大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平今季2勝目その投球に敵将脱帽「スプリットはMLBで一番」

投稿日:


4日(日本時間5日)、アナハイムで行われたエンゼルス対マリナーズの一戦

は、エンゼルスが3対2でマリナーズを下した。この試合でエンゼルスの大谷翔

投手が「2番・投手」で先発登板。6回76球を投げて2失点を喫したもの

の、10奪三振、無四球と相手を寄せ付けない内容で今季2勝目を挙げた。

 

初回、大谷はマリナーズ先頭打者のJP・クロフォードにアーチを被弾し、出端を

くじかれる。しかし、この日の大谷はこんなことではブレることはなかった。そ

の後を3者連続三振で初回の攻撃を断ち切ると、それ以降は鋭く落ちる伝家の宝

刀スプリットと90マイル後半のフォーシームを武器に、6回を危なげなく投げ

切った。5月11日(日本時間12日)のアストロズ戦に並ぶ今季最多タイの1

0奪三振に加えて、無四球でのピッチングはメジャー挑戦後初のことであった。  

エンゼルスのジョー・マドン監督によれば、疲労が見えたために降板を余儀なく

された大谷だが、前回登板の課題でもあったコントロールが安定した内容は、今

後に向けた大きな収穫と言える。


敵将は大谷について

圧巻の投球を目の当たりにした敵将も、日本人右腕の力投に脱帽するしかなかっ

た。試合後、マリナーズのスコット・サーバイス監督は、「今日のオオタニはス

ペシャルな投球を試合で見せていた」と大谷を褒め、さらに続けた。「今日のオ

オタニが投げていたスプリットは、これ以上ないくらい素晴らしいものだった。

今夜の試合のように、彼がその球を自由自在に操ることができるならば、我々が

打ち返すのは本当に難しい。MLBで見られる球の中でもナンバーワンと言える

ぐらいに良質なものだ。速球はコール(ニューヨーク・ヤンキース)級で、スプ

リットをはじめとする変化球はビーバー(クリーブランド・インディアンス)の

それだ。」。4月26日のテキサス・レンジャーズ戦以来、約1か月ぶりとなる

白星は、大谷自身だけでなくチームも勢いづかせる価値あるものとなった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

レッドソックス澤村拓一好救援で4勝目コーラ監督がすばらしいと絶賛

28日(日本時間29日)、ボストン・フェンウェイ・パークにて行われたレッ ドソックス対ロイヤルズの一戦は、レッドソックスが6対5で勝利した。この試 合でレッドソックスの澤村拓一投手は、5―5のタイスコ …

大谷翔平、ヤンキース戦登板回避&本塁打王へ向けて懸念事項発生

8月31日(日本時間9月1日)、エンゼルスの大谷翔平投手が本拠地アナハイ ムで次回登板を予定していた対ヤンキース戦を回避することが決まった。エンゼ ルス・マドン監督が30日(日本時間31日)のヤンキー …

プロ野球2021延長なし9回打ち切り勝利の方程式が絶対か?

今季のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大予防に基づく営業時間短縮要 請に対応するため、異例ともいえる延長戦無しの9回打ち切りの特別ルールで行 われることになった。 「プロ野球2021延長なし9回 …

ダイヤモンドバックス16連敗ノーヒッター回避も正捕手ケリーは骨折

19日(日本時間20日)、チェース・フィールドで行われたダイヤモンドバッ クス対ドジャースの一戦は、9対3でドジャースが快勝した。   前日の試合で球団史上ワーストとなる15連敗を喫したダイヤモンドバ …

阪神タイガース伊藤将司開幕3勝目球団新人37年ぶり左腕は67年ぶり

8日、敵地横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で阪神タイガースドラフト2位の伊藤将司 投手が開幕から無傷の3勝目を挙げた。球団新人では1984年の池田親興以来 で37年ぶり、左腕に限って言うと1954 …