大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

DeNAに阪神が同一カード3連敗、2位巨人原監督の持論通り?

投稿日:


27日、甲子園球場で行われた阪神対DeNAの一戦はDeNAが8対3で阪神

を下した。阪神が同一カード3連敗を喫するのは今季初、DeNA相手の3連戦

3連敗は2015年以来、6年ぶりとなった。投手陣が今季初の1試合4被弾と

打ち込まれ、打線の反撃も届かなかった。これで2位・巨人には4月30日以来

となる2.5ゲーム差にまで迫られた。

 

阪神先発・秋山が5回6失点KOと、DeNA打線につかまった。初回、2死二

塁から4番・オースティンに先制の2ランを被弾した。さらに、四回表には、無

死一、二塁のピンチを背負うと、ソトに左中間へ3ランを浴びて序盤でいきなり

5点を失った。五回表も先頭の桑原にバックスクリーン左へソロを浴び、さらに

大きくリードを広げられた。やっと打線が奮起したのは、6点を追う五回裏だっ

た。1死から近本が猛打賞となる二塁打でチャンスを作ると、続く糸原は初球の

144キロ直球を右中間へ運んで反撃ののろしを上げた。さらに、マルテも左線

へ適時二塁打を放った。3者連続二塁打で2点を返したが、後続が続かずじま

い。4番・大山は一飛に倒れ、ドラフト1位ルーキー・佐藤は高々と舞い上がっ

た遊飛に打ち取られた。これで佐藤は、自己ワーストを更新する15打席連続無

安打となった。6点を追う八回裏には、1死走者なしから佐藤が16打席ぶりの

安打となる右翼線二塁打で出塁した。続くサンズの左前打で一、三塁とし、代

打・糸井が右犠飛を放って1点を返したが、反撃もここまで。これ以上追い上げ

ることはできなかった。

 

数日前、巨人の原監督は首位・阪神とのゲーム差を3以内に縮めることを当面の

目標に設定し、「一つの目安は3。3以下になるとゲーム差なんて、あってない

ようなもの。」と話していた。百戦錬磨の指揮官はこう持論を展開して先を見据

えていたが、それがもう現実のものとなってしまった。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

オリックスディクソン投手ウエーバー公示新規ビザ停止来日できず

20日、オリックスはブランドン・ディクソン投手のウエーバー公示の申請を行 ったと発表した。期間内に獲得を希望するチームがあれば移籍が成立するもの の、公示期間内に獲得希望球団がなければ自由契約となる。 …

阪神佐藤輝明16号モノノフ対決田中将大から一発新人最多記録更新

12日、楽天生命パークで行われたセ・パ交流戦楽天対阪神の一戦は、9対1で 阪神が勝利した。この試合で、阪神ドラフト1位佐藤輝明が、6回表に楽天先発 田中将大から16号ソロを放った。田中の内角135キロ …

阪神タイガース矢野監督陽川を絶賛も大山には厳しい言葉の理由は

4日、敵地神宮球場にて行われた対ヤクルトスワローズ戦で、阪神タイガースは 11対5で勝利した。   この試合、中盤までは大接戦、点の取り合いとなり一時はヤクルトのリードとな ったが、終わってみれば阪神 …

TBSサンデーモーニング張本勲氏が二刀流大谷翔平を心配その内容

23日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)でエンゼルスの大 谷翔平投手がとりあげられた際に、リモート生出演野球評論家の張本勲氏が大谷 について「心配だ」とコメントした。   番組では、1 …

巨人4連勝642日ぶり山口俊日本球界復帰勝利DeNA戦7連勝

23日、富山市民球場アルペンスタジアムで行われた巨人対DeNAの一戦は4 対2で巨人が逆転勝利した。これで巨人は4連勝で引き分けを挟んで今季DeN A戦7連勝を飾った。巨人先発の山口俊が5回2/3を5 …