大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

大谷翔平の来シーズンについてエンゼルスGM語る、二刀流継続か?

投稿日:


4日(日本時間5日)、エンゼルスのペリー・ミナシアンGMがエンゼルスの本

拠地アナハイムのエンゼル・スタジアム内で今シーズンを総括する会見を行っ

た。ここで、開幕から投打の二刀流でフル回転した大谷翔平投手について言及

し、「アンビリーバブルな年だった。これ以上ないほどの1年だった。」と大絶

賛した。その大谷は、日本人初の本塁打王にわずか2本差で届かなかったもの

の、投手として9勝、打者として46本塁打と投打で好成績を残した。昨シーズ

ンまでは登板日前後を休養日としていたが、今シーズンはそれを撤廃した。結果

的にこのやり方が大幅な成績アップにつながったと言える。先日、マドン監督は

外野手・大谷を本格的に解禁する可能性を示唆していたが、ミナシアンGMが思

い描くプランは今シーズンと同じ起用法ということだ。「変化があるとは思わな

い。(大谷と)シーズン終盤に話をしたが、これまでの経過に満足しているよう

だった。外野でプレーするとかいうことに関しては、私はあるとは思わない。シ

ーズン終盤に非常に困窮した状態になったら、ある程度慣例から外れたことをす

るかもしれないが、今の時点では。」と語った。さらに、「今年やったのと似た

ような形になると思う。先発した翌日にライトで出たり、その翌日にレフトで出

たり、といったシナリオがあるとは思わない。今年の成り行きが良かったので、

変える必要があるとは思わない。もちろん状況によって変化する可能性はある

が、現時点では変化があるとは思わない。」と続けた。大谷は来シーズンがエン

ゼルスとの2年契約最終年となり、2023年オフにFAとなる。今オフの契約延

長についての質問に対しては、ミナシアンGMはその話題には言及せずじまい。

「私たちはショウが大好きだ。いつも周りにいる人は知っているが、いかに謙虚

で面白いか。本当に面白いんだ。彼の人間性を知っていくのは本当に楽しかっ

た。そういったことをもたらしてくれる選手は大好きだ。」と大谷の人間性を称

えた。そして、大谷を支えた水原一平通訳へ賛辞を送ることも忘れなかった。

「1年を通して素晴らしいコミュニケーションができた。ジョー(マドン監督)

やイッペイの功績も大きい。イッペイは1年を通して大きな役割を担ってきた。

信用すればいいことが起こる。私たちは彼のことを信じ、彼は私たちのことを信

じた。」と水原通訳を称えた。今シーズンのMVP級の大活躍は首脳陣との密な

コミニュケーションの賜物と言っていい。


メジャーリーグの契約とは

ただし、今シーズンの活躍が並のものではなかったこの結果を踏まえてもそれが

そのまま契約に反映されるのかと言えばそうとも言い切れないのもまた事実だ。

基本的にそのシーズン1年間の活躍で年俸が上下する日本のプロ野球の契約シス

テムとメジャーリーグのそれとは大きく異なっている。ここ最近では大物選手と

の間であればなるべく長期間の大型契約を結ぶのが通例となっているメジャーリ

ーグでは、ある程度の時間をかけて選手を判断しようとするのは必然だ。

大谷との契約は

若干20歳代前半で海を渡った大谷も、はじめはマイナー契約からスタートし他

のメジャーの選手たちと同じ道のりを歩んでおり、昨シーズンのオフにやっと年

俸調停1年目の権利を得た選手でしかない。どうしても今シーズンのとんでもな

い活躍にばかり目が行ってしまうが、まだわずか1年でしかない。大谷ほどの選

手とは言えど、チームに見極められる時間はまだまだ必要なのだ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

DeNAに阪神が同一カード3連敗、2位巨人原監督の持論通り?

27日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦はDeNAが8対3で阪神 を下した。阪神が同一カード3連敗を喫するのは今季初、DeNA相手の3連戦 3連敗は2015年以来、6年ぶりとなった。投手陣が今 …

阪神タイガース甲子園でDeNA浜口に勝てない矢野監督ファンにわびる

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。阪神は打線が振るわず今季4度目の零敗を喫した。DeNA先発・浜口 には甲子園で通算7度目の先発で無傷の5勝目を挙げられ …

大谷翔平に退団意志は無い、マドン監督「勝ちたい」だけを強調するな!

事の発端のすべてはここにあった。26日(日本時間27日)、アナハイムにて 行われたエンゼルス対マリナーズの一戦は、5対1でマリナーズが勝利した。こ の試合後の記者会見の席上で、この日先発登板を果たした …

楽天は9回痛恨の守備のミス響き今季初の同一カード3連敗その内容は

13日、楽天生命パークにて行われたプロ野球交流戦の楽天対阪神の一戦は、6 対5で阪神が勝利した。楽天は終盤に3点のビハインドを一度は追い付いたが、 競り負けて今季初の同一カード3連敗を喫した。   9 …

阪神佐藤輝明プロ初の二軍降格へワースト151三振、藤浪晋太郎も?

9日、甲子園球場で行われた阪神対ヤクルトの一戦は13対3の大差でヤクルト が勝利した。この試合、阪神は目に見えるミス(エラー)に目に見えないミスを 連発、首位のチームとは思えない体たらくで序盤からヤク …