大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

オリンピック

東京オリンピックをもう延期や中止にできない最大の理由とは?

投稿日:2021年2月23日 更新日:


 

 

それは、アメリカである。

 

そう、最大の理由は「アメリカ」。

 

まず、アメリカと言う国は、そのアスリートたちのずば抜けた競技力、演技力で

これまでのオリンピックの主役を務めてきた。

これには、そのパフォーマンスによって全世界の目がオリンピックに注がれるこ

とへの貢献度も含まれている。

 

そして、言わずもがなその経済力のすごさ。

 

今ではもはやオリンピックというイベントが世界中のアスリートたちがしのぎを

削る純粋なスポーツイベントの場であると同時に、商業主義の場と化しているこ

とは誰もがわかっていることだ。

 

その最大のスポンサーがアメリカの大企業群であり、アメリカそのものなのだ。

 

昨年2020年には、かつてはアメリカでも新型コロナウィルスの感染拡大の影

響を受けてスポーツ競技連盟の中でも東京オリンピックを延期するべきとの声が

上がったことがあった。

 

そのお隣のカナダでも、もし予定通りに東京でオリンピックが開催されたとして

も自国の選手を派遣することはしないと表明していた。

 

アメリカ同様に急速な新型コロナの感染拡大の脅威にさらされていたヨーロッパ

の国々でも同じような風潮が広がっていたのだ。

  

しかしアメリカをはじめ、先のカナダなどでも2021年の東京オリンピックが

開催されることを前提にしてその準備を進めているのが現状だ。

 

もちろん、これには昨今のスポーツ界の変化の表れも大きく影響している。

 

この要因のひとつとして、ワクチンの接種が徐々にではあるが広がりを見せてき

ていることがあげられる。

 

もちろん、感染してしまえばワクチンと言えどそれをすべて防ぎきれる薬とは言

えず、さらに効果がどれほどのものであるのか、副作用があるのかないのか、あ

ったとしてもそれがどのようなものであるのか、どの程度のものであるのかなど

未だにはっきりとはわかっていない。

 

それでも私たちにはワクチンが「ある」のと「ない」のとでは全然安心感が違う

ものだ。

 

これはスポーツ界にも同じことが言える。

 

これらの動きが東京オリンピック推進派の大きな後押しとなっているのだ。

 

 

アメリカが本気になっている。

 

東京オリンピックの中止や延期といった選択肢はもはや消滅したも同然なのだ。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-オリンピック

執筆者:

関連記事

IOCバッハ会長東京オリンピック開催へ改めて自信をみせる根拠は何か

27日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、約200 カ国および地域の選手を対象にオンラインで開かれたIOCアスリート委員会主催 のフォーラムに参加し、今夏の東京オリピックの開催 …

IOCバッハ会長「我々は犠牲を払わなければ」発言の犠牲者は誰

日本で国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に反発の声が上 がっている。   22日、今年夏の東京オリンピック大会の開催を巡り、バッハ会長は国際ホッケ ー連盟(FIH)のオンライン総会 …

東京オリンピック開会式、女性ブタ演出問題の世界への波紋は?

    東京オリンピックの開会式、閉会式の責任者で総合統括のクリエーティブディレ クターの佐々木宏氏がオリンピックの開会式でタレントの渡辺直美さんの容姿を 侮辱するような演出を提案していたことについて …

北朝鮮東京オリンピック不参加を表明真の目的は?韓国はどうする?

6日、北朝鮮は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から自国の 選手を守るという名目で2021年夏の東京オリンピックへの不参加を表明し た。北朝鮮が夏季オリンピックに参加しないのは、東西冷戦 …

東京オリンピックの延期や中止になぜ強いこだわりを感じるのか

  東京オリンピックでは野球競技が行われるとあって 野球ファンとしては特別な思いを抱いている方々も多いと思う。 これが次回、2024年のパリオリンピックでは行われないとあって 今回の東京オリンピックの …