大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

レッドソックス澤村拓一近年の傾向によるポストシーズン登録外のナゼ

投稿日:


レッドソックスがヤンキースを下したワイルドカードに続き、レイズと対戦する

地区シリーズでも澤村拓一投手を出場選手登録から外すと発表した。澤村は、今

シーズンは全55試合に登板し5勝1敗、防御率3.06の成績を残している。

メジャー1年目から存在感を示した澤村をメンバーから外した背景には何があっ

たのか。


近年のポストシーズンの傾向によるもの

レッドソックス内のチーム事情次第とは言えるのだが、近年のポストシーズンで

は早期の投手交代を含め、公式戦とは異なる戦術を用いることが多くなってい

る。レッドソックスからは何ら伝わってきてはいないのであるが、5試合制のポ

ストシーズンでは先発投手を3人で回すことで、いわゆる「ダブル先発」に近い

継投を想定していると思われ、その結果澤村が外れたものと見られる。先発投手

に6回から7回を任せる(そこまで投げてほしいというベンチの思惑もある)公

式戦と違い、ポストシーズンのような短期決戦では3回から4回あたりで継投に

移ることは珍しくない。これには、投げる投手の方も自身の勝ち星などはここで

は特に関係が無いといったことも理由の一つに挙げられる。ここ最近は打順の3

巡目に先発投手の被打率が上昇するといったデータもあって、リードされると惜

しみなく救援陣をつぎ込んでいくのが当たり前のようになってきている。特に今

シーズンのレッドソックスの先発投手陣を見てみると、絶対的なエースが不在と

なっており、左腕セールも故障明けとあって長い回を投げることは期待できそう

もない。レイズとの第1戦で先発ロドリゲスを2回途中であっさりとあきらめ、

後の3番手投手として、レギュラーシーズンの先発陣の一角を担ってきたピベッ

タを起用したように「1試合に先発2人」を注ぎ込む覚悟で複数回の登板が可能

なペレス、リチャーズらの先発経験者を登録した可能性は高いのだ。かつてドジ

ャースに在籍していたころの前田健太が公式戦の終盤になって、ポストシーズン

に備えて救援に配置転換されたことがあったが、このように先発陣を救援として

起用するのは近年の傾向となっている。ただ、ポストシーズンを勝ち抜いた後の

7試合制のリーグ優勝決定戦、ワールドシリーズまで進めば先発4人となる見込

みとなっており、こうなると澤村が登録される可能性もありそうだ。何とかレッ

ドソックスにはそこまで勝ち抜いていってもらいたい。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース及川初勝利これで日曜日9連勝デーゲーム16連勝

     阪神梅野決勝の2点本塁打を放ってベンチに迎えられる 30日、メットライフドームにて行われたプロ野球交流戦西武対阪神の一戦は、阪神が9対8で西武を下した。阪神が28日の西武との1戦目に続くシー …

阪神タイガース首位陥落にファンの声、その要因はやっぱりコレだった

29日、マツダスタジアムにて行われた広島対阪神の一戦は、5対0で広島が阪 神を下して3連戦3連勝とした。なお、2位の巨人、3位のヤクルトはそれぞれ 勝利をおさめた。これにより、首位に居た阪神はゲーム差 …

阪神タイガース伊藤将司開幕3勝目球団新人37年ぶり左腕は67年ぶり

8日、敵地横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で阪神タイガースドラフト2位の伊藤将司 投手が開幕から無傷の3勝目を挙げた。球団新人では1984年の池田親興以来 で37年ぶり、左腕に限って言うと1954 …

ドジャース筒香が初の4番起用でタイムリー、ロバーツ監督のコメント

19日(日本時間20日)、ドジャースタジアムで行われたドジャース対ダイヤ モンドバックスの一戦は、4対2でドジャースが勝利した。   この試合で、ドジャースの筒香嘉智外野手が初となる「4番左翼」で2試 …

オリックス24年ぶり10連勝単独首位決勝打杉本「雰囲気がいい」

22日、京セラドーム大阪にて行われたオリックス対日本ハムの一戦は5対2で オリックスが勝利した。これでオリックスは10連勝、首位の座をキープした。   この試合で先発したオリックス・山岡が初回1死一塁 …