大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

選抜高校野球2021の出場選考で連合チーム他の基準の元とは何か

投稿日:2021年1月31日 更新日:


 

 

いよいよ球春。

選抜高校野球が3月19日から13日間、阪神甲子園球場にて開催される。

去年は無念の中止となって球児たちは悔しい思いをし、

われわれもさびしい思いをした。

それだけに、今度こそはぜひ大成功を収めてほしいものである。

 

ところで、

「21世紀枠」での選出の候補に名前が挙がっていた

春夏通じて史上初となる連合でのチームとしての選出が期待されていた

富山県の富山北部・水橋高校は今回は選出を逃した。

ただ、実際のところ最後の最後まで選出されるギリギリのところまで

その名前が残っておりほんとうに惜しくも出場を逃したと言える。

 

さて、いわゆる連合チームというのは

さまざまな理由から野球部員が9人に満たない高校が連合という形式をとり

高校野球の公式戦に出場できるようにしたもの。

つまり、そのほとんどが

弱い。

公式戦などでの対戦で、トーナメント表にもとづいて試合がすすめられるとき

相手チームにすれば次の対戦相手が連合チームとなれば

正直「この試合はもらった」となる。

連合チームの方もどこまでモチベーチョンを上げていけるだろうか。

 

ここで、「21世紀枠」以外の選考においても

そもそもこの出場高校を選抜する基準と言うのも

何ともあいまいなものであると言わざるを得ない。

世間一般に何か物事を決めるときにその基準となるものが周囲からは

よくわからないときに「密室での決定」みたいな表現を使うことがあるが、

まさにその典型といえるだろう。

 

最終的に、あと1枠を2つの高校から選出しなければいけないとなったとき

後から「両校を比較して投手力がこうで攻撃力がああだから最終的にこちらの

高校に決定しました」などという発表をよく聞くが

実際のところ、その2つの高校は直接の対戦もしていなかったり

さらに、

大変失礼な言い方で申し訳ないのだが、

「選出の基準として利用される存在」としての

その2つの高校と直接対戦したことがある「別の2つの高校」同志も

対戦が無かったりすることがある。

「別の2つの高校」が同じ1つの学校であるならまだ比較もしやすいのだろうが

こうなってくるとますますその選考の基準と言うのがわからなくなってくる。

 

まあ、今回の選抜高校野球大会において富山北部・水橋高校は出場を

逃してしまったのだけれど、

ここまで選考ライン上に残っていたということが全国の連合チームに

どれほどの勇気を与えたことだろう。

連合チームに対する周囲の見方を大きく変えたことは紛れもない事実だ。

 

そして、最後に。

 

夏がある。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

阪神タイガース藤浪晋太郎7四死球の大乱調で今季初黒星2軍降格か?

24日、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手の出場選手登録を抹消した。これは、 前日23日の甲子園球場での対DeNA戦での大乱調によるもの。この試合で先発 した藤浪は、4回0/3を2安打4失点(自責点3)。 …

オリックス11年ぶり2度目交流戦優勝、日替わり打順日替わり継投で

12日、京セラドーム大阪で行われたセ・パ交流戦オリックス対広島戦はオリッ クスが3対2で広島を下し、今年の交流戦の優勝を決めた。これでオリックス は、2010年以来11年ぶりとなる2度目の交流戦優勝と …

巨人原辰徳監督対ヤクルト2連戦合計25失点の投手陣に怒り心頭

14日、東京ドームにて行われた巨人対ヤクルトの試合はヤクルトが11対7で 勝利した。前半戦最終戦となったこの試合、前日の試合と合わせてヤクルトにい いようにされた巨人の原辰徳監督は試合後、「今日はフォ …

DeNA三浦監督横浜スタジアムを明け渡し長期ロード突入に何を語る

プロ野球セ・パ交流戦も終わり、いよいよセ・リーグ、パ・リーグそれぞれのシ ーズンが再開される。その交流戦で球団最高タイとなる3位の好成績を残したD eNAは、東京オリンピックの野球とソフトボールでメイ …

阪神対巨人戦コールドゲームに苦言と困惑、プロ野球2021年

4月6日、甲子園球場で行われた阪神対巨人戦は6対2の結果に終わった。 試合は序盤から雨中での戦いとなり、幾度かのグランド整備を挟みながらとな り、最終的には7回裏の阪神の攻撃が終了した時点でコールドゲ …