大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神13年ぶり両リーグ40勝一番乗りサンズ満塁弾西は巨人戦3戦3勝

投稿日:


18日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は7対1で阪神が大勝し、7連

勝で2008年以来13年ぶりの両リーグ40勝一番乗りとなった。61試合目

での到達は2リーグ分立後、3番目の速さだ。

 

二回裏の攻撃で、佐藤の右翼線二塁打からサンズが左中間へ先制二塁打を放つ。

その後梅野、近本にも適時二塁打が飛び出してこの回3点を先制した。1イニン

グ4二塁打は2018年6月27日の横浜スタジアムでの対DeNA戦の九回表

(俊介・糸原、福留、鳥谷)以来となった。3点リードのまま迎えた続く3回裏

にはサンズがバックスクリーン右へ12号グランドスラムを放った。サンズは、

「本当にみんながいい形で打ってくれて出塁してくれるから、みんなをかえすこ

とができて良かった。西もいいピッチングをしてくれているから、援護すること

ができて良かった。」と喜んだ。

 

阪神先発の西は7回5安打1失点で4月20日の東京ドームでの対巨人戦以来の

4勝目を挙げた。巨人戦はこれで3戦3勝となった。この試合、毎回のように走

者を背負い味方の拙守もある中での見事な好投だった。初回は右翼・佐藤のファ

ンブルが絡み、2死満塁のピンチを背負ったが中島を三ゴロに抑えた。三回表は

2死一塁から坂本の打球を処理した遊撃・中野からのトスを二塁・糸原が落球し

一、二塁となったが、ここでも中島を空振り三振に抑えた。この試合の結果3位

に転落した巨人とのゲーム差は8に広がった。単独2位となったヤクルトとのゲ

ーム差は7となっている。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平決勝適時二塁打2冠も視野に、エンゼルスは3年ぶりの珍事

7月31日(日本時間8月1日)、エンゼルスは本拠地アナハイムでの対アスレ チックス戦に1対0で勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は「2 番・DH」でスタメン出場した。そしてチームに勝利を呼び …

阪神矢野監督ルール違反承知リクエスト判定後猛抗議その内容とは

29日、メットライフで行われたプロ野球セ・パ交流戦、西武対阪神の一戦は1 -0で西武が勝利してこれで3連戦の通算成績を1勝1敗のタイとした。   阪神矢野燿大監督は、ルール違反となるのは承知の上で、そ …

大谷翔平4戦連続安打も2戦連続本塁打無し2位ゲレロはどうだった?

12日(日本時間13日)、ヒューストンで行われたアストロズ対エンゼルスの 一戦は3対1でアストロズが勝利した。この試合で、エンゼルスの大谷翔平投手 が「2番・指名打者」で先発出場し、3打数1安打1四球 …

大谷翔平リアル二刀流6回1失点今季3勝目エンゼルス連敗ストップ

17日(日本時間18日)、アナハイムで行われたエンゼルス対タイガースの一 戦は7対4でエンゼルスが勝利した。この試合でエンゼルスの大谷翔平投手は 「2番・投手」で投打二刀流の先発で出場した。そして6回 …

プロ野球交流戦巨人投壊でソフトバンク戦14連敗この2試合の内容は

29日、ペイペイドームで行われたプロ野球交流戦ソフトバンク対巨人戦は8対 3でソフトバンクが勝利した。   この試合、巨人は投手陣が5本の本塁打を浴びて逆転負けを喫し、2019年交 流戦から日本シリー …