大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

ソフトバンク12球団最多引き分け今季すでに14度目工藤監督何を語る

投稿日:


23日、ZOZOマリンで行われたロッテ対ソフトバンクの一戦は1対1の引き分

けに終わった。今季のソフトバンクは負けないけど勝ち切れないといった煮え切

らない状況が続いている。この試合、ソフトバンクは同点で迎えた8回1死満塁

の絶好機を生かせず、今季14度目となる引き分け。9回打ち切りの特別ルール

で全体的に引き分けに終わる試合の多い今季だが、全12球団で単独最多の引き

分け数となった。この8回表はロッテの3番手佐々木を攻め、2本の内野安打と

四球で作ったチャンスだった。しかも3番柳田、4番栗原へと続く好打順だ。勝

ち越しの期待はふくらんだ。だが、柳田は力のない投ゴロ。栗原も二塁正面のゴ

ロに倒れて無得点に終わった。この日最大の得点機を逃し、3週間ぶりの連勝を

つかみ切れなかった。この前日は8試合ぶりに勝利を挙げて機能した新打線だっ

たが、ロッテ先発の鈴木らにも苦戦して得点は松田のソロ本塁打による1点だけ

に終わった。試合後のソフトバンクの工藤公康監督は、「まあね。打てるときも

あるし、打てないときもあるし、本人も相当悔しそうにしていましたしね。そう

いうのが必ず結果になって表れるときが来る。自分に怒りがこみ上げてきたとし

ても、グッとこらえて。この怒りを必ず爆発できるときがあるのでね。」とコメ

ントした。そして、好機を生かせなかった主軸2人の心中も思いやった。いまだ

に月間4勝と勢いに乗れない6月は、まだ6試合を残したところですでに月別最

多6度目の引き分けとなった。工藤監督は、「上にいればそれがプラスに働く、

下にいればマイナスに働く。プラスにとらえてやっていくことが何より大事。決

して負けではないのでね。絶対に先々、あの引き分けが大きかったということに

なると思うので。そう信じてやっていきたい。」と前向きにとらえていた。24

日の3戦目は心地よく勝って、3カードぶりの勝ち越しを決めたいところであ

る。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

筒香嘉智ドジャースへレイズより金銭トレードで獲得のその理由は

ドジャースはレイズを戦力外になった筒香嘉智選手を獲得したことを発表した。 レイズは11日に筒香を40人枠から外してウェーバー手続きに入っているとこ ろだったが、ドジャースからの働きかけで金銭トレードが …

大谷翔平「30-30」の現実味8本塁打6盗塁はアリーグ何位?

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平が、5月2日(日本時間3日)に行われた シアトル・マリナーズ戦で、メジャーでは4年目で自身初となる1試合2盗塁を 記録した。これで、今季の盗塁数をアメリカン・リーグ3 …

ツインズ前田健太投手4年ぶりワインドアップ投法その理由とは何 ?

14日(日本時間15日)、ツインズの前田健太投手がシアトルでのマリナーズ 戦で今季10度目の先発で登板した。右内転筋の張りで負傷者リストしていたた め、5月22日以来で23日ぶりの登板となった。この試 …

ダルビッシュ有復活で8勝目、大谷翔平との初対決はどちらの勝ち?

8日(日本時間9日)、サンディエゴにて行われたパドレス対エンゼルスの一戦 は、8対5でパドレスが勝利した。この試合で、パドレスのダルビッシュ有投手 が先発登板、6回3安打1失点1四球7奪三振の好投で今 …

阪神スアレス退団で来季守護神はケラーで決まり?まだ候補は2人いる

阪神の守護神として活躍、2年連続最多セーブに輝いたロベルト・スアレス投手 が今シーズン限りで退団することが決まった。今シーズンは62試合に登板で1 勝1敗42セーブ、防御率1.16。阪神球団の外国人投 …