大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

菅野智之投手が巨人からメジャーリーグへの移籍ができない3大要因

投稿日:2021年1月30日 更新日:


 

 

菅野智之投手がメジャーリーグへの移籍を断念した。

まあ、ジャイアンツファンにとってはこの上ない朗報であろう。

その他のチーム(この場合特にセリーグのチームということになろうかとは思う

が)のファンにとってみれば少々、いや、かなりの痛手ではある。

できればさっさとメジャーに行ってほしかったなあ、というのが本音であろう。

名実ともに今や球界最高の投手であることには異論が無かろう。

いや、中日ドラゴンズには大野雄大投手がいるぞ、

ソフトバンクホークスには千賀滉大投手がいるぞ、

そして何より楽天ゴールデンイーグルスには田中将大投手が復帰したぞ、

といった声が聞こえてきそうだけれど、

だからといって菅野投手の実績が色あせることはないのである。

 

ではなぜメジャーリーグへの移籍ができない、

メジャーリーグへ行かないのか、それはなぜなのか探ってみよう。

 


契約金

日本のプロ野球界もしかり、

この新型コロナ騒動でメジャーリーグも金がない。

田中将大投手がヤンキースから楽天へ復帰移籍したのも

さすがの金満球団ヤンキースであってもいくらでも金が出せるわけではない

ことも大きな要因だったことは否めない事実である。

ある意味、この事実があったからこそ

楽天は田中将大投手を獲得することができたともいえるのだ。

メジャーリーグに行くのであればそれなりの待遇を求めるのは当然だ。

そして、メジャーリーグ側もそれに満足に応えることができない状況に

あると言える。

 

新型コロナ

2020年初頭から始まったこの騒動、まだまだ収まる気配は感じられない。

と言うよりもさらに酷い状況に陥りつつあるといっても過言ではあるまい。

昨今の報道からも分かる通り、

アメリカの状況は相当ひどいものである。

ただここで言いたいのは感染が恐ろしいとかそういったことではない。

新型コロナに対するアメリカの人たちのアジア系の人への偏見だ。

菅野投手は一応メジャーリーグのピッチャーとなるのだから特別待遇、

つまり、安全上は大丈夫では。

もちろんそれはアリだろう。

でもまさか移籍する選手がたった一人で単身渡米するわけではないのだ。

たくさんの関係者もいっしょである。

その関係者の方々も特別に、安全に扱ってもらえるのかと言ったら

何の保証もない。

ただでさえ今のアメリカは分断社会と言われている。

他所の国からパッとやってきた人間にとって決して住みやすい環境とは

言えないのである。

 

結局、そこまでのこともない

つまり、そうまでしても行きたいんだ、ということもないということ。

実際のところ、今がラストチャンスというわけでもないのだ。

時間がたつほど、年数がたつほどからだの衰えが来て条件が悪くなると

いわれているが

取り巻く環境は好転する可能性は大きい。

本人がどうしても行きたいのであれば

チャンスはまだまだ残されていると言えるのである。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平日本人初球宴本塁打競争出場決定投手の出場はメジャー史上初

18日(日本時間19日)、エンゼルスの大谷翔平投手がオールスターのホーム ランダービーに日本人として初めて出場することを表明した。自身のインスタグ ラムを更新し、7月12日(日本時間13日)の球宴前夜 …

阪神タイガース佐藤輝明2打席連続適時打横浜スタジアムの新名物とは

8日、横浜スタジアムで行われた対DeNA戦で阪神タイガースのドラフト1位 佐藤輝明が2打席連続適時打。4番の役割を十分に果たした。   両チーム無得点で迎えた4回表、2死三塁の場面では先制適時打。0ボ …

メッツデグロムの故障原因は二刀流?エンゼルス大谷翔平は大丈夫か

今シーズンのメジャーリーグにおいて、エンゼルスの大谷翔平の存在感は現地ア メリカでもすさまじいものだと言える。実際、投打二刀流において十分すぎるほ どの活躍を見せている。しかし、ことピッチングに限定す …

レッドソックス澤村拓一好救援で4勝目コーラ監督がすばらしいと絶賛

28日(日本時間29日)、ボストン・フェンウェイ・パークにて行われたレッ ドソックス対ロイヤルズの一戦は、レッドソックスが6対5で勝利した。この試 合でレッドソックスの澤村拓一投手は、5―5のタイスコ …

DeNAオースティン2安打3打点打率.332セ・リーグトップ浮上

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。この試合で、DeNAのオースティンは初回先制の16号2ランを含む 2安打3打点の活躍を見せチームを勝利に導くと同時に、 …