大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

オリックス新外国人投手スパークマン獲得発表福良GM先発での考え

投稿日:


オリックスは新外国人投手としてメジャーリーグ、前ツインズ傘下3Aのグレ

ン・スパークマン投手を獲得したと発表した。スパークマンは29歳、188セ

ンチ、98キロの右腕。平均150キロを超えるストレート、鋭く変化するスラ

イダーが武器。背番号は56に決まった 。年俸は3500万円プラス出来高(金

額は推定)となっている。ブルージェイズ時代の2017年にメジャーデビュ

ー。ロイヤルズに在籍した2019年にはローテーション投手として23試合に

先発し、同年の7月16日のホワイトソックス戦では完封勝利も挙げるなど4勝

11敗の成績を残した。今季はツインズ傘下3A・セインツに在籍し、リリーフ

として2試合に登板し、0勝0敗、防御率3・00の成績となっている。3イニ

ングを投げ被安打2、6奪三振を記録した。オリックスの外国人はアダム・ジョ

ーンズ外野手、スティーブン・モヤ外野手、ステフェン・ロメロ外野手、タイラ

ー・ヒギンス投手が在籍中だ。5月下旬にブランドン・ディクソン投手がコロナ

禍のため来日未定となり契約を解除した。オリックスの福良淳一GMは、「ディ

クソンがああいう形になったので一人は投手を獲得したいというのはあった。今

はうまくまわっているけれど、これから先どうなるか分からないので、この時期

の獲得となった。まっすぐとスライダーの投手。以前はカーブも投げていた。そ

ういうボールも使っていけば。メジャーでも先発としてまわっていたし。一応、

先発で考えています。後半戦からいってくれたら。」とスパークマン投手獲得の

経緯を説明した。6月24日現在でパ・リーグ単独首位のオリックスとしては、

積極的な補強によって首位固めといきたいところである。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

巨人岡本和真大活躍で今季初8連勝本塁打2発6打点で試合後何を語る

29日、東京ドームにて行われた巨人対広島の一戦は巨人が11対8で勝利し た。この試合で巨人の主砲・岡本和真内野手が24歳最後となったこの日、2本 の本塁打を含む3安打6打点と大暴れ。チームに昨年9月の …

プロ野球FA宣言に異状あり、宣言せずに残留を選手が選ぶ理由はコレ

プロ野球のFA(フリーエージェント)市場でちょっとした異変が起きている。 今年2021年度の国内および海外FA権のを持つ選手は合計97人となってい る。その中で、12月8日の公示によれば、FA宣言を行 …

田中将大が抜けたヤンキース先発陣崩壊状態に地元紙酷評どんな報道?

6月も半ばとなった現在、メジャーリーグの名門球団ヤンキースが苦しんでい る。13日(日本時間14日)の敵地フィリーズ戦では0対7で完敗を喫した。 9回制の試合で今季2度目の零封負けを喫してこれで3連敗 …

プロ野球ワクチン接種者優先観戦、ただそれだけでは終わらない理由

日本のプロ野球、およびサッカーのJリーグによる新型コロナウイルス感染対策 連絡会議がオンラインにて行われ、ワクチンの接種を2回受けた人や検査で陰性 が証明された人の観戦を優先的に認める制度の導入を目指 …

プロ野球交流戦巨人投壊でソフトバンク戦14連敗この2試合の内容は

29日、ペイペイドームで行われたプロ野球交流戦ソフトバンク対巨人戦は8対 3でソフトバンクが勝利した。   この試合、巨人は投手陣が5本の本塁打を浴びて逆転負けを喫し、2019年交 流戦から日本シリー …