大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

ソフトバンク11度目1点差負け月間チーム打率12球団最低2割7厘

投稿日:


26日、楽天生命パークで行われた楽天対ソフトバンクの一戦は楽天が3対2で

勝利した。

 

打てないソフトバンク、この日は楽天に競り負けとなった。ソフトバンクは栗原

の右越え9号ソロで1点差にまで詰め寄ったが、散発の5安打では苦しい。1点

差負けは今季11度目で、6月だけでも5度目になった。打線が接戦であと1本

を出せない場面が目立つ。6月の負け越しも決まった。6月のチーム打率は12

球団で最低の.207と低迷が続いている。2対3と1点ビハインドの9回2死

一、三塁だった。体の張りで今季初めてスタメンを外れ、途中出場した中村晃が

空振り三振に倒れてゲームセット。仙台まで駆けつけたファンからは深いため息

が漏れた。ソフトバンク・工藤監督は、「敗戦の責任は将にあり。それは僕自身

にあると思っている。我慢しないといけない時は我慢しないといけない。」と全

ての責任を背負った。

 

相手のアクシデントにつけ込めなかった。初回、プロ初先発の楽天・高田が真砂

に危険球を投じわずか投球数16球での退場となった。緊急登板となった西口を

攻めたい打線は1対3の4回表に、栗原が「浮いてきたボールに対応し、捉える

ことができた」と9号ソロを放った。これで1点差に詰め寄ったが、西口から放

った安打はわずかにこの1本だけだった。結局この西口にプロ初勝利を献上する

結果となった。この日は打線にテコ入れすべく、22歳の佐藤をプロ初スタメン

に抜てきした。また1番打者には同じく22歳の三森を8試合連続で据えた。2

4歳の谷川原も3試合ぶりに先発起用された。しかし、期待の若鷹3人で安打は

8回に三森が放った1本のみだった。工藤監督は、「若い子を出して打てないの

は、こちらに責任がある」と彼らをかばった。矛先は経験豊富な中堅、ベテラン

陣に向く。今季は柳田、栗原が中軸として打線を引っ張る形となっている。工藤

監督は、「栗(原)に全てを背負わすのはどうなのかなと。今までレギュラーだ

った人間が背負っていかないといけない部分はある。」と語った。打率.250

を下回る松田、中村晃、甲斐の奮起なくしてこれからの上昇は望むべくもない。 

貧打は数字にも表れている。26日現在で、6月の月間打率.207は12球団

ワーストだ。4月の.262、5月の.271から急降下した。同じく12球団

最低打率に沈んだ交流戦(5月25日から6月13日)でさえ.233は打って

いた。現在はそれよりも下がってしまっている。ちなみに、6月のチーム打率1

位はDeNAの.298、パ・リーグで最も良い楽天が12球団で3位の.262

となっている。11位の日本ハムでさえ.238なのだ。これだけを見てもソフ

トバンクの不振は明らかだ。現在負傷離脱中のグラシアル、デスパイネの穴が埋

まらず、打線の下降が続く。連日の5安打で2連敗の内容に工藤監督は、「ケガ

人が、という言い訳はできない。この中でベストを尽くしてやっていかなきゃい

けない。」と話す。まだまだ苦悩の日々は続く模様だ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

2022年プロ野球開幕セ・リーグDeNAベイスターズのスタメンは

三浦大輔監督が就任して2年目を迎える今シーズンのDeNAは、本拠地・横浜 スタジアムに広島を迎え撃ち開幕する。昨シーズンは開幕後11戦を消化した時 点で8敗3引き分けと勝利が無く大きく出遅れてしまい、 …

阪神タイガース3連勝佐藤4番で逆転満塁弾ガンケル開幕5連勝

2日、本拠地甲子園球場で広島と対戦した阪神タイガースは、7対3で勝利し た。阪神先発のガンケル投手は5回7安打3失点の成績。毎回ランナーを背負う 苦しい投球が続き、決して調子がいいとはいえない内容では …

DeNA国吉佑樹とロッテ有吉優樹の交換トレードが成立どんな投手?

14日、DeNA・国吉佑樹投手とロッテ・有吉優樹投手の交換トレードが決ま り、両球団から発表された。 国吉佑樹投手はどんな投手 大阪府出身の国吉は29歳。秀岳館(熊本)から2009年育成ドラフト1位で …

オリックス24年ぶり10連勝単独首位決勝打杉本「雰囲気がいい」

22日、京セラドーム大阪にて行われたオリックス対日本ハムの一戦は5対2で オリックスが勝利した。これでオリックスは10連勝、首位の座をキープした。   この試合で先発したオリックス・山岡が初回1死一塁 …

阪神タイガース藤浪晋太郎7四死球の大乱調で今季初黒星2軍降格か?

24日、阪神タイガースは藤浪晋太郎投手の出場選手登録を抹消した。これは、 前日23日の甲子園球場での対DeNA戦での大乱調によるもの。この試合で先発 した藤浪は、4回0/3を2安打4失点(自責点3)。 …