大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

楽天田中将大投手NPB通算100勝国内いつ以来の勝利?何を語った?

投稿日:


24日、東北楽天ゴールデンイーグルス田中将大投手が本拠地楽天生命パーク宮

城での対西武戦に先発し、6回を投げて3安打1失点。チームは西武を2対1で

下して、田中投手はNPB通算100勝目をマークした。2013年、球団創設

初の日本一に導いた年の11月3日の日本シリーズ対巨人戦の第7戦以来、27

29日ぶりの本拠地での凱旋登板を今季初勝利と自身100勝目という節目の白

星で飾った。

 

日本国内での公式戦での勝利は、2013年10月27日の巨人との日本シリー

ズ第2戦以来2736日ぶりとなった。初回、西武の先頭打者で駒大苫小牧高校

の後輩でもある若林に変化球をとらえられてセンターへ大飛球が上がったが、セ

ンター辰己の好守備で中飛に終わる。その後後続を断って、1回表を三者凡退で

の立ち上がりとなり、味方の打線もその裏の攻撃で2点を先行して田中を援護し

た。2回表は先頭の中村に左前打を許しながらも後続を断って無失点で切り抜け

る。3回表は無死二塁から西武の8番バッター呉念庭(ウー・ネンティン)に右

前適時打を許して1点を失うが、それ以降4回から6回まで相手打線をすべて三

者凡退に抑えこんだ。試合後、田中はお立ち台で「ただいま!」とファンに挨

拶、本拠地での勝利を「なんか不思議な感じがします。でも、ものすごくうれし

いです」とその喜びを語った。田中は今季開幕直前に右ヒラメ筋を損傷し、開幕

第2戦目となる本拠地での3月27日の日本ハム戦での先発が予定されていたが

これを回避。そして、復帰後の4月17日の東京ドームでの日本ハム戦で先発し

今季初登板したが5回3失点で敗戦投手となっていた。

 

なお、試合後の一問一答は以下の通り。

――おかえりなさい!
「ただいま!」

――今の気持ちは。
「なんか不思議な感じがします。でも、ものすごくうれしいです」

――ホームへの強い気持ちは。
「開幕前に自分自身も怪我して驚いて。なんで今なんやと。遅れてしまったけれど、こうやって戻ってこれたのでよかったです」

――6回1失点は。
「粘り強く我慢しながらなんとか1失点で切り抜けられたので良かったです」

――降板後の気持ちは。
「点差も1点でしたけど、守りもいい守備が数多くありましたし、リリーフも良い投球をしていたので信じていました」

――NPB通算100勝は。
「間がだいぶあいたんで、なんかあまり実感がないんですけども、こうして勝つことができて、また皆さんとこの勝利をわかちあえたことがよかったと思います」

――今後への意気込みは。
「スタートで出遅れてしまったので、巻き返せるように、ほかの投手に負けないように頑張りたいと思います」

――ファンへ一言。
「自分の中で締めたつもりだったんですけど(笑い)日本一に向かって頑張っていくのでまた皆さんと喜びをわかちあえるように頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします」


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

澤村拓一3試合連続無失点満塁ピンチを三振斬りでマウンドで雄叫び

7日(日本時間8日)、ボストンで行われたレッドソックス対マーリンズの一戦 は5対3でレッドソックスが勝利した。この試合で、レッドソックスの澤村拓一 投手が6回表2死一、二塁の場面で4番手ピッチャーとし …

巨人原監督奇策で阪神に勝利一時球場騒然内容を審判はどう説明した?

20日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は2対1で巨人が勝利した。こ の試合で巨人の原監督が七回裏の阪神の攻撃で、打席途中に投手を交代する「奇 策」を繰り出し、交代のタイミングを巡って審判と状況を …

大谷翔平休養明けで二塁打2本復調を印象づける、マドン監督絶賛

24日(日本時間25日)、ミネソタにて行われたツインズ対エンゼルスの一戦 はエンゼルスが2対1で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は「2 番・指名打者」で2試合ぶりの先発出場となった。そして …

阪神タイガース佐藤輝明セリーグ全球団制覇17号記録更新も射程圏内

19日、甲子園球場で行われた対巨人戦で阪神のドラフト1位佐藤輝明が今シー ズン第17号ソロを放った。阪神の2点ビハインドで迎えた6回2死走者なしの 場面だった。フルカウントから巨人先発戸郷の甘く入った …

大谷翔平への報復死球で投手と監督が退場、本塁打争いの行方はどう?

16日(日本時間17日)、シカゴで行われたホワイトソックス対エンゼルスの 一戦は9対3でエンゼルスが勝利した。この試合で、大谷翔平投手が「3番・D H」で先発出場した。初回と5回表に内野安打を放つなど …