大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

選抜高校野球、優勝は大阪桐蔭、智弁学園、しかし本当の候補とは?

投稿日:


 

 

3月19日に選抜高校野球が開幕する。

昨年は、春の選抜大会、そして夏の地方大会、続く全国選手権大会も新型コロナ

ウイルスの感染拡大によって中止が余儀なくされており、それだけに球春を待ち

わびるファンも多かろう。

 

さて、出場32校の中で優勝候補の筆頭と見られているのが大阪桐蔭だ。

 

2018年の春夏制覇を果たしたときのチームも史上最強と言われていたチーム

であったが、今年のチームもそのときのチームに引けを取らない最強チームとの

呼び声が高い。

特に、松浦慶斗、関戸康介の最速150キロを超える本格派2人を擁する投手陣

は出場32校の中で間違いなくナンバーワンと言ってよかろう。

間違いなく優勝候補の筆頭だ。

 

そして、優勝候補の2番手として名前が挙がってくるのが奈良の智弁学園だ。

 

この智弁学園であるが、1年生のときから打線の中軸を担う前川右京と、昨年秋

の近畿大会の4試合で15打数10安打2本塁打と打ちまくった山下陽輔の2人

は大会屈指の強打者といわれており、打線の迫力は大阪桐蔭にも引けを取らない

ものだ。

 

しかし、2月23日に行われた組み合わせ抽選会の結果によって、大阪桐蔭、智

弁学園は初戦でいきなり対戦することになってしまった。

この両校は前年の近畿大会の決勝で対戦しており、その試合では智弁学園が7対

3で大阪桐蔭を退けている。

 

ただ、大阪桐蔭は西谷浩一監督になってから春夏の甲子園の初戦では16戦16

回全勝と圧倒的な強さを誇っている。

やはりここは大阪桐蔭が順当に勝ち上がるものと思われる。

 

しかし、優勝候補の3番手として名前が挙がり、大阪桐蔭、智弁学園両校にとっ

て初戦の相手以上に難敵になることが予想されるのが市立和歌山だ。

大阪桐蔭、智弁学園が順当に勝ち進んでいけば、この市立和歌山と当たることに

なる可能性がある。

 

市立和歌山といえば、今大会ナンバーワン投手の呼び声が高い小園健太投手が中

心のチームだ。

 

昨年秋の近畿大会では東播磨(兵庫)との対戦では1失点完投勝利、そして和歌

山県大会の再戦となった智弁和歌山との対戦では4安打完封勝ちと圧巻のピッチ

ングであった。

 

準決勝の智弁学園戦では先発した他の投手が打ち込まれて敗れたとはいえ小園健

太自身はリリーフで4回を投げて被安打1、四死球0、無失点と智弁学園の強力打線を完璧に抑え込んだ。相手が仮に大阪桐蔭となってもなかなか打ち崩せる相

手ではない。

 

ただし、甲子園で優勝までの5試合をたった1人の 投手で賄うのは現実的では

ない。どうしても最低もう1人は欲しいところである。

実際のところ、昨年秋の近畿大会準決勝の智弁学園戦では他の投手の先発となっ

ている。そして結果的に打ち込まれて敗戦となった。

やはりいくら小園健太が素晴らしい投手だといっても彼だけに頼ってしまいがち

なチーム状態がマイナス面として働いてしまう面は否めないところだ。

 

やはり、ここでも大阪桐蔭、あるいは智弁学園の方が勝ち進んでいくと思われる

のだ。

 

 

以上、3校を挙げてみたが残念ながらすべて決勝までの同じゾーンに入ってしま

った。ここは反対側のゾーンからも1校挙げなければならない。

 

 

その1校としては、高知の明徳義塾を挙げたい。

確かに下馬評は低いものではあるのだが、甲子園の常連校だけあって本大会に来

ればその勝ち方も熟知しており事前の評価はそのまま当てはまらないことが常

だ。

前年の四国大会でも優勝しており、そのチーム力は前述の3校と比べてみても何

ら引けを取らないものだ。

 

この明徳義塾も優勝候補の一角として挙げておきたい。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平2戦連続無安打9戦ノーアーチ本塁打争いのライバルは?

20日(日本時間21日)、アナハイムで行われたエンゼルス対アストロズの一 戦はアストロズが10対0で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は 「3番・指名打者」で先発出場し、4打数無安打で2試合 …

筒香嘉智逆転サヨナラ3ラン、ツ・ツ・ツギョー!打球はどこへ消えた 

29日(日本時間30日)、ピッツバーグで行われたパイレーツ対カージナルス  の一戦は、パイレーツが4対3でサヨナラ勝ちをおさめた。この試合で、パイレ ーツの筒香嘉智が「6番・右翼」でスタメン出場し、9 …

エンゼルスGM来シーズンのローテ再編明言、FAで狙う大物投手とは誰?

4日(日本時間5日)、エンゼルスのペリー・ミナシアンGMは今シーズンの総 括について会見を行い、今オフの補強について「常に投手優先であることに変わ りはない。質だけでなく層の厚さも必要だ。」と、ピッチ …

レッズ秋山翔吾代打で二塁打6月は打率3割5分7厘ベル監督も賞賛

13日(日本時間14日)、シンシナティで行われたレッズ対ロッキーズの一戦 は、6対2でレッズが勝利した。この試合でレッズの秋山翔吾外野手は7回裏に 代打で登場した。そして、この打席で右越え二塁打を放ち …

大谷翔平日本人初球宴本塁打競争出場決定投手の出場はメジャー史上初

18日(日本時間19日)、エンゼルスの大谷翔平投手がオールスターのホーム ランダービーに日本人として初めて出場することを表明した。自身のインスタグ ラムを更新し、7月12日(日本時間13日)の球宴前夜 …