大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平ボーク連発に納得いかず現地解説もどうしてこれが理解不能

投稿日:


11日(日本時間12日)、アリゾナにて行われたダイヤモンドバックス対エン

ゼルスの一戦は6対5でエンゼルスが勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷

翔平投手は指名打者制のない敵地でのダイヤモンドバックス戦で「2番・投手」

で先発出場した。投手としては3勝目はお預けとなったが、5回を投げて8奪三

振5安打2失点の力投をみせた。5回裏の度重なるボーク判定には納得いかない

表情を見せ、解説者も「この判定は理解できない」とした。

  

5回裏2死一、二塁の場面だった。大谷はプレートを外して二塁へ牽制の仕草を

見せたが、これがボークの判定になった。大谷は不服の表情で思わず“WHY”の

ポーズをとった。エンゼルスのマドン監督もベンチを出て抗議したが、判定は変

わらず二、三塁となった。その直後、投球動作に入る前に静止していなかったと

判断され、再びボークで失点となった。大谷は今度も首を捻る様子を見せた。  

度重なるボークに対し、エンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウエス

ト」で解説を務めた球団OBのマーク・グビザ氏は、「どうしてこれがボークな

のか私には分かりません」と異議を唱える。2つ目のボークについても、「これ

が完全な静止じゃないとどうして言えるのでしょうか。私にはこの判定は理解で

きません。2つともです。これは……」と言葉に詰まってしまった。同氏はリプ

レーを見てもやはり納得いかない様子で、「あれがボークなんてありえません。

私の意見では両方ともありえません。」と立腹の様子だった。エンゼルスは6回

裏に同点に追いつかれ、大谷の今季3勝目はお預けとなった。降板後は右翼の守

備につき、この試合では「三刀流」となった。打つ方では3回表の第2打席で

は、直前に自打球で悶絶の表情を浮かべながらも右中間適時二塁打を放った。さ

らに、7回表の第4打席では右越え二塁打を放ち、2試合ぶり今季17度目のマ

ルチ安打をマークした。試合は延長10回までもつれ込み6対5でエンゼルスが

勝利した。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

ヤンキースチャップマン人類最速左腕166km驚愕手も足も出ない

世界最速左腕として知られるメジャーリーグ、ヤンキースのアロルディス・チャ ップマン投手が投じた1球が驚愕を呼んでいる。   18日(日本時間19日)の敵地での対レンジャーズ戦の9回裏にマウンドに上 が …

大谷翔平3四球うち2度の申告敬遠で苦笑い好機で勝負してもらえず

2日(日本時間3日)にアナハイムで行われたエンゼルス対オリオールズの一戦 はエンゼルスは4対1でオリオールズに勝利した。この試合でエンゼルスの大谷 翔平投手は「2番・DH」でスタメン出場した。何度も好 …

大谷翔平45本塁打23盗塁ペースもはやMVPは投票さえ必要ない?

16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル スの一戦は8―4でアスレチックスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔 平選手は「2番・指名打者」でスタメン出場し、2回表に …

大谷翔平2021年メジャー初ホームラン二刀流投手復帰はいつ?

アメリカ・メジャーリーグで現地時間4月2日(日本時間3日)、エンゼルスの 本拠地アナハイムにて行われたエンゼルス対ホワイトソックス戦でエンゼルスの 大谷翔平選手が「2番・指名打者」で先発出場。 そして …

阪神藤浪が巨人エース菅野に泣きつく自主トレ参加で恥をかくのは誰だ  

巨人の菅野智之が20日、自主トレのためチームの後輩の中川と沖縄の伊良部島 へと旅立った。ただし、今回の自主トレはいわゆる「異例」の自主トレとなりそ うだ。と言うのも、先日契約更改を終えた記者会見の席で …