大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平6回2失点好投で7勝目2か月半負けなし6連勝、打つ方は?

投稿日:


12日(日本時間13日)、アナハイムで行われたエンゼルス対ブルージェイズ

の一戦は6対3でエンゼルスが勝利した。この試合ではエンゼルスの大谷翔平投

手が「1番・投手」で先発登板し、今季7勝目を挙げた。6回6奪三振3安打3

四球2失点と好投した。この日のフォーシームの最速は98.7マイル(約15

8.8キロ)を記録し、防御率は2.93となった。打撃では3打数1安打1四

球で打率は.268となった。エンゼルスはこの勝利で連敗を2で止めて勝率を

5割に戻した。


投手大谷は

投手・大谷が躍動、強打のブルージェイズ打線を封じ込めた。5点リードの4回

表1死二塁からヘルナンデスの左前適時打、グリチェックの右中間適時二塁打で

2点を失ったものの、6回で計99球(うちストライク62球)を投げて6奪三

振3四球、3安打2失点にまとめた。5試合連続のクオリティスタートと試合を

作り、6月4日(日本時間5日)の本拠地での対マリナーズ戦から自身6連勝を

飾り、2か月半もの間負けなしとなった。また、本塁打と打点のタイトルを争う

ブルージェイズ・ゲレーロJr.には初回2死から左前打を許したものの、4回表無

死二塁では空振り三振に切って取った。続く6回表1死では四球を与えたもの

の、2打数1安打1四球に抑え込んだ。

打者大谷は

バットでは初回先頭で打球速度112マイル(約180.2キロ)の左中間二塁

打を放ち、さらに2回裏1死二塁では四球を選んで1イニングで4得点の猛攻に

貢献した。この試合の結果、打撃のタイトル争いは38本塁打で大谷が両リーグ

トップのままとなった。また、84打点は現在88打点でトップのゲレーロJr.と

4点差でリーグ4位となっている。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平46号本塁打、この打点でア・リーグ史上初の記録達成!?

3日(日本時間4日)、シアトルにて行われたマリナーズ対エンゼルスの一戦は 7対3でエンゼルスが勝利した。この試合ではエンゼルスの大谷翔平投手が「1 番・DH」で先発出場、初回の第1打席でマリナーズの先 …

大谷翔平記録的四球攻め申告敬遠含む3戦11四球、大リーグ記録は?

24日(日本時間25日)、アナハイムで行われたエンゼルス対マリナーズの一 戦はマリナーズが6対5で勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷翔平投手が 「2番・DH」で先発出場し、2度の申告敬遠を含む4打 …

巨人原辰徳監督対ヤクルト2連戦合計25失点の投手陣に怒り心頭

14日、東京ドームにて行われた巨人対ヤクルトの試合はヤクルトが11対7で 勝利した。前半戦最終戦となったこの試合、前日の試合と合わせてヤクルトにい いようにされた巨人の原辰徳監督は試合後、「今日はフォ …

阪神タイガース中継ぎ陣崩壊今後の課題は?プロ野球2021年

4月2日(金)、京セラドーム大阪にて阪神タイガースは中日ドラゴンズを迎え 撃った。 先発投手の藤浪がなんとか6回1失点でしのぎ、さあ7回から阪神自慢の中継ぎ 陣の投入、とここまではよかったのだが、その …

田中将大の帰国を許してしまった低迷ヤンキースの不振の最大の原因は

今シーズンのMLBでは名門ヤンキースが苦戦を強いられている。13日(日本時 間14日)のフィリーズ戦に0対7で完敗し、今季成績は33勝32敗になっ た。14日(日本時間15日)時点でア・リーグ東地区4 …