大阪から野球界その他さまざまな世界に一言もの申す

数十年来の野球ファンが大阪から日本の野球界その他いろいろな世界についてもの申すメディア

野球界のこと

阪神タイガースデーゲーム14連勝糸井決勝2ラン馬場今季初勝利

投稿日:


9日、横浜スタジアムにて行われたDeNA対阪神の一戦は、デーゲームで無類

の強さを誇る阪神が3対2で勝利し、これでデーゲームは1分けをはさんで14

連勝となり、3カード連続の勝ち越しを決めた。

 

この試合、DeNAに先制された阪神だが、流れを変えたのは1点を追う五回表

の攻撃だった。先頭打者の佐藤がDeNAの先発ピープルズから四球を選んで出

塁。続くサンズが左中間を破る二塁打を放つと、一塁走者の佐藤が一気に本塁に

ヘッドスライディング。同点の生還を果たした。さらに続く無死三塁のチャンス

で、打席に入ったのは2試合ぶりのスタメン出場となった糸井だった。カウント

1-1からの142キロの直球をとらえ、打球は右中間スタンドに突き刺さる2

号2ランとなり、勝ち越しに成功した。そして、三回までパーフェクトに抑えら

れてきたピープルズをここでノックアウトした。投げる方では、2番手で登板し

た馬場が好投した。先発で3回1失点と好投していたガンケルが、何らかのアク

シデントがあったのか早々と降板となった。そして1点ビハインドの四回からマ

ウンドに上がったのが馬場。ここから3回を無失点の投球となった。「相手に流

れを与えない投球を心掛けていました」と言葉通りの快投で結果を残した。その

後に続いた中継ぎ陣の岩貞、岩崎、スアレスもリードを守り、馬場が今季初勝利

を挙げた。

 

この日は2位巨人もヤクルト相手に勝利しており、ゲーム差を縮められることも

なくなんとも大きな1勝を挙げた。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-野球界のこと

執筆者:

関連記事

大谷翔平が8号ソロホームランすくい上げた勝ち越し弾昨季との比較は

4月30日(日本時間1日)、エンゼルスの大谷翔平選手は敵地シアトルマリナ ーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場した。初回こそ無死一塁では左飛に倒れ た大谷であったが、3回に回ってきた第2打席で4試合ぶ …

ヤクルトと阪神・巨人の差は新助っ人、今年も光った補強巧者ぶりとは

今シーズンのヤクルトスワローズの大躍進には、その攻撃の面において見逃せな いプラスアルファが存在する。それが今シーズンから新たに加わったホセ・オス ナ、ドミンゴ・サンタナの両助っ人だ。かねてから強力だ …

ありがとサンズ、阪神タイガースジェリー・サンズ神走塁三冠王も

阪神タイガースのジェリー・サンズ外野手が好調だ。打率は3割をキープ。5番 打者としての役割をきっちりとこなしている。ここまで他の2人のクリンナップ の成績がパッとしない中で、孤軍奮闘の感がある。昨季は …

澤村拓一3試合連続無失点満塁ピンチを三振斬りでマウンドで雄叫び

7日(日本時間8日)、ボストンで行われたレッドソックス対マーリンズの一戦 は5対3でレッドソックスが勝利した。この試合で、レッドソックスの澤村拓一 投手が6回表2死一、二塁の場面で4番手ピッチャーとし …

大谷翔平今季初1戦2発、日本人初出場の本塁打競争への意気込みは

18日(日本時間19日)、アナハイムで行われたエンゼルス対タイガースの一 戦はエンゼルスが11対3で勝利した。エンゼルスの大谷翔平投手が、念願のオ ールスターホームランダービーへの出場を表明したその日 …