大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神タイガース及川初勝利これで日曜日9連勝デーゲーム16連勝

投稿日:


     阪神梅野決勝の2点本塁打を放ってベンチに迎えられる

30日、メットライフドームにて行われたプロ野球交流戦西武対阪神の一戦は、阪神が9対8で西武を下した。阪神が28日の西武との1戦目に続くシーソーゲームを制し、2カードぶりの勝ち越しを決めた。今季の日曜日は9試合全勝で、デーゲームは16勝1分けと不敗神話を継続中だ。

阪神は救援登板した高卒2年目の及川がうれしいプロ初勝利を挙げた。1点を勝ち越された直後の三回裏1死二塁の場面でマウンドへ。西武・呉念庭には適時二塁打を浴びたが、後続はなんとか抑え込んだ。四回裏は無失点で切り抜けて、結果的に1回2/3を2安打無失点の内容だった。そして、五回表2死一塁から梅野が与座のスライダーを左翼ポール際へ放り込み、これが決勝の1号2ランとなった。梅野は七回表にも適時三塁打を打つなど、四回表の右前打と九回表の左前打を合わせて4安打の固め打ちとなった。打撃不振もあり28日の西武戦はスタメンを外れたが、この日は及川にプロ初勝利をプレゼントする結果となった。また、15打席連続無安打のロハスに替わり、5月9日のDeNA戦以来の先発出場となった糸井が先制の3号2ラン。二回表1死三塁の場面で平井のフォークを捉え、右翼席に運んだ。これでスタメン3試合で3本塁打だ。代打で出場した前日は1点を追う七回表2死満塁の絶好機で空振り三振を喫したが、一夜明けてこの試合では最高の結果を出した。先発ではプロ初登板初先発のドラフト5位ルーキーの村上は三回途中3安打5失点で降板。2点の援護を受けた直後の二回裏に1死一、二塁とピンチを招き、愛斗に左翼ポール際へ逆転3ランを浴びた。味方が同点に追いついてくれた後の三回裏には栗山に勝ち越しの適時二塁打を浴びた。ここで村上は降板となった。試合後のヒーローインタビューで及川は、「まず率直にうれしい気持ちもあるんですけど、こういった形で初勝利するとは思ってなかったので、少しビックリしている気持ちもあります」と話し、また「自分だけの初勝利ではなくて、野手の方々も打って点をとっていただいての初勝利だと思っているので、うれしかったです」と語った。

 

なお、阪神が開幕からデーゲームで16連勝(1分けを挟む)となったが、これは2リーグ制後のタイ記録。デーゲームの連勝記録は1950年3月14日から4月11日に中日がマークした16連勝で、阪神はこの中日の記録に並んだ。5回表に8番梅野隆太郎捕手の勝ち越し第1号2ランが飛び出し、その後も継投で逃げ切って記録した。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

巨人原監督奇策で阪神に勝利一時球場騒然内容を審判はどう説明した?

20日、甲子園球場で行われた阪神対巨人の一戦は2対1で巨人が勝利した。こ の試合で巨人の原監督が七回裏の阪神の攻撃で、打席途中に投手を交代する「奇 策」を繰り出し、交代のタイミングを巡って審判と状況を …

DeNAオースティン2安打3打点打率.332セ・リーグトップ浮上

25日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦は、3対0でDeNAが勝 利した。この試合で、DeNAのオースティンは初回先制の16号2ランを含む 2安打3打点の活躍を見せチームを勝利に導くと同時に、 …

巨人岡本和真4年連続20号王貞治、松井秀喜に続く球団3人目

25日、神宮球場で行われたヤクルト対巨人の一戦は7対1で巨人が勝利した。 巨人は今季2度目の5連勝で貯金を今季最多の10とし、セ・リーグ2位に浮上 した。この試合で巨人の岡本和真内野手が三回表に20号 …

阪神スアレス退団で来季守護神はケラーで決まり?まだ候補は2人いる

阪神の守護神として活躍、2年連続最多セーブに輝いたロベルト・スアレス投手 が今シーズン限りで退団することが決まった。今シーズンは62試合に登板で1 勝1敗42セーブ、防御率1.16。阪神球団の外国人投 …

大谷翔平度代打で四球出塁に味方でなく敵地でのブーイングの理由?

31日、サンフランシスコで行われたジャイアンツ対エンゼルス戦で、エンゼル スの大谷翔平投手は1対6でエンゼルスのビハインドでの九回に代打で途中出場 し、四球だった。チームは先発バンディが六回途中、3被 …