大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神スアレス退団で来季守護神はケラーで決まり?まだ候補は2人いる

投稿日:2021年12月12日 更新日:


阪神の守護神として活躍、2年連続最多セーブに輝いたロベルト・スアレス投手

が今シーズン限りで退団することが決まった。今シーズンは62試合に登板で1

勝1敗42セーブ、防御率1.16。阪神球団の外国人投手としては最多の42

セーブを記録、これも球団最速の163キロをマークするなど直球は球威十分

で、変化球の精度も高う上に制球力も良くまさに「絶対的守護神」だったといっ

ていい。阪神としては来シーズンの優勝を狙うにあたって必要不可欠な存在だっ

たが、スアレスが下した決断はかねてからの念願のメジャーリーグへの移籍だっ

た。

 

このスアレスの退団にともない、阪神は新ストッパーの最有力候補としてパイレ

ーツのカイル・ケラー投手を獲得した。ケラーは今シーズンメジャーで32試合

に登板、33回1/3を投げて36奪三振を奪いイニング数を上回る三振は新た

な抑え投手候補としてその期待は大きい。

  

振り返ってみれば、阪神は2010年代に呉昇桓、ラファエル・ドリス、スアレ

スと3人のセーブ王が誕生、先発や中継ぎ陣でも好投のシーンも多く「助っ人守

護神」の活躍が目立っている。ケラーは抑え候補としては期待十分だが、日本の

野球にほんとうに合っているのかは現段階では全くの未知数だ。日本人投手が守

護神に抜擢される可能性も十分にある。試合の最後を締めるマウンドを託される

のはどの投手だろうか。すでに実績を持つ2人を見てみたい。

岩崎優は今シーズンはスアレスと並ぶチーム最多タイの62試合に登板し、長年

セットアッパーとして救援陣の屋台骨を支えてきた。今シーズンは主にスアレス

の前の8回を任される「8回の男」として活躍。独特のフォームから打者の手元

で伸びあがるような軌道の直球、や変化球で相手打者を翻弄する。マウンド上で

喜怒哀楽を出さず、ピンチの場面も淡々と投げるメその姿からメンタルの強さも

大きな武器だ。今年は東京オリンピックでは侍ジャパンのメンバーで金メダル獲

得に貢献した。後半戦ではオリンピック期間中に一時帰国して再合流に遅れたス

アレスの代役に抜擢され、しばらくは9回を任された。経験値もあり守護神の最

有力候補といってもいい存在だ。

 

なお、今シーズンの成績は62試合に登板し3勝4敗1セーブ41ホールド、防

御率2.65。 通算成績は326試合登板、27勝29敗3セーブ109ホール

ド、防御率3.06。

さらに、制球力に大いに問題を抱えていることを承知の上での藤浪晋太郎。高卒

で入団して1年目から3年連続2ケタ勝利をマークした。近年は制球難に悩まさ

れて一軍に定着できなかったが、今年はオープン戦で快投を続けプロ9年目で自

身初の開幕投手に抜擢された。しかし、やはり制球力の悪さから4月下旬に登録

抹消されるとその後は救援に配置転換されたもののやはり結果を残せずに終わっ

た。起用法については大いに意見が分かれるところではあるのだが、昨シーズン

は9月下旬に救援に回った後、13試合の登板で7ホールド、防御率2.35の

好成績を挙げた。160キロ近い直球を投げ込み、三振奪取能力も高い。やはり

課題は何といっても制球力。藤浪が復調して最も輝くのは先発、中継ぎ、守護神

の中でどのポジションになるのだろうか。先日の契約更改の会見では藤浪自身は

先発にこだわりを見せていたが岩崎ともども守護神の有力候補に挙げてもいい存

在だ。

 

なお、今シーズンの成績は21試合に登板し3勝3敗4ホールド、防御率5.2

1。 通算成績は173試合登板、54勝49敗11ホールド、防御率3.42。


来季の9回のマウンドには誰が?

ケラーか岩崎か藤浪か、はたまたまったく予想だにしていなかった新星が現れる

のか。スアレスの活躍が異次元のものだっただけにそのピッチングにかかる期待

は桁外れに大きいものとなる。そのプレッシャーを乗り越えて9回をビシッと締

めてくれるピッチャーがほんとうに出てくるのだろうか。今の時点では、阪神フ

ァンは期待と不安の入り混じった思いで来シーズンを迎えることになりそうだと

しか言えない。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平グリーンモンスター越え特大弾リーグトップタイ11号ソロ 

14日(日本時間15日)、敵地ボストンにて行われたレッドソックス対エンゼ ルス戦で、エンゼルスの大谷翔平投手が7試合ぶりの一発となる11号ソロを放っ た。   大谷は「2番・DH」でスタメン出場。初回 …

宮城大弥投手好投7勝目パリーグトップタイでオリックス首位浮上

20日、楽天生命パークにて行われた楽天対オリックスの一戦は、3対0でオリ ックスが勝利した。この試合でオリックスの宮城大弥投手が、8回5安打無失点 の好投でリーグトップタイの7勝目を挙げ、チームを楽天 …

DeNAオースティン2安打3打点打率.332セ・リーグトップ浮上

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。この試合で、DeNAのオースティンは初回先制の16号2ランを含む 2安打3打点の活躍を見せチームを勝利に導くと同時に、 …

大谷翔平度代打で四球出塁に味方でなく敵地でのブーイングの理由?

31日、サンフランシスコで行われたジャイアンツ対エンゼルス戦で、エンゼル スの大谷翔平投手は1対6でエンゼルスのビハインドでの九回に代打で途中出場 し、四球だった。チームは先発バンディが六回途中、3被 …

プロ野球2021年これが開幕投手一覧だパ・リーグ編

いよいよ2021年のプロ野球が開幕する。 今季の開幕日はセ・リーグ、パ・リーグともに3月26日(金)となっている。 すでに12球団それぞれの開幕投手も発表されている。 今回はパ・リーグを見てみよう。 …