大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平43号、マドン監督&完投スアレス驚嘆大谷について何を語る

投稿日:2021年9月6日 更新日:


4日(日本時間5日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対レンジャーズの一

戦は4対1でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が

「2番・指名打者」で先発出場し、六回に4戦ぶりとなる第43号3ランを放つ

など、4打数2安打3打点と活躍した。この日が13戦ぶり今シーズン34度目

のマルチ安打となり打率を.260とした。本塁打王争いでは、ロイヤルズのペ

レスがホワイトソックス戦で第39、40号を放ち、2位に浮上したもののその

差を3本に広げた。エンゼルスは先発のスアレスが9回を投げて1失点で自身

初、また今シーズンチーム初となる完投勝利となり6勝目を挙げた。エンゼルス

は2連勝で勝率を5割に戻した。

エンゼルス1点リードの六回裏無死一、二塁の好機に打席が巡ってきた。初球、

甘く入ったカットボールを見逃がさなかった。右翼席へ飛び込む飛距離130メ

ートルの豪快弾を放った。ここまで無失点の先発スアレスを援護する追加点とな

る大きな一発だった。4戦ぶり、16打席ぶりのアーチを放った後、続く八回裏

の打席では元DeNAのパットンから右前打を放つ。そして、次打者の初球にす

かさず二盗を試みるが、タイミングはセーフだったものの滑り込んだ後にバラン

スを崩してベースを離れてしまいタッチアウトとなった。


マドン監督は

前夜の試合では投打同時出場で自己最多117球を投げて7回1失点で9勝目を

挙げたばかり。この日の試合の後での会見でエンゼルス・マドン監督は、投打同

時出場した後のこの試合前の大谷とのやり取りの一部を明かし、「彼が出場でき

ることは知っていたが、体がどんな状態かを知らなければいけなかった。彼は力

強く”出ます!”と言った。そして、試合ではそれを見せた。本当にいいスイング

だと思ったし、走りもした。120球近く投げてどこかしら体が痛いはずなの

に、痛いはずなのに、そんな素振りを全く見せなかった。」と驚きの声を上げ

た。投げて、打って、走って。この最高のパフォーマンスについて、「素晴らし

い。他の監督や選手、みんなが畏敬の念を抱いている。」とマドン監督は続け

た。さらに、「今ここで目にしていることを本当に理解しないといけない。見逃

してはいけない。今後も繰り返されることを願っているが、見逃してはいけな

い。今、この若者は普通ではないことをやっている。」と興奮気味に語った。

マドン監督のみならず

マドン監督だけではない。完投勝利を挙げたスアレスは、「全投球に集中でき

た。積極的にストライクゾーンに投げていった。」と自身の投球を振り返った

後、六回裏に貴重な追加点となる43号3ランを放った大谷について、「正直、

僕たちは信じがたいものを見ている。彼がフィールドでやっていることすべてが

この世界ではありえないことだと思う。彼とチームメートなのは超クールだ。」

と話していた。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース矢野監督陽川を絶賛も大山には厳しい言葉の理由は

4日、敵地神宮球場にて行われた対ヤクルトスワローズ戦で、阪神タイガースは 11対5で勝利した。   この試合、中盤までは大接戦、点の取り合いとなり一時はヤクルトのリードとな ったが、終わってみれば阪神 …

プロ野球中日ドラゴンズ12球団ワースト本塁打数大谷翔平との比較は

驚異的な勢いでエンゼルス大谷翔平選手が本塁打を打ちまくっている。18日 (日本時間19日)の対インディアンス戦で両リーグ単独トップの14号ソロを 放った大谷はこれで3試合連続本塁打となり、このままのペ …

ソフトバンク12球団最多引き分け今季すでに14度目工藤監督何を語る

23日、ZOZOマリンで行われたロッテ対ソフトバンクの一戦は1対1の引き分 けに終わった。今季のソフトバンクは負けないけど勝ち切れないといった煮え切 らない状況が続いている。この試合、ソフトバンクは同 …

大谷翔平37号逆転3ランは今季7度目の2戦連発2位ゲレロに5本差

28日(日本時間29日)、エンゼルスは本拠地アナハイムでロッキーズと対 戦、8対7で辛勝した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」 でスタメン出場、第3打席に2試合連続の本塁打となる37 …

阪神タイガース藤浪晋太郎が甲子園で先制2ラン、ホームラン何本目?

4月16日、甲子園球場にて行われた「阪神タイガース対ヤクルトスワローズ」 で阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が5回裏に先制の1号2ランを放った。   場面は2死二塁。フルカウントから相手投手の石川の低め …