しさをまず …

エンゼルス大谷翔平は二刀流を超え三刀流へ、まわりの賞賛の声とは

エンゼルスの大谷翔平の活躍の場が広がっている。「二刀流」や「三刀流」とい った言葉で片付けることができないほどになっているのだ。   11日の敵地でのアストロズ戦では 「2番・投手」で今季3度目となる …

大谷翔平決勝適時二塁打2冠も視野に、エンゼルスは3年ぶりの珍事

7月31日(日本時間8月1日)、エンゼルスは本拠地アナハイムでの対アスレ チックス戦に1対0で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は「2 番・DH」でスタメン出場した。そしてチームに勝利を呼び …

阪神矢野監督12球団ワースト49失策に苦言アウトにしないとダメ 

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。   甲子園球場はいきなり飛び出したミスで、ため息に包まれた。一回表DeNA先 頭の桑原の打球を二塁手の糸原が後逸した …