大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

澤村拓一1イニング三者凡退に抑える好リリーフでレッドソックス快勝 

投稿日:


19日(日本時間20日)、カウフマン・スタジアムで行われたレッドソックス

対ロイヤルズの一戦は、7対1でレッドソックスが快勝した。レッドソックスは

1対1の同点で迎えた5回表に、J・D・マルティネスの14号2ランなどで4点

を奪い勝ち越しに成功。9回表には新人ボビー・ダルベックがダメ押しとなる9

号2ランを放ち、ロイヤルズを突き放した。レッドソックス先発のマーティン・

ペレスは5回3安打1失点の好投で今季5勝目(4敗)をマークした。ロイヤル

ズ先発のブラッド・ケラーは4回まで1失点に抑えていたものの、5回表に崩

れ、5回5安打5失点で今季7敗目(6勝)を喫した。

 

まず、初回にザンダー・ボガーツのタイムリーで先制したレッドソックスは、同

点の5回表にダルベックが勝ち越しタイムリー三塁打を放つ。ダニー・サンタナ

の内野ゴロの間にダルベックが生還してリードを広げ、さらに一死1塁からマル

ティネスに14号2ランが飛び出した。2018年からレッドソックスに加わっ

たマルティネスにとって、この一発がレッドソックスで放った通算100本目の

アーチとなった。100本塁打以上かつOPS.900以上は球団史上8人目の快

挙となった。


澤村拓一のピッチング内容

レッドソックスの澤村拓一は4点リードの8回裏に3番手投手として登板した。

今日は速球主体のピッチングを展開し、ロイヤルズのカルロス・サンタナを5球

目の速球でセカンドゴロ、サルバドール・ペレスを5球目の速球で空振り三振、

ホルヘ・ソレアーを5球目の速球でショートゴロに打ち取り、1イニングを三者

凡退に抑える好リリーフを見せた。今季の防御率は2.96から2.86へと向

上している。今や勝ちパターンには欠かせない存在となっている。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

巨人原監督奇策で阪神に勝利一時球場騒然内容を審判はどう説明した?

20日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は2対1で巨人が勝利した。こ の試合で巨人の原監督が七回裏の阪神の攻撃で、打席途中に投手を交代する「奇 策」を繰り出し、交代のタイミングを巡って審判と状況を …

大谷翔平45本塁打23盗塁ペースもはやMVPは投票さえ必要ない?

16日(日本時間17日)、オークランドで行われたアスレチックス対エンゼル スの一戦は8―4でアスレチックスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔 平選手は「2番・指名打者」でスタメン出場し、2回表に …

阪神タイガース佐藤輝明2打席連続適時打横浜スタジアムの新名物とは

8日、横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で阪神タイガースのドラフト1位 佐藤輝明が2打席連続適時打。4番の役割を十分に果たした。   両チーム無得点で迎えた4回表、2死三塁の場面では先制適時打。0ボ …

阪神対巨人戦コールドゲームに苦言と困惑、プロ野球2021年

4月6日、甲子園球場で行われた阪神対巨人戦は6対2の結果に終わった。 試合は序盤から雨中での戦いとなり、幾度かのグランド整備を挟みながらとな り、最終的には7回裏の阪神の攻撃が終了した時点でコールドゲ …

大谷翔平42号ソロ、右手首投球直撃で1日の登板回避次の登板はいつ

30日(日本時間31日)、アナハイムにて行われたエンゼルス対ヤンキースの 一戦はエンゼルスが8対7でヤンキースに勝利した。エンゼルスはこれで連勝と なり、借金を2へと戻した。この試合で、エンゼルスの大 …