大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神タイガース両リーグ最速20勝到達秋山好投打線はどうだった?

投稿日:


4月30日、阪神タイガースが本拠地甲子園球場に広島カープを迎え撃ち、4対

2で勝利して首位の座をガッチリキープした。

 

この試合、初回から阪神打線が牙をむいた。

1回裏、サンズの先制タイムリーヒットが飛び出す。昨年、驚異の得点圏打率を

誇り、この程度は当たり前のバッターではあるのだがここのところ少し当たりが

止まっていただけに本人も周囲も一安心のタイムリーヒットとなった。

 

さらに続く2回裏、中野のヒット、近本の四球の後、糸原のタイムリーヒットが

生まれた。さすが目下セ・リーグ打率2位のバッター。この場面ではランナーを

ホームまで迎え入れるのも当然か。結局、糸原は今日もマルチ安打で首位打者を

狙える位置をキープしている。

 

そして、5回裏。大山のヒット、サンズの四球の後、今度は佐藤のタイムリーヒ

ットで1点追加。ホームランは出るが三振の数も多く、なかなか打率に結びつか

ないゴールデンルーキーではあったのだが、本日久しぶりのマルチ安打で打率も

急上昇中だ。さらに続いて梅野もタイムリーヒットでもう1点追加。梅野に至っ

ては昨年のサンズを彷彿とさせる驚異の得点圏打率、ここまで何と5割。まさに

恐怖の7番打者として君臨しているのだ。

 

結局のところ、すべてシングルヒットでコツコツ1点ずつ積み重ねて合計4点。

少し前に東京ドームにおいて空中戦にて巨人を下したこともあったが、今日のよ

うな勝ち方ができるのも今の阪神タイガースの強みの一つとなっているのだ。

 

そして、投げる方では先発秋山の素晴らしいピッチングが光った。先週打ち込ま

れた同じ投手とは思えないほどの見事な好投で8回途中2失点で3勝目を挙げ

た。なぜ広島カープにこれほど強いのか。相性の良さと言うほかあるまい。

少し先のこととなるが、次の対広島戦は21日から3連戦となっており初戦が今

回同様また金曜日からなのでこの秋山の登板となりそうな気配濃厚である。

  

さて、8回途中から岩崎へと継投。犠牲フライで1点を失うも自責点0の完璧な

火消し。

 

9回はもちろん抑えのスアレスで7セーブ目を挙げた。

 

ちなみに、このスアレスの防御率は0.75。先の岩崎の防御率が0.79。

リリーフ陣は完璧。

 

東京ドームではエース菅野を立てて臨んだ2位巨人が中日にまさかの惜敗。

また2位とのゲーム差が広がった。

 

この時期のゲーム差はあまり気にしなくてもいいとも言えるが、上に居る方とし

てはやはりあるだけあった方がいいのは当然の理だ。阪神タイガースとしてはと

りあえずはこのままシーズン序盤戦を乗りきっていきたいところである。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平4戦連続安打も2戦連続本塁打無し2位ゲレロはどうだった?

12日(日本時間13日)、ヒューストンで行われたアストロズ対エンゼルスの 一戦は3対1でアストロズが勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・指名打者」で先発出場し、3打数1安打1四球 …

プロ野球2021年パリーグ優勝ソフトバンクホークスの可能性は

2021年のプロ野球が3月26日に開幕した。 昨季は6月にまで開幕がずれ込んだ上に、予定されていたスケジールをすべてこ なすことができなかったシーズンとなってしまったが、それだけに今季はいやが うえに …

大谷翔平ヤンキースタジアムで初アーチ世界一のチーム相手に26号

28日(日本時間29日)、ヤンキー・スタジアムで行われたヤンキース対エン ゼルスの一戦は、5対3でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷 翔平選手が「2番・指名打者」でスタメン出場した。初回 …

メッツデグロムの故障原因は二刀流?エンゼルス大谷翔平は大丈夫か

今シーズンのメジャーリーグにおいて、エンゼルスの大谷翔平の存在感は現地ア メリカでもすさまじいものだと言える。実際、投打二刀流において十分すぎるほ どの活躍を見せている。しかし、ことピッチングに限定す …

プロ野球2021延長なし9回打ち切りで野球の何がどう変わる?

今季のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大予防に基づく営業時間短縮要 請に対応するため、異例ともいえる延長戦無しの9回打ち切りの特別ルールで行 われることになった。昨年も延長10回打ち切りのルール …